調査会社、企業サービスの吉本哲雄が書き綴っています。

採用調査してますか?

採用調査、人事調査、雇用調査と呼び方はいくつかありますが、ここ最近は採用調査で落ち着いてる気がします。英語で読むならバックグラウンドチェックということにしてますが、これはもう少し上のカテゴリになります。
そんな細かい話はいいですね(笑)

さて、
経営者の皆さま。

「採用調査」してますか?

応募者との面接時間を思い出してください。
履歴書や職務経歴書を一番しっかり見るのは書類選考のとき。
次に面接のはじめ。
時間が経つにつれて会話に集中し、応募者が自社で活躍するシーンをイメージしながら面接していませんか?
後半では応募者が書いた履歴書や職務経歴書の精度に嘘偽りがなく、退職理由もクリーン。活躍するシーンしか見えなくなっているのではないでしょうか?

私はそれが面接の落とし穴だと思っています。

その穴を防ぐ唯一のサービスが採用調査。
面接やリファレンスチェックでは絶対にわからない真実が見えます。

採用調査によって活躍できる人材を採用できる判断材料が増えるということは、競合優位性が高まることを意味します。

僅かなコストで、しかも短時間でそんな価値の高いレポートが手に入ります。

優秀な人はどんな時代でも売り手市場にいるものです。
ということは採用調査は同業他社の経営者に知られたくないサービスかもしれません。

サービス内容の詳しい説明はこちら。
採用調査の企業サービス

期間限定【面談票】の無料ダウンロードはこちらから

面接精度がグッと上がる面談票

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近のコメント