調査会社、企業サービスの吉本哲雄が書き綴っています。

十二人の死にたい子どもたち

2019年1月25日公開の邦画。タイトルが強烈過ぎたのとポスターが印象深いためか、当時はかなり話題になったと思います。

観なず嫌い。←こんな言葉ある?
長いこと置いてた映画ですがやっと観ました^_^

カテゴリはヒューマン。

観てない人からすると、ホラー?サスペンス?暴力もの?と予測するようですが、実際は人間模様をシンプルに描いた作品で私の思考では宇宙にカテゴライズされます。

「親が子供に観せたい映画ランキング」というがあればトップ10入りすると思います。

私が観た邦画ではあっさりベスト10入り。

観なず嫌いの人にオススメの作品です(笑)

悩みがあったり落ち込んでる社会人にも観てほしい映画です。

Twelve children who want to die.

This Japanese film was released on January 25, 2019. Perhaps because the title was too strong and the poster was so memorable, it was quite a hot topic at the time.

Unwatchable. ← Is there such a word?
I’ve been putting this movie down for a long time, but I finally saw it ^_^^

The category is human.

For those who haven’t seen it, horror? Suspense? A violent one? But in reality, it’s a simple film about human affairs that would be categorized as a universe in my opinion.

If there were a ranking of movies that parents would want their children to watch, it would be in the top 10.

It is easily one of the top 10 Japanese films I’ve seen.

I recommend it to people who don’t like to watch it (laughs).

This is a movie that should be seen by working people who are troubled and depressed.

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近のコメント