調査会社の会長ブログ【松谷廣信】

調査会社の会長ブログ

デフォルト画像

会長日記2019/04/26

平成最後のウィークデー

 今年に入り何かと「平成最後」という言葉を耳にしてきたが、今日はまさに平成最後のウィークデー。明日からの10連休に備え企業は大忙し。我が社もご多聞に漏れずで、この一週間、社員は残業続き。その最後の追い込みが今日であるが、中々に厳しい状況にある。

 本来成ればじっくりと「平成」の31年を振り返り、「令和」に向かっての方針を確立すべきであろうが、現実は日々の雑事に追われ、目先のことに精一杯というのが小生の今である。

 ただ漠然と考えるに、平成の31年、自分なりには満足、及第点を点けてもいいのかなと思う。さて来る令和は、と考えると、多分に高齢との戦いになるのかな・・。

天風道で心身統一を目指し、日々精進するが、よる年波に打ち勝つには、少なくとも其れ相応の覚悟と努力はいるであろう。

 その準備として、明日は岡山の天風会行修に参加し、明後日には故郷隠岐に帰り、一人大海原に釣り糸をたらそうと思う・・・。

デフォルト画像

会長日記2019/04/22

家督会関西支部同窓会

 島根県立隠岐島前高等学校の同窓会を家督会(アトドカイ)と称する。家督会の詳細ないわれは知らないが、学校が家督山(海士町で一番高い山、標高246.2m)の麓に在ることから名づけられたものと思われます。

 この家督会の関西支部同窓会が昨日(4月21日)開催された。参加者は何と総勢140名、中でも私の期がダントツで15名居た。久しぶりに懐かしい顔に出会い、気持ちは一挙に18歳。

 11時半から始まった総会は14時半に閉会となったが、時間というのは不思議なもので、その時の感覚によって随分と違うもの。先輩後輩を含め、今日は・・、ヨ・・と声をかけ一言二言話しているとアッという間にお開きの時間となっていた。当然の事ながら、そのまま終わるはずも無く、昼日中ではあるが、当然そうなるであろうと予測して予約していた店に直行。事前に打合せをしていた訳ではないが、二次会も誰一人欠ける事無く同期15名が全員参加。  

 卒業してから早や54年。それぞれがそれぞれに成長しており、皆がみな元気そのもの。一般に70歳余の人をみると、それ相応に年寄りで、おじいさんおばあさんと呼ぶに何の抵抗も無い感じになるが、同窓会で集まった70歳余は、何故か見事に若い。何故だろー?。

 外からみると多分に老人であろうが、当人同士は皆18歳に帰っている。54年の年月を一挙に投げ捨て、18歳に帰っているのである。

 まーたまには良いものだ・・・。

デフォルト画像

会長日記2019/04/10

天候異変

 春の嵐、芦ノ湖付近では雪景色。東京は昼間の温度が3度とか?。

 実は今日、早朝スタートのゴルフコンペが入っていた。ところが昨日昼頃、幹事さんから中止にしようかとの相談電話。開口一番、「そうしましょう・・大賛成」と即答。

 このシーズン、春先は結構雨が多く、過去にも何回か大雨の中、ゴルフに興じたことはあるが、流石に70の声を聞く歳になると雨は応える。特に春先の雨は風を伴っていることが多く、思っているより厳しいんだよね。

 再来週の日曜日(21日)、隠岐島前高校の同窓会「家督会(アトドカイ)関西支部」の同窓会が谷町4丁目のホテルプリムローズで開催されます。百数十名の参加申し込みがあるようですが、まだまだ会場には余裕があります。是非ご参加下さい。

 皆で楽しい一時を過ごしましょう・・・。お待ちしています。

デフォルト画像

会長日記2019/04/02

新元号

 新元号「令和」。

 昨日4月1日、新年度スタート、朝10時より新年度の事業計画が発表され、其れを受けての会議後、全社員そろってテレビの前に集合。11時30分の菅官房長官の新元号発表を待った。ところが中々発表が無く、官房長官が緊張の面持ちで現れたのが11時40分。新元号「令和」。一瞬エッと戸惑った・・・。続いて官房長官から簡単な経緯説明があり、万葉集からの引用であるとの説明。

 難しいことは何も判らないが、単純に「令和」の文字から感じる印象は、冷たさ、厳しさ、が感じられエッと思ったのが正直なところ。ところが時間がたつにつれ、徐々にその響きの良さが感じられ、今日になって、極々単純に「素晴らしい元号だな・・」と思えるようになった。

 平成は残すところ後1ケ月、5月1日から令和がスタート。何と無く楽しくなってきた・・・。別に何が特にということは無いが・・・。

 「令和」、バンザーイ。平成さん有難うございました・・・。

デフォルト画像

会長日記2019/03/15

キャッシュレス化と監視社会

小生、今期所属する大阪船場ロータリークラブの会長職を仰せつかっている。これが結構大変な役目であるが、中でも週一回の例会に10分程「会長の時間」というのがあって、会員の前で話をしなければならない。話す内容は特に定められたものは無く、自分で適当に考えて喋らなければならないが、毎週のことゆえ中々である。しかも、其れが週報に掲載されるため、文章にして提出する必要がある。

 そんなだから、言い訳になるがブログを更新する時間もまま成らない。そこで、先ほど来週月曜の例会で話す内容を文章にしたので、今日は其れを添付し、手抜きをすることにします。あしからず・・。

 

「会長の時間」                  

 3月は年度末という事で、会社もそうですが各種団体も決算と次年度の事業計画や予算案などで集まる機械が多く、自然と東京出張が多くなります。そんなんで先週も2回東京出張でした。そこで自然コンビニに行くのが多くなるのですが、大阪に比べ遥かにキャッシュレス化が進んでおり、大半のお客がコンビニでカード決済しています。

 私の感覚では、千円以下の買い物などの支払いでカードを使うというのは全くありませんが、そんなのは時代遅れもいいところで、今年は急激にキャッシュレス化が進むと思われます。

 10月には消費税アップを控えており、その影響の緩和策として、キャッシュレス決済にポイント還元をつけ、一挙に決済システムのキャッシュレス化を進めようとしています。その一環で、経産省は先週13日に、キャッシュレス決済推進の為、3月29日の金曜日をプレミアムキャッシュレスフライデーとしてキャンペーンを張るようです。

 先般、安倍総理がキャッシュレス化推進のデモで、スマフォ決済する姿がテレビ放映されているのをみましたが、実際に使っているのかは疑問ですが、時代の流れには逆らえません。生きていくためには、私たちもスマフォやアイホンで全て決済していくのを教えて貰い、モタモタしながらでも使って行かなければならなくなります。ところが、其れもこの先2・3年のことで、その後はファイブGの時代に入り、スマフォもアイホンも時代遅れの商品になり、大容量の機器が登場するようです。それはそれとして受け入れざるを得ないでしょう。

 ただ、一つ気になるのが情報の問題です。実は、10数年前に個人情報保護法が施行され、猫も杓子も個人情報、個人情報で、何かあるとそれは個人情報ですから云えません等と口にし、それを口にするとコンプライアンス精神をもったハイレベルな人間と思ってか、流行語のように使われています。

 ところが個人情報保護法は決して、そんな法律ではなく、個人情報取り扱い業者に課した法律で、個人情報取り扱い業者とは、個人情報をデーターベース化し、其れを業務の用に供するものを言い、その業者に、収集する場合、本人承諾が必要。また、収集目的以外にその情報を出す場合は、本人にその旨を告げ、了承を得なければならないとしたもので、決して家庭の主婦や、そこらのおっちゃんにも個人情報を漏らしてはいけませんよという様な法律ではない。それこそ、そんな法律であればコミュニティーは成り立たないし、社会生活は営めなくなると思うが、今は何かにつけそれは個人情報ですからというのが一般化し、酷いことになっている。この弊害について話し出せばキリがないので、それは次の機会にしますが、実は先ほどいったキャッシュレス化は個人情報と背中合わせで、あらゆる個人情報がカード会社等に一手に集められ、個人生活の全てがデーター化され、監視されるという、大変な問題を抱えています。

 中国などは、キャッシュレス化が急速に進んでおり、その関係で個人データーがアリババなどの巨大企業に一手に集積され、昨年時点で6億人の個人情報がデーター化され、一人ひとりに点数がつけられ、その点数によってあらゆる与信度が測られ、公共機関もその与信点数を利用しているようです。顔認証システムなどもその一つで、一方で監視カメラがあらゆる場所に設置されており、完全な監視社会が構築されようとしています。

 近年、個人情報が叫ばれ、プライバシー保護が高まっているように思われていますが、実際は全てが把握され、とんでもない監視社会が構築されようとしていることを念頭に置く必要があるようにおもいます。

お気軽にお問合せください

私たちは如何なる場合に於いても、人権に配慮した調査を実施しております。部落差別に関する調査は一切お受けすることが出来ません。また、ストーカー等犯罪に絡む恐れのある調査もお受け出来ません。

  • フォームからのお問合せ
  • 見積依頼

調査項目

  • 調査会社の会長ブログ
  • 調査会社の社長ブログ
  • 調査員の採用情報
  • 暴力団排除宣言
  • 法令遵守宣言
  • グローバルサイン認証サイト SSL secured クリックして確認 GlobalSign byGMO