調査会社の会長ブログ【松谷廣信】

調査会社の会長ブログ

デフォルト画像

会長日記2020/01/14

男はつらいよ 帰ってきたトラさん

 昨日13日の祭日、妻と一緒に、「男はつらいよ 帰ってきたトラさん」(映画)を観に行ってきた。劇場を出ると同時に、どちらから云うでなく、「よかったな・・よかったな!」。

 「男はつらいよ」シリーズの50周年記念作品として、今の映像技術を屈指して作られたものであるが、改めて山田洋次監督の凄さを見せつけられた。

 見る前は、トラさんの懐古シーンを屈指した、男はつらいよの総集編的なものかな・・・程度に思っていた。

 ところがところがである・・。吉岡秀隆演じる満男が、早や22歳年を喰っており、中年の子持ちの作家に成人していた。尚、満男の初恋の人、後藤久美子演じるイズミはフランスで結婚し2人の子持ちの母親。そのイズミが仕事で来日中に、デパートの本コーナーで満男がサイン会をしているのを偶然に知ることになり、バッタリ再開。その後、浅丘ルリ子演じるトラさんの恋人、リリーが経営する音楽喫茶に行き、中高年になった満男とイズミとリリーが感動の出会い。その後、懐かしの柴又、帝釈天に在る実家(年老いた倍賞美津子と前田吟宅)を訪れ、以後、トラさんを忍びつつドラマは展開するのであるが、上映中の大半が、なぜか自然に出てくる涙で、映像は半分ぼやけて見えていた。ただ、トラさんが恋したマドンナの皆が若いこと・・。

 早や鬼籍に入った人もいるが、映像では最も輝いていた時期のマドンナばかりであった。

デフォルト画像

会長日記2020/01/06

令和2年、年はじめ

 

  新年あけましておめでとうございます。暖冬の予報通り、穏やかな天候に恵まれ和やかな新年を迎えることが出来ました。

 皆様はいかがでしたでしょうか・・。

 正月休みは29日から5日までと今年は結構ゆったりとしていましたが、8日間も休んだにも関わらず、特に何をしたという事はなく、終わってみればアッという間。この調子で行くと、年末にも「アッという間の一年でした」などと言いかねない。もう少し少年期の頃の、あの豊かな感情を呼び覚まし、感動を覚えるメリハリのある日々を送らねばと、早や反省しきりである。

 今日6日は初出。朝9時過ぎ、社員皆がにこやかな笑顔を見せてくれ、新年の挨拶をかわしビールで乾杯。以後通常業務、初荷もそこそこにあり幸先よく新年のスタートを切ることができた。

 株式市場は年明け早々中東情勢の影響から荒れ模様のスタートであるが、弊社は市場がどうあろうと、ブレることなく誠実な調査に努め、着実に歩を進め前年比10%アップを成し遂げることにします。皆様のご協力をよろしくお願いいたします。

 

 我が家の門松、 立派でしょう・・。

 年々グレードアップしている感じ。これは毎年岡山に住まいする奇特な人がわざに持ってきてくれるのです。感謝の一年の始まりです。

IMG_0642

 

IMG_0634

広太郎9歳、1月3日生まれで9歳になったばかりですが、少し年老いた感があり、ゆったりとしている事が多くなってきました。

IMG_0641

デフォルト画像

会長日記2019/12/27

時代感覚

 今年年号は「平成」から「令和」に、従って私は、昭和、平成、令和と3時代を生きることとなった。多分に次の年号を聞くことは無かろうと思う。というより無いことを願う。

 昭和は激動の年。戦前、戦後で時代は大きく分かれ、軍国主義から民主主義へと移行。私は戦争を知らない子供として団塊世代の始まり、昭和22年にこの世に生を受けた。従って、戦前の事は直接は知らない。ただ書物や話を聞いて想像するのは、今の北朝鮮的な環境下にあったのではないかと勝手に思っている。16年12月の戦線布告は、止むにやまれずとも思うが、やらされた感も強くあり、本当は「真実の歴史」をじっくりとひも解く必要があるように思う。

 今、北朝鮮はアメリカ主導による自由経済券から総スカンをくい、経済封鎖に苦しんでいるが、日本も似たことからトラ・トラ・トラに至ったように思う。そういう事からすると北朝鮮の問題は軽々には考えられず、現在の一大関心事である。

 昭和、平成、令和とこの3時代を振り返るに、私の知っている昭和は何といっても目覚ましい経済成長。食うや食わずの時代から飽食の時代となり、年に15%、20%のベースアップを経験し、直接的に経済成長の恩恵を肌身に強く感じた時代であった。

 平成は、何といってもIT化か。平成5年に携帯電話が買い取り制となり、一般大衆に普及。またたく間に誰もが携帯電話を携帯するようになり、やがてスマホに変わり、誰でもどこでも何でも判るようになった。また、オフィスはワープロからパソコンに変わり、一社一台から一人一台となり、スマホやパソコンなしでは生活出来ない時代となった。ただ、昭和ほどの経済成長の実感はなく、日々の生活が贅沢になった分、家計は苦しくなり、贅沢をしながら金銭苦に悩むといった矛盾が生じて来ているようだ。

 さて令和はどんな時代になるのであろう・・。よくは分からないが、今私が思うのは働き方の変化である。単に政府が進めている「働き方改革」では無く、IT化とAI化により身体を動かして働くことが徐々に無くなっていき、身体を動かすのはスポーツくらいという事になっていくのでは。

 こんな思い付きを好き勝手に書きながら、今年もこのブログ更新が最後となった。今年一年このブログを覗いてくださった皆様、本当に有難うございました。週一更新を心がけているつもりながら、年を追うごとに更新回数が減っていき、多分このブログを始めた2005年4月以降で最低の更新回数であったと思う。これも歳のせいなのかな・・・。

 弊社は明日28日、社員皆で朝からビルの大掃除をし、お昼12時から御用納め。

 令和2年が皆様にとりまして和やかな幸多い年になりますよう祈念して、年末の挨拶とさせていただきます。

デフォルト画像

会長日記2019/12/11

師走の深酒を避けるコツ

 毎年の事ながら12月にはいると忘年会という名のもとに飲み会が連日の如く入る。例年決まっているのが11回、それに飛び入りがあると、それこそ連日の如くとなる。ところが今年は例年行事を少し省き、8回に押さえた。結構楽になる。でも今週 月・火と東京で理事会兼忘年会が2日続き、昨夜我が家に帰ったのは深夜12時を回っていた。

 寄る年波には勝てず、徐々に体力的にきつくなり、無理は禁物と酒量も押さえているが、注がれるとついついとなってしまう。宴席というのはどうしても注いで注がれてになるので、度を越えてしまう。そこで考えたのが、早々に注がれない酒に切り替えること。

 ビールや日本酒はどうしても注いで注がれて、ところが焼酎のお湯割りとか水割りはそうはならない。これが宴会での深酒を避けるコツ。近年はこの手に徹している。

デフォルト画像

会長日記2019/12/04

紅葉

   我が家の近くの公園。見とれるばかりの紅葉。   

  広太郎(我が家の長男)は余り散歩は好きではない。犬にしては珍しく屋内大好きで、散歩に連れ出すと10メートル歩くか歩かないかでストライキを起こす。所謂座り込みである。ところが一括して無理に引っ張ると意外に素直についてくる。ところがまた10メートルも歩くと座り込む。これを3・4回繰り返すと、何故か後は普通に歩きだす。少し疲れて自己主張も面倒になるのか、それとも単にあきらめるのかは知らないが、後はご主人様(私のこと)の後をとコトコトとついてくる。

 散歩道は決まっているわけではなく、足の向くまま気の向くままであるが、一番多いのが家の東側に当たる「銀杏並木通り」から「欅通り」を通るコースで、写真の如く紅葉シーズンは特に美しく、心和むコースである。ほぼ毎朝、天風先生の録音テープを聞きながら30分から長い時は一時間ほどゆっくりと散歩する。

 

 ここが愛犬広太郎の散歩道。

IMG_0540

 

 

IMG_0539

愛犬、広太郎(ポメラリアン、牡8歳)

IMG_0531

 

IMG_0528

お気軽にお問合せください

私たちは如何なる場合に於いても、人権に配慮した調査を実施しております。部落差別に関する調査は一切お受けすることが出来ません。また、ストーカー等犯罪に絡む恐れのある調査もお受け出来ません。

  • フォームからのお問合せ
  • 見積依頼

調査項目

  • 調査会社の会長ブログ
  • 調査会社の社長ブログ
  • 調査員の採用情報
  • 暴力団排除宣言
  • 法令遵守宣言
  • グローバルサイン認証サイト SSL secured クリックして確認 GlobalSign byGMO