調査会社、企業サービスの吉本哲雄が書き綴っています。

枕元のメモ

これは私の枕元にいつも置かれてるメモとペン。15歳の頃からの習慣ですから36年続けてることになります。

・寝付く前に思いついたこと

・夜中に目が覚めて間もなく湧き出すアイデア

・明日の予定の補足

など、毎日何か書いてます。

このメモの価値のあるところは、稀に自分が書いたと思えない筆跡が残ってることです。初めはまったく意味不明(笑) しかし、数日後に起こる出来事や目にしたものとリンクしてその謎が解けます。

私はその内容で今まで何度も奇跡的(本人はそう思ってませんか^_^)なメッセージを受け取りました。

別名、宇宙メモ

機会をみて続きを書いていきます。

It’s a pen and a note that’s always on my pillow, a habit I’ve had since I was 15 years old, so I’ve been doing it for 36 years.

What I thought of before I fell asleep.

Ideas that spring up shortly after waking up in the middle of the night

Supplementary information for tomorrow’s schedule

I write something every day.

The valuable thing about these notes is that on rare occasions, I’m left with handwriting that I don’t think I wrote. At first it doesn’t make any sense at all (lol), but when you link it to what you see and what happens a few days later, the mystery is solved.

I have received many miraculous (doesn’t he think so ^_^) messages with that content.

Also known as the Space Memo.

I’ll write more about it when I get a chance.

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近のコメント