調査会社の会長ブログ【松谷廣信】

調査会社の会長ブログ

デフォルト画像

はじめての入院

会長日記2021/06/23

 1947年にこの世で生を受け、早や73年。年月を数えると其れなりであるが、何を成したか?と言われると、ハタと考えてしまう。ただ、健康にだけは恵まれて、今まで大病をしたことも無ければ、ケガらしいケガもしたことは無く、73年間一度も病院に入院したことが無い。

 ところが寄る年波には勝てない。最近特に感じるように成ったのが、「人は必ず死ぬのだな・・」という事。毎朝新聞に目を通すのが日課であるが、必ず死亡記事に出会う。当然ながら死亡記事が出るのは著名人。故に小生でも名前くらいは知っているが、多くが80歳代。そうした死亡記事に接するたびに「人は死ぬのだな・・」と思う。だからどうと云う事では無い。ただ単にそう思うというだけのことだが・・。

 話が少し横道にそれたが、大病も入院歴もしたことがない私が、此度入院する事に成った。73年の人生ではじめてのことである。

 私は若いころからのあこがれの一つに「入院」というのが有った。何を、そんなバカな、と思われるかもしれないが 、正直そうであった。何故かというに、病気の事は別にして、入院すれば、3食昼寝付き。ベッドで寝ているのが仕事で、何もすることは出来ない。すると一日中好きな本を読み、眠気が来たら寝ればいい。何かしたくてもすることが出来ない、一つの檻の中である。実際はどうか知らないが、単純な私の頭では、そのように考えている。

 従って、一度でいいから入院生活を経験してみたかった。好きなだけ本を読み、好きなだけ寝ればいい。それがやっとかなうのだ。僅か5泊6日ではあるが、明日からあこがれの日々が始まる。特にコロナ渦という事もあって、妻子と言えども面会謝絶。全く自分だけの、三食昼寝付きの気ままな日々が始まるのだ・・。

 病に関しては痛くもかゆくもない。昨日も一日ゴルフを楽しみ、ここ3年間で一番の好成績で終えたくらい。ただ、医者が入院して検査する必要があるというから、そうするのであって、病があれば医者任せと、今はタガをくくっている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お気軽にお問合せください

東京03-6661-9138大阪06-6313-0110

私たちは如何なる場合に於いても、人権に配慮した調査を実施しております。部落差別に関する調査は一切お受けすることが出来ません。また、ストーカー等犯罪に絡む恐れのある調査もお受け出来ません。

  • フォームからのお問合せ
  • 見積依頼

調査項目

  • 調査会社の会長ブログ
  • 調査会社の社長ブログ
  • 調査員の採用情報
  • 暴力団排除宣言
  • 法令遵守宣言
  • グローバルサイン認証サイト SSL secured クリックして確認 GlobalSign byGMO

トップへ戻る