調査会社、企業サービスの吉本哲雄が書き綴っています。

江夏の21球

ある方に「江夏の21球」という本を薦めていただきました。

正確には「スローカーブを、もう一球」という山際淳司さんのエッセイ集に収められてるタイトル。
昭和54年(1979)日本シリーズの近鉄バファローズ対広島カープ、決戦となった第7戦での江夏豊選手を描いたものです。

そこにあるのは運命ではなく、使命。

今まで味わったことのない感動がカラダ中に走ったのがハッキリわかりました。

野球に関心のない方でも大きな気づきを得られるはずです。

Someone recommended a book called “Enatsu’s 21 pitches” to me.

To be precise, it’s a title from a collection of essays by Junji Yamagai, “Slow curve, one more pitch.
This is a picture of Yutaka Enatsu in the seventh game of the 1979 Japan series between the Kintetsu Buffaloes and the Hiroshima Carp, which became the deciding game.

It is not fate that is there, but a mission.

I could clearly see that a feeling I had never tasted before ran through my body.

Even if you have no interest in baseball, you will gain a great deal of awareness.

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近のコメント