調査会社の会長ブログ【松谷廣信】

調査会社の会長ブログ

デフォルト画像

会長日記2019/06/28

公正採用

  またまたですが、厚労省が指導する「公正採用」についての一考察。

 「公正」って、そもそも何でしょう。大辞林によると、「かたよりがなく正しいこと」「はっきりしていて正しいこと」などとある。所謂、採用選考の段階で、かたよりがあってはならず、「偏りのない正しい選考を行いなさい」ということであろう。その為に「応募者が実際にどんな人なのか(身元調査)を調べてはいけません」などとは決して言わないと思う。

 ところが現実はそうでなく、厚労省は、「採用の際の身元調査は絶対に行わないでください」と指導している。

 何故か?。それは数十年前のことであるが、その当時の採用調査は、就業に必要な本人の能力や資質にかかわりのない、居住地や親の職業など差別につながる調査を実施し、報告していた事実があったからである。

 しかし、それは4~50年前のことで、企業も調査会社も過去の誤りを深く反省し、採用時の調査で部落差別につながるような調査はしないし、分かった事でもそれが差別につながると思われることは報告もしない、という事を徹底して実施している。ところが今から20年ほど前に大阪で、部落差別につながる採用調査をしていた調査会社が内部告発により発覚し、大問題になった。

 この事もあって、厚労省は二度とこのようなことがあってはならないとし、未だに「身元調査をしないで下さい」と全企業にお願いをしている。それも毎年丁寧に行っている。

 ただ、厚労省がここでいう身元調査とは、何処までの何をさして言っているのかが今一つ判然としない。所謂、「身元調査」の定義がはっきりとしていない。

 実は数十年前の事であるが、行政が「身元調査」という言葉である規制をしていたことから、その行政機関に「身元調査」の定義を文章で問い、文章回答を求めたことがあるが、その返答に半年以上もかかり、結局回答は「定義はない」とのことであった。

 定義もなく規制するとは?と思った記憶があるが、人権問題となるとこうした結構あいまいなところがある。

 そういう面からいうと、厚労省が使用する「身元調査」も定義が無いまま使っているものと思われる。出身地、出所、出生、氏素性、家柄、家系、血統などの調査を身元調査という場合もあれば、経歴や性格素行などの調査を身元調査という場合もある。尚、身上調査、バックグランド調査、経歴調査、採用調査、雇用調査、結婚調査、素行調査などあらゆる人に関する調査を総称して身元調査と称する場合もある。また、身元確認とか身元保証などでも使われる。所謂、身元という言葉は、使う人、状況などによって色んな使い方がされており、漠然と身元調査といっても何処までのどの範囲をさしているのかが判然としない。

 今実施されている採用調査は、本人の能力、資質に重点を置き、提出された履歴の確認、前職での勤怠状況、退職時のトラブルの有無、反社系の有無、申告住所の居住確認等が主なもので、 本籍地や原籍地にふれることは無く、家柄や血統などを調べることもない。かと言って、この採用調査は身元調査で無いかといえば、そうでは無く、多分に身元調査の範疇に含まれると思う。

 今企業が私どもに依頼する採用調査は、公正採用のために実施しているのであって、差別を意図したものとは全く違う。

 履歴書や職務経歴書がすべて正しく正確で、面接での申告が全て本当の事であれば、採用調査をする必要は無いであろうが、現実はそうでなく、弊社で扱う履歴書には30%強の詐称があり、職務経歴書も可なりオーバトークになっているものが多い。同様に面接時の申告も事実とはかけ離れていることが多く、採用調査なくしては公正な選考ができないのが現実である。

 少なくとも、虚偽の履歴書や虚偽の申告がそのままノーチェックで通用することはあってはならないと思うが、何故に採用調査を厚労省は「しないで下さい」と指導するのであろうか?。

 その理由は、「差別につながるおそれがあるから」。確かにおそれが100%無いかといえば、無いと断言はできない。

 しかし、「おそれ」で物事を規制すれば、多分に恐怖政治、恐怖社会につながるのではなかろうか。私の持論であるが、「包丁が殺人に使われたからと言って、包丁は殺人につながるおそれがあるから、包丁の製造も使用も禁止する」などとは先ずならないと思う。ところが「差別」に関しては、おそれのあるものは全てダメというのがまかり通るようである。

 今一度、真剣に考えて頂きたいものだ・・・。

デフォルト画像

会長日記2019/06/24

ホッと一息

 ホッと一息。今期1年間会長職を仰せつかっていた船場ロータリークラブの最終例会を今日6月24日、先ほど終えることが出来た。特に大した事をしたわけではないが、小生にとって重責であったことは間違いない。その証拠に、今は何とも言えない安堵感である。後は今日の夜に開催する、今期の理事役員及び各委員長に対するご苦労様会だけである。6月末日まで任期はあるが、実質的には終わったも同然。

「やった、やったー!」という感じ。

デフォルト画像

会長日記2019/06/12

人生修行中

 京阪香里園駅は道路より数メートル低い所にあり、駅に出入りする車両が道路から良く見える。その為、電車好きの男の子が、親に連れられて、電車の通るのをよく見に来ている。

 そんな状況での、昨日の出来事。

 若いお母さんが子供2人をつれて、電車を見に来ていた。1人は3歳くらい、もう1人は1歳半足らずくらいの男の子。ようやく歩き始めたところらしく、手を上にあげ、いかにもおぼつかなくヨチヨチと歩いている。ふと見ると、Tシャツの背中に「人生修行中」と大書きされていた。

 可愛くて声をかけずにはいられない。「しゅぎょうちゅうか・・、がんばれよ!」。すると若いお母さんが「え~しゅぎょうちゅうなんです」とニコヤカに応えてくれた。

 とても楽しくさわやかな気分で会社にいくことができた。

デフォルト画像

会長日記2019/06/06

最近の出来事

 先週の土曜日、映画を観た。

 「空母いぶき」、血沸き肉躍るとはこのこと。久しぶりに映画の世界に没頭していた。映画評論は全くできないので、誰がどんな役を演じ、何がよかったなどは口にできないが、とにかくよかった。感動した!。

 翌日の日曜日は近畿國賀会の第54回総会。例年通り大阪城が真正面にみえるKKRホテルで開催した。参加者は約100名。今年は隠岐民謡の他、カラオケタイムをもうけ、参加者に自慢の喉を披露してもらった。飛び入りでも人前で歌おうかという人はそれなりに違うもの。歌に踊りに語らいと楽しいひと時を過ごし、アッという間に予定の3時間が過ぎ、最後は盆踊りでお開きとなった。後はお決まりの2次会、3次会。

 月曜日は船場ロータリークラブの31周年記念例会。心斎橋の日航ホテル32Fにて記念パーティーが開かれ、これも賑やかで楽しいひと時であった。

 翌火曜日は箱根。これは島根県出身者の経済人で結成されている島根経済倶楽部の集まり。会合はエクシブの箱根離宮。しかも最上級のお部屋。夜の会食も素晴らしく、会話も弾んだ。

 翌水曜日は、大正時代に造られた名門ゴルフコース、富士屋ホテル仙谷ゴルフコースでゴルフコンペが行われた。グリーンは少し遅めであったが、コースは落ち着いた雰囲気の、如何にも手造りらしい微妙なアンジュレーションのあるいいコースであった。競技は新ぺリア方式。あちこち失敗の連続であったが、それでもネット72でまわり、結果は準優勝。グロスはないしょ。

 そして本日木曜日。全国調査業協会連合会の理事会と定期総会。何時もは東京で開催されるが、今年は急遽大阪でという事になった。午後3時からの予定であるが、気の早い連中は早や来ている。総会が終われば当然のことながら懇親会ということになる。その後また二次会になるであろう。少々疲れ気味であるが、身体に気を付けながら頑張るしかない。

デフォルト画像

探偵のぼやき2019/05/30

経歴詐称

 毎週一回はブログを更新しようと思っている。ところが最近は気が付くと早や2週間何もしていない、なんてことがザラにある。

今回もそう。ところが直ぐに話題が浮かばない。そこで昔はどんな事を書いていたのか?と10年ほど前のブログを覗くと、たまたま興味深い記事(2007年6月のブログ)が出てきた。

これは再度読んで頂けたら、特に行政官になどと思い、下記に添付することにした。

学歴詐称。

大阪市は、職員965名を学歴詐称で停職1カ月の処分にしたという
関市長は市民に申し訳ないと陳謝しながら、「こんなに学歴詐称が多くあったなんて・・
と驚きを隠さない。今頃何を言っているのですか・・、と言いたい。

ここで一寸考えて頂きたい。本来採用されるべきでない人、所謂、採用条件にみたない人が虚偽の申告(履歴詐称)
をして採用された訳である。と云うことは、同じ数だけ、本来採用されてしかるべき人が、虚偽申告の人の為に不採用となった訳である。

学歴を詐称していたと云うことは当然職歴も詐称しているはず。そうしないと履歴の辻褄が合わなくなるから。と云うことは、面接時の応答も、其れ相応につくり話をしないと上手くいかない。嘘を嘘で塗り固めて採用され、正直者は不採用になったと言う訳。

国も府も市も、従来から採用時の調査には極めて否定的である。「採用調査は差別につながるおそれがあるから」と云うのがその理由である。その結果が、今回明るみになった大阪市の大量学歴詐称問題である。採用調査は差別につながる云々で、結果的に大阪市は大変な差別採用をしていたのである。不採用になった人にこの事をどう説明するつもりであろうか・・・。

以前、大阪府と市が主体となって、「公正採用調査システム検討会議」と云うのが約1年かけて行われた。その会議の委員として、当時業界を代表して私も出席させてもらった。委員のメンバーは、有識者と言われる大学教授や弁護士の外、行政、経済団体、人権団体、労働組合の代表者など10数名であった。
検討会議は、その直前に起きた差別調査事件を受けて設けられたものであり、調査業界にとっては極めて厳しい状況にあった。

そんな中で私が必死になって主張したのは、この事であった。少なくとも「公正採用」をさけぶのであれば、応募者の履歴や職務経歴書が正しいか否かを調べ、正しい履歴や職務経歴に基づいて判断しなければ公正さを欠く」と。虚偽の履歴がまかり通るのはおかしい、と声を大にして主張した。ところが、えらい先生方には中々理解して貰えなかった。

調査することによって人権、プライバシーが侵されることは確かにあると思うが、調査しなかった為に人権、プライバシーが侵されることもある。「公正採用の為には調査は必要不可欠なものである」と思うが如何でしょうか。

965名の学歴詐称職員はそれでも1か月の停職でこれからも勤める事ができる。しかし、採用されなかった者は一日たりとて勤める事は出来ない。
正しい履歴に基づいて公正な判断がなされていれば採用されていたかもしれない多くの応募者のことを思うとき、怒りを覚えずにはいられない。

お気軽にお問合せください

私たちは如何なる場合に於いても、人権に配慮した調査を実施しております。部落差別に関する調査は一切お受けすることが出来ません。また、ストーカー等犯罪に絡む恐れのある調査もお受け出来ません。

  • フォームからのお問合せ
  • 見積依頼

調査項目

  • 調査会社の会長ブログ
  • 調査会社の社長ブログ
  • 調査員の採用情報
  • 暴力団排除宣言
  • 法令遵守宣言
  • グローバルサイン認証サイト SSL secured クリックして確認 GlobalSign byGMO