調査会社、企業サービスの吉本哲雄が書き綴っています。

全人類、大いに考えて行動するとき。

去年末、夏までにリモートワークのトレーニングを考えてましたが、訓練なしで本番に入った感じ。似たような思いをしてる企業が多いのではないでしょうか。

まさにサバイバル。全人類、考えて行動するときであり、シェアして生産性を高めるときだと強く感じています。

キーワードはプランB

代替案をどれだけ素速く稼働させ、安全性確保と企業活動を止めない方法はプランBにかかっていると思っています。

考えて行動と言えばマスク。

・使い捨てマスクを洗って再利用方法が広まる。

・無かったら作ろうということで手作りマスクが広まる。

・2月末、政府がシャープのクリーンルームでマスク製造要請。わずか1カ月で1日15万枚の生産体制を確保し、出荷が始まる。1日50万枚まで生産量を上げる。

・靴下を4回カットするだけでマスクが作れるライフハックが話題を呼ぶ。

・そのアイデアからか靴下メーカーがマスクを製造を開始。

・自作マスクのためにミシンを買う人が急増。

など、

学びのエッセンスが多くて感動の連続です。

企業サービスはBCPも高品質がデフォルト。

今週もスタッフは機転を利かせ、行動してくれました。

At the end of last year, I was thinking about training for remote work by the summer, but I feel like I went into the real thing without training. I’m sure there are many companies with similar sentiments.

True survival. I feel strongly that it’s time to think and act, all human beings, and to share and be productive.

The key word is Plan B.

I believe that how quickly we can get the alternatives up and running, and how we can ensure safety and not stop corporate activity, depends on Plan B.

Speaking of thinking and acting, the mask.

Washing and reusing disposable masks is becoming more popular.

Handmade masks spread as people thought they would make them if they didn’t have them.

At the end of February, the government requested that masks be manufactured at Sharp’s clean room. In just one month, the company has secured a production capacity of 150,000 wafers per day and will begin shipping them, raising the daily production to 500,000 wafers per day.

A life-hack that allows you to make a mask by cutting a sock four times creates a buzz.

Perhaps because of this idea, a sock manufacturer started manufacturing masks.

The number of people buying sewing machines to make their own masks has skyrocketed.

and so on.

It’s inspiring with so much of the essence of learning.

High quality BCP is the default for corporate services.

The staff has been tactful and in action this week.

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近のコメント