調査会社、企業サービスの吉本哲雄が書き綴っています。

ワクワクする車

私は運転免許を取ってから27年経ちます。その間乗った車は7台ですから、買い換え頻度が高いように見えますが、6台目のポンティアックには14年乗ってましたから、飽き性でないことはお判りいただけると思います。
しかし運転は嫌い。30分も運転すると眠気がくるので、安全のためいつも早めに休憩を取っています(+。+)

車はワクワクするもの。昔はそうだったのに、いつの間にか移動道具になってしまったのか・・・

しかし先日、MINIクロスオーバーを運転する機会があり、新鮮なワクワク感が復活!
ドアの重厚感、ステアリングから体に伝わってくる振動、シートの堅さなど国産車では味わうことの出来ない高品質な感触が蘇ってきたんです。
mini-2

ということで、年内に新しい車を探す可能性が出てきました。
車にワクワク感を持たせるには僕の場合、国産車以外で探すこと。
優先順位はまだまだ下の方ですが、家族の希望も聞いてみます♪

私の愛車遍歴は次の通り。
「1台目が軽自動車なのは分かるけど、2台目がフルサイズのアメ車というのが分からん。」とよく言われます(笑)

スズキ「フロンテ」

GM「ビュイックパークアベニュー」

日産「パオ」

日産「サニー」

日産「ルキノ」

GM「ポンティアック・グランダム」

日産「リバティ」

It’s been 27 years since I got my driver’s license. I think you can understand that I’m not insatiable because I drove the 6th Pontiac for 14 years though it seems that the frequency of buying and selling is high because I drove seven cars during that time.
But I don’t like to drive, and I always take an early break for safety because I get drowsy after 30 minutes of driving (+。+).

Cars are something to be excited about. It used to be that way, but before you know it, it’s become a moving tool…

But the other day, I had the opportunity to drive a MINI crossover and a fresh sense of excitement returned!
The heavy feel of the doors, the vibrations transmitted from the steering wheel to my body, and the stiffness of the seats brought back a sense of high quality that I can’t experience in a domestic car.
mini-2

So, the possibility of looking for a new car before the end of the year has arisen.
In my case, the best way to give a car a sense of excitement is to look for something other than a domestic car.
It’s still way down on my list of priorities, but I’ll listen to my family’s wishes as well♪

My history of my favorite cars is as follows.
I get that the first one is a light car, but I don’t get that the second one is a full-size American car. (laughs).

Suzuki “Fronte
↓arrow
G.M. “Buick Park Avenue
↓arrow
Nissan “Pao
↓arrow
Nissan “Sunny
↓arrow
Nissan “LUKINO
↓arrow
GM “Pontiac Grandum
↓arrow
Nissan “Liberty

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近のコメント