調査会社、企業サービスの吉本哲雄が書き綴っています。

数学は人生で役に立つ。

私は勉強が嫌いで小学校を辞めたいと思っていたわけですが、算数だけは将来絶対役に立つと信じていました。中学での成績は(も)良くなかったですが、何の疑問も持たず数学は好きな科目でした。

しかし、思春期、反抗期真っ盛りの中学生には鬱陶しい科目になっていることが多いようです。
社会人でも数学がどう役に立つかわからないという人がいますから、10代の人たちがそう思うのも仕方ないかも知れませんよね。

渋滞学でも有名な西成活裕先生の著書、「東大の先生! 文系の私に超わかりやすく数学を教えてください!」を読むと、数学の素晴らしさが実感できるはずです。

R16指定(笑)
「中学生は決して読まないでください。」

ということで、オススメ図書の紹介でした。

I hated studying and wanted to quit elementary school, but I believed that only math would definitely help me in the future. I didn’t (nor did I) get good grades in middle school, but math was my favorite subject without question.

However, it often seems to be a depressing subject for middle school students in the midst of their adolescent and rebellious years.
There are people who say they don’t know how to use mathematics even when they are working adults, so maybe it’s understandable that teenagers feel that way.

A book by Professor Katsuhiro Nishinari, who is also famous for his study of traffic jams, is called “Teacher of the University of Tokyo! I’m a liberal arts major, so please teach me math in a super easy to understand way! If you read the book, you’ll be able to see the beauty of mathematics.

R16 designation (lol)
Middle schoolers should never read it.

So, that was the introduction to the recommended books.

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近のコメント