調査会社、企業サービスの吉本哲雄が書き綴っています。

頼もしい仲間

今朝の地震の影響で社員の大半が移動できず、最寄駅または自宅で待機となりましたが、一人の調査員からLINEが入りました。

「お疲れ様です、着いたのですが、誰も居ないので、できる範囲で掃除しておきます」

いつもより40〜50分遅い到着ですが、すごい速さで出社を果たしました。

電車が止まってるとわかったのですぐにプランBを実行^ ^

5駅を自転車で来てくれました。

30分ちょっとの距離ですが、この社員はたぶん1時間の距離でも迷わずその手段を選んだと思います。

フットワークの軽いもう一人も自転車で出社し、影響を最小限に仕事を進めることができました^ ^

頼もしい仲間のおかげでいつもよりさらにゴキゲンな一日。たくさんの気付きのあった一日でした。

Due to this morning’s earthquake, most of our employees were unable to move and had to wait at the nearest station or at home, but one of our investigators sent us a message.

“Thank you for your time, we’ve arrived, but there’s no one here, so I’ll clean up as much as I can.”

I arrived 40 to 50 minutes later than usual, but I left the office very quickly.

I found out that the train was stopped, so I immediately executed the plan B ^ ^

He bicycled through five stations.

It’s a little over half an hour away, but this employee probably didn’t hesitate to go that route even if it was an hour away.

Another person with a lighter footwork was able to ride his bike to work with minimal impact ^ ^

Thanks to my reliable friends, I had an even more exciting day than usual. It was a day with a lot of awareness.

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近のコメント