調査会社の会長ブログ【松谷廣信】

調査会社の会長ブログ

デフォルト画像

会長日記2018/08/01

隠岐騒動

 一ヶ月程前、五箇会という隠岐の島町の一地域の集まりがあり、招待を受けその祝宴に出席した。冒頭、挨拶の中で、水若酢神社(みずわかすじんじゃ)(島根県隠岐郡隠岐の島町郡にある神社。式内社(名神大社)、隠岐国一宮。旧社格は国幣中社で、現在は神社本庁の別表神社。神紋は「菊」)の宮司は、今日は隠岐騒動の犠牲者14名の弔い神事があり、この会に出席できない、との紹介があった。

 エッと思った。隠岐騒動は無血革命であったはず?。14名の戦死者、エッそんな事があったのか。隣に座っていた御仁に、「隠岐騒動で14名もの戦死者があったの・・?」、質問した。すると、多分・・人数までは知らないが何人かは亡くなっているはず、と云う。以後暫くその人と、隠岐騒動についての話しとなった。その後、確か隠岐騒動の本があったはず、もし家にあったら送るは・・と云う。それはありがたい。是非読みたい、別に本の題名さえ教えて頂ければ、アマゾンででも取り寄せるけど・・、等と話していた。すると一週間もたたぬ間に、送られて来たのが、「島もゆ、隠岐騒動」(松本侑子)。 

 これは知る人ぞ知る、知らない人は全く知らない、日本の歴史的秘話である。実は、隠岐の島は、明治維新の動乱期、極めて先進的な維新革命、無血革命を起こし、一時期自治政府を立ち上げた歴史があるのです。その事件を一般的に「隠岐騒動」というのですが、隠岐島は当時、松江藩、松平家の管轄領で有り、松江藩の代官が派遣され、常駐統治していた。ただ、可也民度は高かったいうか、学問に熱心な地域であった様である。それはそうでしょう・・。江戸時代は北前船の寄港地として、日本各地の物資と情報が入っており、当時は今よりもはるかに賑わい栄えており、本州から隠岐に渡って商売をする商人が相当居たくらいです。そうした中で、日本各地で起こった尊皇攘夷論が、隠岐の若者の中でも燃え上がり、外国船の寄港を排斥しようと動いたようです。また、中沼了三という隠岐出身の儒学者の影響もあって、藩政に不満を持つ、隠岐島の庄屋や神主が結束し、代官を追い出し、自治政府を作らんとした訳です。きっかけは、中沼了三が奈良県の十津川村に造った「武文館」を隠岐にも造らんとし、その旨を上申するも聞き入れられず、従来からの圧政による不満もあって、当時の庄屋や神主など主だったものが立ち上がり、それらの呼びかけで、3000人からの農民が集結し、代官屋敷を取り囲み、武力を使う事無く、時の代官を追い出し、自治政府を作ったものです。

 なんと、その自治政府は、3権分立の、極めて革新的なものであった様です。ところが、薩長のあやふやな対応から、隠岐は再度松江藩の管轄地とするという事になり、50日後に、松江版が数百人の武士を送り込み、自治政府をつぶしてしまいました。その時に、維新革命の首謀者など14名が戦死したと云うものです。詳細を話せば切がありませんが、非常に興味深い本で、楽しまさせていただきました。

 で、何が云いたいかというと、一般に知られるように単に隠岐は流人の島というのではなく、明治維新には、それ相応の貢献をし、今の日本を作り上げた、陰の立役者とまではいいませんが、それなりに頑張った島であるということが云いたかった訳です。

デフォルト画像

会長日記2018/07/25

日の出

 3連休を利用して隠岐に帰ってきた。本当はロータリーの関係で、バリ島に行かなければ成らなかったが、サボって隠岐へ帰った。多分にそのしっぺ返しは怖いが、時には我侭を許してもらおうと自分勝手に決めたのであるが、今回はその甲斐があり、素晴らしい帰省となった。

 その第一は天候に恵まれ、外海に出れたこと。ただ、恵まれすぎて波は0.5~1mとべた凪であったが、暑さには参った。日本海に小船を浮かべての釣りは、陰ひとつ無く、海の照り返しも強く、熱中症になってもと思うと少し怖かったくらい。だって、見渡す限り海、島影はなんとか見える範囲ではあるが、僚船は一艘も無く、大海の中で一人釣り糸をたらしているのだから・・・。

 水深100~120メートルのところでレンコ鯛をねらうが、場所さえ間違わなければほぼ入れ食い状態。ベテランになると、一度に2匹3匹を架けて上げるが、小生は未だその域に達せず、1匹架けると喜びいさみ、つい上げてしまう。それでも結構な成果。3日間で90枚くらいは釣った。

 それはそれで楽しいが、魚場に向かう道中の素晴らしさ・・・。早朝5時出港、10分程走ったところで日の出となる。海の中から太陽が出てくる・・・、地球の夜明け、黎明、何と表現すればよいのか、ボキャブラリィーの低い小生には無理があるが、とにかく素晴らしく感動的な風景である。

 

IMG_20180719_051453IMG_20180719_051453

 

IMG_20180719_051431

IMG_20180720_052036

デフォルト画像

会長日記2018/07/09

西日本集中豪雨と月下美人

 先週一週間殆ど雨が降り続いた。私が知る限り、こんなに大量の雨が広範囲に降り続いたことは記憶に無い。もっと激しい局地的な豪雨は、結構あったように思うが、昼夜を通し、殆ど休み無く降り続いた。空には雨がいっぱい有るんだな・・と思った。特に大阪北部はつい最近、大きな地震があっただけに、神さんいい加減にしてよ・・と思ったが,中々いう事を聞いてくれなかった。ところが、そんなうっとうしい日々の中、妻が精魂傾けて放置している月下美人が、今宵限りと咲き誇ってくれた。小生の帰りを待って、たった一輪、一晩だけ。いとしいと云うか何というか、深夜12時近かったこともあって、特に風情が感じられた。ただただ帰りを待ってくれていたのは、月下美人と広太郎だけ。

 

IMG_20180630_225329

IMG_20180630_225337IMG_20180321_123339

デフォルト画像

会長日記2018/06/27

一坪農園

  この7月から大阪船場ロータリークラブの会長を務めなければならくなった。3年前から決まっていた事とはいえ、いざと成ると気が重い。でも、やるっきゃない。

 業界や郷土会など結構会長職は仰せつかっているが、正直ロータリーの会長職は特別で、多忙であると同時に毎週の例会で10分程喋らなければならない。毎週のこと故、話題作りに気を使う。

 来週は初年度例会ゆえ、一年間の年度方針発表で何とかなるが、その後どうしよう・・・。

 尚、週報に談話室というのがあり、そのしょっぱなが小生となった。そこで、今日のブログは、その原稿を添付して、お茶をにごすこととする。あしからず・・。

 

一坪農園                            松谷 廣信

8年ほど前に自宅の庭の片隅を開墾し、一坪農園を始めた。宅地の庭を掘り起こして造った畑ゆえ、土は痩せてガリガリ。でも始めて植えたトマトやキュウリ、ナスはそこそこ出来た。なんだ、野菜作りって簡単なもの、と思った。夏野菜が終わったところで、冬野菜の準備にかかった。老体に鞭打ち、鍬とスコップで結構深く耕した。そこで、ほうれん草、大根、人参などの種をまき、早く目を出せ・・、セッセと水をやり叱咤激励。すると可愛らしい芽が一杯出てきた。2・3センチの大きさになると、間引きをしてやる。間引き菜は朝の味噌汁の具。サイコー、毎朝一坪農園に足を運ぶのが楽しみとなった。ところがところが、途中から全く成長しない。大根は5センチほどでストライキ。ほうれん草は地べたに這いつくばり、頭を上げようともしない。人参は姿も見せずといった状態。そんなこんなの繰り返しで、早や8年にもなるが、冬野菜は未ださっぱり。とこりが今年4月の事、農夫の清水さんに、SAAの打ち合わせの後、酒の肴にその話をした。清水さん曰く、「マッチャンそら土が駄目だよ。農業は土作りから・・」、懇々と説教された。そうかやっぱりな・・何でも努力をせんとな・・等と打ちひしがれていた。ところがである、その説教された3日目のこと、我が家に大きな荷物が送られて来た。中味はと見ると、「栄和産業、土壌改良剤」とある。涙が出るほど嬉しかった・・。買えば安い物だろうが、そうではない。わざに高い送料を出して贈ってくれたのである。持つべきはロータリアンの友。その土壌改良剤をたっぷり使って、清水さんの指示通りに土作りに精をだすと、以下の通り。今は毎朝、キュウリの収穫にいそしんでいる。今年は絶対に冬野菜も成功させるぞ・・。

clip_image002clip_image004

デフォルト画像

会長日記2018/06/19

大阪北部地震

 ドーン・・突然下から突き上げられた。アッと思う間もなく、湯飲みが一人で動き勝手にこけていた・・。直後グラグラっと来た、何故か天井の隅を眺めた。これは大きい、何か対策を・・・っと思ったときには止んでいた。

 短かったが大きかった。初めての大きさであった。阪神の時も香里園(少し場所は違う)に居たが、最初のドーンは今回の方が大きかったように思う。怖いというより、どうなるのかな・・・天井を眺めながら、突然不安がよぎった。

 あのまま家が潰れたら、上手くテーブルの下に身を置けたかどうか・・・。

 暫くして外に出てみると、前の家の屋根瓦がずり落ちて、無残な状態。隣もそうだ。ところが、その隣は大丈夫。後でよくよく見ると、我が家を中心に南北の並びの家の屋根が大方やられていた。庭に目を転じると、やはり、南北にすう本の地割れが走っていた。これは活断層か・・・。

 それにしても何が起こるか判らない・・・。

 何時終わってもいい様に、精一杯活きなければ・・と思った。

 

        我が家の庭に、南北にこんな地割れが出来たいた。

IMG_20180618_095744IMG_20180618_095734

IMG_20180618_095950

IMG_20180618_095938IMG_20180618_095805

お気軽にお問合せください

私たちは如何なる場合に於いても、人権に配慮した調査を実施しております。部落差別に関する調査は一切お受けすることが出来ません。また、ストーカー等犯罪に絡む恐れのある調査もお受け出来ません。

  • フォームからのお問合せ
  • 見積依頼

調査項目

  • 調査会社の会長ブログ
  • 調査会社の社長ブログ
  • 調査員の採用情報
  • 暴力団排除宣言
  • 法令遵守宣言
  • グローバルサイン認証サイト SSL secured クリックして確認 GlobalSign byGMO