調査会社の会長ブログ【松谷廣信】

調査会社の会長ブログ

デフォルト画像

会長日記2021/05/26

天風メルマガ「中村天風 一日一話」

天風メルマガ no-reply@tempukai.or.jp sv958.xserver.jp (https://www.tempukai.or.jp/practice/mail_magazine.html)

万物の根元である気が、
人間の心の中に入って観念となり、
その観念が思考となる。
そしてその思考が、一方において行動となり、
他方において言葉となって現れる。
これは人間のみが造物主から与えられた
恩恵であり、他の動物にはない。
言葉というものは、思考が結集し、
それを表現するためのものである。
言葉には人生を善くも悪くもする力がある。
だから言葉は、
人生を左右する力のある哲学であり、
科学であるということがいえる。
中村天風

 

天風メルマガに登録すると、上記(6月26日のメルマガ)の様な内容の言葉が、毎朝7時に発信されて来ます。この一文(天風先生の一言一句)に目を通し、一日のスタートを切る。そうすると、今までの自分と少しは変わります。間違いなく・・・。

お言葉の中に消極的なもの、マイナス的なものは全くない。何が有っても、何を言われても、全てをプラスに切り替え、態度も言葉も、明るく朗らかに勇ましく溌剌と生きて行こう。そうすれば、そうした人生に活きられる、というのが先生の信念です。

しかし、実際は中々そうは? と大半の人がいう。でも、実際にそうならないのは、そうしていないからであって、本当は、そうすればそうなるのです。これを如何に信念化するかが、何よりも大切な事なのです。

でも、中々そうは❓、とついなるのですが、毎朝この天風メルマガに目を通して一日のスタートを切ると、少しはマイナス思考の消極的な自分から脱却できるはずです。

早速登録してみませんか・・・。少なくともマイナスにはなりません。

デフォルト画像

会長日記2021/05/05

村上和夫先生の講演を聞いて

 先般、天風会の同僚より、「村上和雄 筑波大学教授がお亡くなりになりました。心からご冥福を祈り、村上さんを偲んで、白鳥哲 映画監督から 映画『祈り~サムシングレートとの対話~』を云々とのラインが入って来た。

 ところが、また何時かくらいの感覚で、余り気にも留めず、日々の雑事に追われ、そのままにしていた。ところが、このゴールデンウイークと緊急事態宣言が重なって、何時もの様に動けなく、特に今日5日は雨という事もあって、家で過ごす事となった。

 そこでパソコンに向かい、少し気になっていた同僚からのラインを再度開き、「村上和雄・・・・・」と打つと、https://www.youtube.com/watch?v=hqOt_N2TN2I

村上和雄先生 祈りのある行動が奇跡を起こす3 … – YouTube

に出会った。

 約1時間ほどの講演でしたが、驚きと同時に深い感動を覚えた。同時に真実はひとつというか、凄い先生がおっしゃっていることは、どこかで皆通じているということを思い知らされた。

 表現方法は違うし、研究している分野も全く違うが、村上和雄先生の講演内容と、私しが長年続けている天風先生の教えが、根っこの部分では通じており、真実はひとつという事を改めて思い知らされた。

 機会があれば是非、村上和雄先生 祈りのある行動が奇跡を起こす3 … – YouTubeを聞かれんことを・・・。

デフォルト画像

会長日記2021/04/23

故郷

ふるさとは遠きにありて思ふもの

そして悲しくうたふもの

よしや

うらぶれて異土の乞食となるとても

帰るところにあるまじや

 

 こんなかなしい詩があるが、小生にとっての故郷は、決してそんなものでは無い。寸暇を惜しんで帰りたいところであり、実際にそうしてきた。

 65歳で一旦定年を迎え、以後会長職に引き、4月から11月までの間、月に10日くらいは故郷で過ごそうとの計画を立てた。そして、海釣りを楽しもうと小舟を手に入れ、足代わりの車も購入し、何時帰ってOKという状態にした。以来今日まで計画を実行。

 と、自慢したいところながら、実際は毎月帰れたのは最初の1年だけ。以後は歯抜け状態で、帰れない月もあり、平均年に4~5回となり、滞在も通算40日程となった。それでも結構一人での田舎暮らしを楽しめた。船の操船は未だおぼつかないが、釣りは徐々に上達(本人曰く・・)、レンコ鯛釣りはお手のもの、時にはブリの大物を手にするまでになった.

  ところがところがである。昨年からのコロナで全てパー。昨年1年は全く帰れず、今年も未だである。少なくとも5月のゴールデンウイークにはと思っていたが、この状態ではとても帰れそうにない。

 ご存じの通り島根県の感染者は非常に少なく、隠岐島に関しては一人の感染者も出ていない。ところが、田舎の様子を聞くと、それだけに皆が神経質になっており、最初の感染者にだけは成りたくない、との心理も働いて、大阪から帰ったとなると・・・という事らしい。何もそんなに・・との思いはあるが、田舎の雰囲気が判らなくもなく、帰郷の一歩が踏み出せない。

 ただ帰って大海原に釣り糸を一人でたらすだけ、濃厚接触などしようもないのに・・と思うが、実際はそうもいかない。トホホ・・・。

デフォルト画像

会長日記2021/04/13

西国三十三箇所巡礼(21,22,23,24番札所)

 先週土曜日(4月10日)、21(穴太寺),22(総持寺),23(勝尾寺),24(中山寺)番札所をお参りしてきた。

 今まで1番から20番札所までは順番に巡ってきたが、交通弁を考え、22,21,23,24となった。

 先ずは総持寺。総持寺地区は茨木市という事もあって、何回も行っているが何故かお寺には参ったことが無かった。街中という事もあり、そんなに広大という事は無いが、それなりに趣のある荘厳なお寺であった。

IMG_1835IMG_1837IMG_1840IMG_1841IMG_1839IMG_1842

IMG_1849IMG_1846

 

第21番札所、穴太寺

当時は亀岡市に所在。ところが、数年前にわざに一度妻と二人でお参りに来たことがある。ところが何故来たのかが思い出せない。妻に聞いても、「確かに来た覚えは有るけど、何んでだったかな?」。多分何か本の中にあり来たのであろうが・・さっぱり。まーそんなものだ、トホホ・・・。

IMG_1851IMG_1852IMG_1853IMG_1854IMG_1856IMG_1857IMG_1855

 

第23番札所、勝尾寺

 当時は関西ではかなり知られた寺であり、過去に何回か来たことはある。それにしても広大なお寺で、手入れも行き届いており、コロナ禍ではあるが人出もかなり多かった。

IMG_1860

IMG_1862IMG_1865

IMG_1872IMG_1873IMG_1875IMG_1876IMG_1877

IMG_1881IMG_1880

IMG_1885IMG_1884

 

第24番札所、中山寺

 当寺は安産のお寺として関西では知られた寺であり、新婚当時に来たことがあるが、参道のイメージが全く変わっており、何となくこんなだったかな・・などと一寸不思議に思ったくらい。多分に記憶があいまいだとは思うが。

IMG_1886IMG_1887IMG_1888IMG_1889

IMG_1891

IMG_1909IMG_1912IMG_1913IMG_1914IMG_1901IMG_1903IMG_1902IMG_1897IMG_1904IMG_1905

デフォルト画像

会長日記2021/04/09

企業を対象とした詐欺が横行

 最近弊社に依頼のある信用調査の多くが、「某企業から融資要請の話があり、契約段階にまで話は煮詰まっているが、念のため、会社及び経営陣の与信調査をお願いしたい」との調査依頼である。

 中でも多いのが、クリーンエネルギーがらみの話。所謂、太陽光発電とか風力発電など。コンサル系の人からも、こうした話は多いようで、補助金がらみで利益配当も信憑性(法的根拠があるなど)があり、契約書も確りしていることから、つい目先の利益(利回り)に目がくらみ、話に乗ってしまう感じ。

 ところが、この手の話には結構詐欺紛いのものが多く、弊社で調査した内の50%以上が、「先ず間違いなく詐欺」と言える調査結果となっている。

 クリーンエネルギーがらみの話にはご用心?。

お気軽にお問合せください

東京03-6661-9138大阪06-6313-0110

私たちは如何なる場合に於いても、人権に配慮した調査を実施しております。部落差別に関する調査は一切お受けすることが出来ません。また、ストーカー等犯罪に絡む恐れのある調査もお受け出来ません。

  • フォームからのお問合せ
  • 見積依頼

調査項目

  • 調査会社の会長ブログ
  • 調査会社の社長ブログ
  • 調査員の採用情報
  • 暴力団排除宣言
  • 法令遵守宣言
  • グローバルサイン認証サイト SSL secured クリックして確認 GlobalSign byGMO

トップへ戻る