調査会社、企業サービスの吉本哲雄が書き綴っています。

ながらスマホをゼロに

ニュースでも大きく取り上げられる『ながらスマホ』

朝の通学路でもスマホを操作しながら運転してる人をよく見かけます。割合は10人中3〜4人です。

私の安全運転基準では一発免停でもいいと思っています。

危険度は酒気帯び運転と同じくらい。

ながら運転の違反件数はそれの何十倍にとなるでしょうから、ドライバーはもっと安全運転義務を意識しないといけません。

ひと昔前は『このくらい大丈夫』とか、『そんなに飲んでない』、『検問場所わかってるから大丈夫』などと言って、酒気帯びや飲酒運転をしてた人がすごく多かったですが、今では道交法も改正されて激減しました。

自転車でも徒歩でも同じ。

愛する人のためにも『ながら運転』をやめて悲しい事故もゼロにしましょう^ ^

The “mobile phone while using” is a big part of the news.

On the way to school in the morning, I often see people driving while using a smartphone. The ratio is 3 to 4 out of 10.

By my safe driving standards, I’m willing to take a one-shot suspension.

It’s as dangerous as driving under the influence of alcohol.

The number of violations for nuisance driving will be dozens of times higher than that, so drivers need to be more aware of their duty to drive safely.

A long time ago, there were many people who were drunk and driving under the influence of alcohol, saying, “I’m fine,” or “I haven’t drunk that much,” or “I know where the checkpoint is, so I’m fine,” but now, with the revision of the Traffic Control Law, there has been a drastic decrease.

It’s the same whether you’re biking or walking.

Let’s stop “driving while driving” for the sake of our loved ones and reduce the number of sad accidents to zero ^ ^

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近のコメント