調査会社、企業サービスの吉本哲雄が書き綴っています。

一日一生

「毎日が日曜日」を読み終えました。
城山三郎さんの昭和51年の作品です。

高度経済成長下、総合商社でのなまなましい人間ドラマを通して、ビジネスマンにとっての「幸福な人生」とは何かを興味深く追求した作品ですが、シンプルな答えに辿り着きました。

一日一生

過ぎた時間は戻らない。
一日一生の精神で、仕事も家庭も充実させる。
時間という無形資産を1秒たりとも無駄にはできません。

I just finished reading “Every Day is a Sunday.
It is a work by Saburo Shiroyama in 1976.

The film is an interesting exploration of what a happy life means to a businessman through the drama of a humble man in a general trading company during a period of high economic growth, but it has arrived at a simple answer.

all the days of one’s life

The time that has passed is not coming back.
With the spirit of a lifetime, work and family will be fulfilled.
You can’t waste a single second of your time, an intangible asset.

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近のコメント