調査会社、企業サービスの吉本哲雄が書き綴っています。

室温31度でも快適な睡眠

以前の投稿で反響の多かった寝室の換気扇。
我が家の寝室にはエアコンを設置していませんが、熱帯夜(25℃以上)を遥かに超えた(31℃以上)でも快適に眠れてるという話しです。
熱帯夜でも快眠^ ^自然風で寝る方法はコレ!

熱中症になる。脱水症状になる。など心配いただくこともありますが問題ありません^_^

換気扇で外気を常に取り入れてると、室温がそれほど下がらなくても心地いい風が寝室内を循環しとても快適なんです。

冬用の羽根布団をかぶってる時もあるくらい^_^

オーバートークではありません(笑)
ほんとに寒いんです。
夜10時以降に表に出てみてください。当たり前ですが昼間の炎天下とはえらい違います。その外気を室内に送り込むだけ。

私が使ってるのは東芝のVRW-25X2で、排気と吸気どちらもいけるタイプです。
ポイントは
・同じ部屋のどこかの窓を5センチほど開ける。
・部屋を扉・ドアを締め切る。
・できれば夜7時くらいから換気扇を回す。

まだまだ残暑が続きます。ぜひやってみてください。

Comfortable sleep even at 31 degrees Celsius

A bedroom ventilator that was echoed in a previous post.
We don’t have an air conditioner in our bedroom, but I’m talking about sleeping comfortably, even on tropical nights (above 25 degrees Celsius) and far beyond (above 31 degrees Celsius).
Here’s how to sleep well on a tropical night ^^^ with natural airflow!

Heat stroke. Dehydration. You may be worried about your health, but there is no problem.

When I always let the outside air in with an exhaust fan, even if the room temperature doesn’t go down that much, a nice breeze circulates in the bedroom and it’s very comfortable.

Sometimes I wear a featherbed comforter for winter.

I’m not overtalking (laughs).
It’s really cold.
Try to come outside after 10pm. Of course, it’s very different from the scorching sun in the daytime. It’s just a matter of bringing that outside air indoors.

I’m using a Toshiba VRW-25X2, which can do both exhaust and intake air.
The point is.
Open a window somewhere in the same room by about 5 cm.
Close the door/doors to the room.
If possible, start running the exhaust fan at about 7pm.

The lingering heat is still continuing. Please try it.

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近のコメント