調査会社、企業サービスの吉本哲雄が書き綴っています。

カテゴリー:映画

映画『青くて 痛くて 脆い』

観てきました。今まで観た邦画で一番。あっさり生涯の映画で一位となりました。※「君の名は。」は殿堂入りのため除きます^_^映画の感想は人によってまちまち。感性の違いがハッキリ出るコンテンツですからオススメするのはいつも迷いま…

詳細を見る

十二人の死にたい子どもたち

2019年1月25日公開の邦画。タイトルが強烈過ぎたのとポスターが印象深いためか、当時はかなり話題になったと思います。観なず嫌い。←こんな言葉ある?長いこと置いてた映画ですがやっと観ました^_^カテゴリはヒューマン。観てない人からす…

詳細を見る

『きっと、うまくいく』(3 Idiots)

3時間近く(171分)もあるんで後回しにしてましたが、もっと早く観るべきでした(^◇^;)2009年のインド映画。日本では2013年に公開されました。『きっと、うまくいく』この邦題を知った時、自分の代わりに製作してくれたのか!と…

詳細を見る

ロケットマンを観てきました。

昨日の日曜日、レイトショーでロケットマンを観てきました。スーパースターの実話に基づく映画はすべて観てますが、エルトン・ジョンさんの生き様をミュージカル仕立てにすると、生々しさを残しつつとこんなにまろやかになるのかと感心しました。それにし…

詳細を見る

『 明日は晴れるよ 』

天気の子を観てきました。ある人に「観た方がいいよ」と言われたから^_^やっぱり、映画を観に行けるくらいの余裕は持っとかないとダメですね(笑)昔は天気によく文句を言ってたんですが、ここ10年くらいで雨でも雷でもこの猛暑でも感謝できるよう…

詳細を見る

必死で生きるか 必死で死ぬか

「ショーシャンクの空に」(The Shawshank Redemption)久し振りに観ました。生涯の映画の一本、ベスト3に入るこの映画はあまりにも有名ですね。何回観ても感動します。希望を持つこと。必死で生きるか 必死で死ぬか極上のサ…

詳細を見る

今年1番の映画「ボヘミアン・ラプソディ」

「ボヘミアン・ラプソディ」

「ボヘミアン・ラプソディ」近いうちに観に行くつもりはしてましたが、ある人の一言でその日のレイトショーに行ってきました。エコノス株式会社の社長、野畑博央氏の何気ない一言が私には宇宙からのメッセージだったんです。そしてこれはIMAXで観るべ…

詳細を見る

生涯の映画「スラムドッグミリオネア」

映画ネタが続きます。「スラムドッグミリオネア」この映画も何回も観ました。今回はその日の晩、朝までサントラから「ラティカのテーマ」を朝までかけて心地いい睡眠を体験^ ^暴力シーンは観ててしんどいですが、生涯の映画に相応しくすぐまた観たく…

詳細を見る

生涯の映画「グレイテスト・ショーマン」

また、生涯の映画が増えました。「グレイテスト・ショーマン」最高に感動しました。撮影前のワークショップセッションを観ただけで映画一本分の感動^ ^「ショーシャンク」と同じく、ものすごいパワーをくれました。https://youtu.…

詳細を見る

レイ・クロック「ファウンダー」

映画は洋画を中心に観てます。特に実話に基づく作品はジャンルを問わず大好きです^ ^先週はマクドナルド創業者の話し。「ファウンダー」http://thefounder.jp/カテゴリはビジネスかもしれませんが、私はヒューマンカテゴリに…

詳細を見る

最近のコメント