調査会社、企業サービスの吉本哲雄が書き綴っています。

春眠暁を覚えず

この季節になれば聞こえてきますね、この言葉。

1300年前の詩人、孟浩然さんの「春暁」という詩だったんですか。
知りませんでした。全文^_^

ところで、歳をとると目覚めが早いというのは、私には当てはまらないようです。
布団に入って30秒で寝れて、朝は年中暁を覚えずです^ ^

春眠不覚暁
しゅんみんあかつきをおぼえず

処処聞啼鳥
しょしょていちょうをきく

夜来風雨声
やらいふううのこえ

花落知多少
はなおつることしんぬたしょうぞ

This is the word we hear all the time.

So it was a poem called “Spring Xiao” by the poet Meng Hao Ren, 1300 years ago?
I didn’t know that. Full text^_^

By the way, it doesn’t seem to apply to me that I wake up faster as I get older.
I can sleep in a futon in 30 seconds, and I don’t remember dawn in the morning all year ^^^

spring sleep and dawn
one should not forget one’s prime minister

there are many things to be heard and cared for
get the letter of intent

the wind and rain in the night
the sound of a businessman’s voice

there being little or no knowledge of flowers
a person’s right to privacy

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近のコメント