調査会社、企業サービスの吉本哲雄が書き綴っています。

国のためにできることを考えよう

あなたの国があなたのために何ができるかを問わないでほしい。 あなたがあなたの国のために何ができるかを問うてほしい。

Ask not what your country can do for you–ask what you can do for your country.

出典 About THE USA|アメリカンセンターJAPAN

これは1961年、ジョン・F・ケネディが第35代アメリカ大統領に就任した際の演説で語ったとても有名なフレーズです。

普遍性の高いこの言葉は私の生涯のメッセージにランクインしています。

半世紀以上前、時代背景はまったく違うわけですが、今の私たちへのメッセージではないでしょうか

国のために何ができるかを問うとき。

各方面大混乱の中、国や行政の対策案や実行について文句を言わず、自分たちが自国のために何ができるか。経済活動の停滞をどうすれば少しでも和らげられるか。

一人ひとりがそう考えて行動すれば、経済回復は予想より速く進むはず。
弊社も社員の安全を確保しつつ、企業活動を停滞させることなく進んでいきます。

出典 Wikipedia
出典 Wikipedia

This is a very famous phrase that John F. Kennedy used in his speech in 1961 when he was inaugurated as the 35th President of the United States.

This word of high universality ranks among my lifelong messages.

More than half a century ago, the background of the time was completely different, but isn’t this a message for us today?

When you ask what you can do for the country.

In the midst of the chaos in all quarters, what can we do for our own country without complaining about the proposed and implemented measures by the state and the administration? How can we mitigate the stagnation of economic activity, if only a little?

If each and every one of us acted with this in mind, the economic recovery would progress faster than expected.
We will continue to ensure the safety of our employees while not letting our business activities stagnate.

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近のコメント