調査会社の会長ブログ【松谷廣信】

調査会社の会長ブログ

デフォルト画像

プライベートな話2017/10/11

プロボクサー秋月楓大

プロボクサー秋月楓大(スーパーフライ級、10戦10勝8KO,OPBF9位、大成ジム所属)18歳。

日本ボクシング界期待の星、秋月楓大。彼は、上記戦跡が示すとおり、とにかく強い。未だ18歳と若く、スタミナ抜群。10戦8kOが物語る様に、可也のハードパンチャーで、しかも正統派ボクサースタイル。プロで10戦交えたにも関わらず、顔は見事に綺麗。ボクサー特有の鼻の曲がりも無ければ、目に傷もなく、街中で見かける高校生と何ら変わらない。所謂、パンチを顔に受けることが極端に少ないからに他ならない。

こんな彼を小生は必死に応援している。

実は、彼の父親は、小生と同じ隠岐の島の西ノ島町出身、しかも同級生。応援するなと云われてもしないわけには行かない。

先般、大阪の住吉で開催された試合を観戦したが、ヒット&ウエイの見事なボクシングに酔いしれてしまった。2回にダウンを奪い7回でノックアウト。それは見事な勝利であった。

尚、この11月5日には、兵庫県の三田ホテルにて大成ボクシングジム興行の試合が予定されている。きっと11戦11勝9KOの記録をうち立てるはず。頑張れ・・秋月楓大!。

そこで此の度、後援会「プロボクサー秋月楓大を励ます会」を立ち上げ、広く会員を募ることにしました。皆様の応援を宜しくお願い致します。できれば、励ます会の会員になって下さい。

会費は、年間一口 3.000円(個人)、10.000円(法人会員)。

2年後には世界チャンピオンに輝いた彼と祝杯を上げることを夢見て、懸命に応援することを誓います。 ”フレーフレー秋月楓大”。

 

Professional boxer Kaedai Akizuki (Super Flyweight, 10 fights, 10 wins and 8 KOs, ranked 9th in OPBF, belongs to Taisei Gym) is 18 years old.

Kaedai Akizuki is a promising star of the Japanese boxing world. He was strong anyway, as the above battlefield shows. He is a hard puncher and has an orthodox boxer’s style, as evidenced by his 10 fights and 8 KO’s. He is only 18 years old and has great stamina. Even though he had 10 professional fights, his face was beautiful. He didn’t have the crooked nose characteristic of a boxer, he didn’t have any blemishes in his eyes, and he was no different from the high school students you see on the street. This is because he is extremely unlikely to be punched in the face.

I am desperately rooting for him.

As a matter of fact, his father is from Nishinoshima town on the same Oki Island as me, and we are classmates. Even if they tell me not to support them, I can’t help it.

I recently watched the fight in Sumiyoshi, Osaka, and was intoxicated by the masterful boxing of Hit & Way, taking two downs in the second inning and knocking him out in the seventh. It was a stunning victory.

On November 5, the Taisei Boxing Gym is scheduled to hold a fight at the Sanda Hotel in Hyogo Prefecture. I’m sure he’ll set a record of 11 fights, 11 wins and 9 KOs. Go for it…Kaede Akizuki!

Therefore, we have decided to set up a support group “Encouraging Professional Boxer Kaedai Akizuki” and invite the members widely. Thank you for your support. If you can, please become a member of the Encouragement Society.

The annual membership fee is 3.000 yen (for individuals) and 10.000 yen (for corporate members).

I vow to cheer hard and dream of celebrating with him as a world champion in two years’ time. ”Fray Fray Akizuki Kaedai”.

デフォルト画像

プライベートな話2017/09/22

トロイメライ、 http://traumerei.jp/

今週18(月)19(火)と、女房と2人で信州の白馬に行ってきた。白馬は「冬場スキーに行くところ」と決めていたが、今回は違った。何と、フランス料理を食べに行ったのである。なんとご奇特な、と思うでしょうが、これには深いふかい訳がある。

実は、小生が代表を務める、天風会香里の会に昨年、白馬の住人が入ってくれた。この御仁、元は東京の本部会員であったが、何故か香里が気に入って呉れ、わざに所属変えをしてくれたのである。

義理堅く、友達を大切にすることでつとに有名な小生のこと・・・、その恩に何として応えようかと、以後頭の中は一杯であった。

実は、彼は白馬で「トロイメライhttp://traumerei.jp/」という小洒落たホテルを経営している。このトロイメライ、フランス料理とワインで知る人ぞ知る隠れ屋の様なところ。それもそのはず、彼はソムリエを何人も育ててきた、ソムリエの中のソムリエなのだ。

料理もワインも最高・・・。恩返しどころか、またまたすっかりお世話になってしまった。

とにかく幸せな1泊2日であった。

 

This week, 18 (Mon) and 19 (Tue), I went to Hakuba in Shinshu with my wife. I had decided that Hakuba was “the place to go for winter skiing”, but this time it was different. What a surprise, we went to eat French food. You may think it’s strange, but there’s a deep explanation for this.

In fact, a resident of Hakuba joined the Tenpukai-Kari group, which I represent, last year. This man used to be a member of the headquarters in Tokyo, but for some reason Kari took a liking to him and purposely changed his affiliation.

My mind was filled with wondering how I could repay the debt of gratitude I have received for my loyalty and respect for my friends.

In fact, he runs a swanky hotel in Hakuba called “Troimelai http://traumerei.jp/”. Troimelai is a hidden gem of a place known for its French food and wine. As it should be, he is the sommelier among sommeliers, having trained a number of sommeliers.

The food and wine are great….. Instead of returning the favor, I’ve been indebted to them once again.

Anyway, it was a happy one night and two days.

デフォルト画像

プライベートな話2017/07/11

家庭菜園

自宅の庭の隅で数年前から一坪農園を営んでいる。

これぞまことの一坪農家。ご覧あれ・・・。結構楽しんでいます。

 

一番手前がサツマイモ、右端がキュウリ、中央がトマト、奥にぼやけているのがオクラ。

 

IMG_20170709_072235

IMG_20170709_072220

 

畑の番犬、廣太郎

IMG_20170709_072244IMG_20170709_072254

今朝収穫した、ピーマン、オクラ、ミニトマト、キュウリ。

IMG_20170709_072135

 

I’ve been running a 1.3 square meter farm in the corner of my home garden for several years now.

This is a true one-tsubo farmhouse. Take a look at this… I’m enjoying it quite a bit.

The front is a sweet potato, the rightmost is a cucumber, the center is a tomato, and the blurry one in the back is okra.

デフォルト画像

プライベートな話2017/07/07

天風会 修練会

 待ちに待った天風会香里の会の「夏期特別研修会(修練会)」が迫ってまいりました。会員は勿論、はじめての方でも大歓迎です。先ずは、私(松谷)に一方ください、電話は070-6542-6866。

 この「修練会」というのは、天風会では、創設(大正8年)以来延々として受け継がれてきた天風会の最大行事で、戦前は2週間の長きに亘って天風哲人直々のご指導で実施されていました。それ故、参加者一人ひとりが、1日、1日、日を追うごとに変わって行き、14日目の納会の日には、参加者の一人ひとりが、自分が自分を観て、これがあの自分か?と思うくらいに変わったといいます。

 ところが、近年は、連続して1週間、休みを取って修練に没頭するなど、物理的に無理があり、3日4日がいいところ。それも難しいという人が多く、人集めに苦労するというのが実情です。ただ、僅か3日の行修でも、気持ちの持ち方は大きく変わります。それ程、天風会の修練会というのは、上手く作られています。ご興味のある方は是非参加されることをお勧めします。

 日程は下記の通りです。

平成29年度夏期特別研修会
日 時 H29年8月4日(金)、5日(土)、6日(日) 3日間
初日受付12時 開会式 13:30  -- 最終日16:00了
会 場 ユニトピアささやま (兵庫県篠山市矢代 231-1)
指 導 稲松信雄、浦 義弘、都甲泰弘 (各 天風会講師)
定 員 60名 (宿泊参加のみ - 定員になり次第締めきります。)
参加費 天風会賛助会員・学生(大学・高校) 2泊3日 43,000円 (全食事付き) 一般 53,000円
(郵便局・振込払込表の受領証にて領収書として下さい。)
研修日程は パンフレット(PDF)をご参照下さい。

 

The long-awaited summer special training session of the Tenpukai-Kari-no-kai is coming up. Members are welcome, as well as newcomers. First of all, please give me (Matsutani) one hand, the phone is 070-6542-6866.

This “Shurenkai” is the largest event of the Tenpukai, which has been handed down endlessly since its establishment in 1923. Before the war, it was conducted for two long weeks under the direct guidance of Tetsujin Tenpou. Therefore, each participant changed day by day, day by day, and on the 14th day, the day of the last meeting, each one of the participants was able to look at himself or herself and wonder if this is him or her. He says that it has changed to the point where he thinks, “I’m not going to do this.

In recent years, however, it has become physically impossible for me to take a week off in a row to devote myself to the practice, so three or four days is fine. The reality is that many people find it difficult to do so, and they have a hard time attracting people. However, even if it’s only three days of training, the way you feel about it will change a lot. That’s how well the training sessions of the Tenpukai are made. If you are interested in attending, we encourage you to do so.

The schedule is as follows.

Special Summer Training Session for Fiscal Year 2009
Date and time August 4 (Friday), 5 (Saturday) and 6 (Sunday), 2009 Three days
Registration for the first day: 12:00 Opening ceremony 13:30 — Last day: 16:00 finish
Venue: Unitopia Sasayama (231-1 Yashiro, Sasayama City, Hyogo Prefecture)
Instructors: Nobuo Inamatsu, Yoshihiro Ura, Yasuhiro Toko (Lecturer, Tenpukai)
Number of participants: 60 (Overnight only – will be closed when capacity is reached)
Fee for Tenpukai supporting members and students (college and high school): 43,000 yen (all meals included)
(Please use the receipt of the post office or payment list as the receipt.
For the training schedule, please refer to the brochure (PDF).

デフォルト画像

プライベートな話2015/09/29

カムイ・ウン・クレ

9月の連休は隠岐の島。天気晴朗にして波静か。絶好の釣り日和であった。小生に取っては成果は上々。アマ鯛の2キロクラスを筆頭に大アジ、サバ、レンコ鯛、ハゲと魚種も豊富で大満足。また、夜は浜風が心地良く、本もそこそこ読めた。

手にした本が、僕の大好きな浅田次郎「おわらざる夏」、上中下の3巻からなる長編であったが、これが中々面白かった。その中に「カムイ・ウン・クレ」という言葉が出てくる。これは、北アイヌ人のなかで日常的に使われていた言葉とのことで、日本語に訳すと「神、われらを造りたもう」となるらしい。そして千島列島の最北端 占守島(シュムシュ島)の先住民が挨拶代わりに使っていた言葉とのこと。何かあると「カムイ・ウン・クレ」(神われらを造りたもう)。この言葉を発することにより、全てを許し全てを解決したようである。

「神われらを造りたもう」、何と素晴らしい言葉であろう。もしかしたら浅田次郎は、この言葉を使いたくてこの小説を書いたのかも・・・。

 

The consecutive holidays in September are in the Oki Islands. The weather is clear and the waves are quiet. It was a great day for fishing. For me, the results are good. I was very satisfied with the abundance of fish species such as 2kg class of red snapper, large horse mackerel, mackerel, red snapper, and hagfish. Also, the beach breeze was pleasant at night, and I was able to read a decent amount of books.

The book I got was my favorite book, “Owara Zaru Natsu” by Jiro Asada, which consists of three volumes (upper, middle and lower). In it, the words “Kamui un kure” come up. It is said that this word was used daily among the Northern Ainu people, and translated into Japanese, it means “God, let us create”. And it is said that the indigenous people of Urumori (Shumshu) Island, the northernmost island in the Kuril Islands, used this word as a greeting. If anything, it’s “Kamui-un-Kre” (Let God make us). By uttering these words, he seems to have forgiven everything and settled everything.

What a wonderful word, “God has made us”! Perhaps Jiro Asada wrote this novel because he wanted to use these words…

お気軽にお問合せください

東京03-6661-9138大阪06-6313-0110

私たちは如何なる場合に於いても、人権に配慮した調査を実施しております。部落差別に関する調査は一切お受けすることが出来ません。また、ストーカー等犯罪に絡む恐れのある調査もお受け出来ません。

  • フォームからのお問合せ
  • 見積依頼

調査項目

  • 調査会社の会長ブログ
  • 調査会社の社長ブログ
  • 調査員の採用情報
  • 暴力団排除宣言
  • 法令遵守宣言
  • グローバルサイン認証サイト SSL secured クリックして確認 GlobalSign byGMO

トップへ戻る