調査会社、企業サービスの吉本哲雄が書き綴っています。

大家族

私の子どもの頃は3世帯の8人家族(4人兄弟、両親、祖父母)
当時でも珍しい大家族でした

贅沢とは程遠い慎ましい生活でしたが、笑いの絶えない毎日。
反抗期には散々親に心配と迷惑をかけましたが、後悔と反省を重ねて少しずつ成長することができました。
いつの間にか自分が親になっていますが家族がいるからこそ、今の自分がいる^ ^
すごく当たり前のことですが、こどもの頃はそんな風には考えるアタマが無かったんですね。

ところで、写真ははったい粉

我が家にはいつもありましたが、今は知らない人多いみたいですね。
スーパーマーケットでたまたま見つけ、昔を思い出してました。

My childhood was a family of eight in three households (four siblings, parents, and grandparents).
We had a large family, which was unusual even back then.

It was a modest life, far from being extravagant, but it was a constant source of laughter.
I gave my parents a lot of worry and trouble during the rebellion period, but with a lot of regret and remorse, I was able to grow up little by little.
I became a parent before I knew it, but I am the person I am now because I have a family ^
It’s a very obvious thing, but I didn’t think about it that way when I was a child.

By the way, the photo is of the butterflies.

It’s always been there in our house, but I don’t think many people know about it now.
I found it by chance in a supermarket and remembered the old days.

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近のコメント