調査会社、企業サービスの吉本哲雄が書き綴っています。

社員ファースト

全従業員の物心両面の幸福を追求するとともに
社会の進歩発展に貢献すること

これは企業サービスの経営理念ですが、同じ意味、または同じ経営理念の会社は結構多いのではないでしょうか。

京セラ稲盛会長の経営塾、盛和塾(令和元年12月末閉塾)で学ぶ経営者以外でも同じ志の人は多いと思います。

それはまず社員あっての会社。社員の成長と幸せを実現し続けられる場所が会社だという強い思いからきています。

それが、社員ファースト

心を高められる仲間でないと高品質なサービス提供できません。

私たちは未来のために時間を向けることを忘れず、常に品質向上を実現します。

社員ファーストは受け身ではない主体性のあるキーワード。少し前の投稿、『国のためにできることを考えよう』と同じく、考えて行動できる仲間が会社を強く、大きくしてくれてます。

To pursue the material and emotional well-being of all employees and contribute to the progress and development of society.

Employee First.

This is a management philosophy for corporate services, and I believe that there are many companies that share the same meaning or management philosophy.

I think there are many people, other than those who are studying at Kyocera Chairman Inamori’s management school, Seiwajyuku (closed in late December 2019), who share this philosophy.

Kyocera’s employees are the foundation of the company. We believe that a company is a place where employees can continue to grow and achieve their happiness.

Employees First

We cannot provide high quality services unless we are able to raise our spirits.

We never forget to turn our attention to the future and always improve quality.

Employee first is the key word for proactive, not passive. As in my previous post, “Think about what you can do for your country,” our company is made stronger and bigger by people who can think and act.

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近のコメント