調査会社、企業サービスの吉本哲雄が書き綴っています。

車間距離を保つことで事故件数は激減する

日没時やトンネル内で車のヘッドライトが自動で点灯する「オートライト機能」の搭載を義務付け、平成32年度以降に発売される新型車から適用されるというニュースを読みました。
今のオートライトのように手動で消灯できないタイプですから、安全性はかなり向上するでしょうね。

ようやく^_^

日没後も無灯火の車が多くて、何とかならないかと感じてましたから。

ところで、車の安全性向上について私のアイデア(自動運転の機能ではなく)は少なくとも2つあります。

1.車間距離を強制的にあける装置。

車間距離を詰める運転は事故率が上がり、渋滞を引き起こします。

2.信号とブレーキの連動で自動停止。

安全に停止するには法定速度を守ることが大切ですね。

自動運転も悪くないですが、運転手の負担軽減よりも危険運転を無くすことにフォーカスする方が悲しい事故は減りますからね。

出典  http://dankai-hiroba.cocolog-nifty.com/photos/uncategorized/070429055.jpg

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の投稿

最近のコメント