調査会社の会長ブログ【松谷廣信】

調査会社の会長ブログ

デフォルト画像

会長日記2019/01/15

新年の挨拶「全国調査業協会連合会」

先週に引き続き、今回は全国調査業協会連合会の会報原稿を添付します。

 

「仕事の誇り」

                                                                                           松谷 廣信

 新年明けましておめでとうございます。

皆様にとりまして今年一年が、仕事にも健康にも恵まれた、素晴らしい年になるようお祈りいたします。

 年頭に先立ちこんなことを思った。

私は、青春真っ只中の高校3年時に、興信・探偵という仕事を知り、以来何が何でもこの仕事にと思い、学校を終えた23歳の時から調査業一筋で、早や48年が経過しました。自分なりによく遣ってきたものだと思う・・。ただ、一時期この仕事に疑問を持ち、凄く悩んだ時期があった。

他人の裏を探り、知られたく無いと思っている事を暴き出し、それを報告しお金を頂く。それって本当に良いの・・?。他人に知られたく無いと思っていることを調べるって、それこそプライバシーの侵害じゃないか?。他人に嫌がられる事を仕事とするなんて・・等と思い悩み、ジレンマに陥ったことがあった。

そんな時期、中学生になっていた娘(長女)が、ある時、「お父さんの調査の仕事ってどんなことしているの?」と聞いてきた。そこで、企業が社員を採用する際に、事前にどんな人なのか?、会社が取引をする際に、相手がどんな会社なのか、信用していいのか、そんなことを調べて報告する仕事だ。」と説明した。すると娘曰く、「お父さん、そんな仕事はしてはいけないんだよ。」と強く言われた(多分に同和教育の影響と推察されるが)。途端、私は烈火のごとく怒った。その後、冷静になり、こんこんと理論的に説明した。結果、娘が納得したかどうかは定かでないが、その後2度と娘は、私の仕事のことに関し何かを言うという事は無くなった。

ただ、自分自身の中でジレンマを持っていただけに、娘には言いつくろったが、本当にどこまでどうなのか、悶々とするところはあった。しかし、考えに考え抜いた結果、この仕事は、“誰が何と言おうと、この世に必要不可欠な仕事である”との確固たる信念を持つに至った。

確かに、他人に知られたく無いと思っている事を、ひそかに暴き出すというのは、まさしくプライバシーの侵害になる可能性はある。しかし、知られたく無いと思うことは、どんな理由が有ろうと調べては成らない、となると、そんな社会は、まさしく悪の温床となり、詐欺師が大手を振って歩き、騙し放題というコミュニティーが全く成立しない社会が形成される事となる。また、就職の際の採用前調査(採用調査)が、してはいけないとなると、それこそ履歴は書き放題。嘘八百の履歴書を提出しても、確認が許されないとなると、いったいどんな事に成るのであろう。ただ、個人情報保護の行き過ぎや、厚労省の指導よろしきを得て、既に履歴の詐称は蔓延しており、とても「公平な採用選考」とはいえない採用選考が行われている。また、夫婦間のトラブルでも、一方が不貞行為をしていても、知られたくない事は調べてはいけないとなると、これはこれで大変な不都合になるでしょう。一事が万事で、あらゆる調査の仕事は、無くては成らない必要不可欠なものになっている。所謂、調査の仕事は、事が起こる前の危機管理、自己防衛、信頼関係を築くための基礎資料、安寧な社会を築くための基礎資料として無くては成らない仕事なのである。

事が起こってからは、警察や弁護士の仕事であるが、それを未然に防止するための仕事が調査であることは言わずもがなである。

会員の皆様には釈迦に説法でしょうが、世の人の多くは、「調査会社はうさんくさい」「怖い」「信用していいのか?」などと疑いの目でみている。こんな世評に関しては、業界人自らが猛反省しなければならないと思う。何故なら、そんな世評の基をつくったのは、業界人自らであると思えるからです。

広告媒体として多く用いられている各社のホームページを覗くと、自社を良く見せようとして、「探偵社の選び方」とかの蘭を設け、多方面からの見方を列記しているが、それそのものが業界のイメージダウンにつながり、悪徳業者がはびこっているかの様な誤解を産む元になっているように思う。

今後は、業界人が紳士にお互いを尊敬し、助け合い、この業に誇りを持って一丸となって業界イメージの向上に努めて行こうではありませんか。今一度会員皆が、全調協の倫理綱領を頭に叩き込み、お互いが思いやりの心をもって助け合う業界になれば、きっと世間も、疑いの眼から信頼の眼に変わってくるものと思うのです。

本年もご指導ご鞭撻の程、よろしくお願い致します。

 

  昨日の成人の日を祝って、門口に国旗を揚げました。

 ただ、町会で国旗を揚げたのは我が家だけ。旗日に国旗を揚げるのは当たり前のことと思うのですが、現実には少し奇異な眼で見られるかも・・。でも、前々から思っていたことでもあり、昨年末に京都の上賀茂神社で国旗を手に入れた事もあり、今年から国民の祭日には、何と思われようと我が家は国旗を掲揚することにしました。P_20190114_145438

デフォルト画像

会長日記2019/01/10

新年明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いたします。

 今年の三が日は天候に恵まれ、気持ちの良い和やかなお正月になりました。正月休みも暮れの30日から6日までと長く、ゆったりとした日々を過ごすことができました。7日から通常業務がスタートしましたが、早々に相当件数の初荷も届き、幸先の良い仕事始めとなりました。

 そこで初ブログは、「新年の抱負」と題し、確り書かなければ成らないところですが、雑事に追われ時間が取れません。先ずは全国調査業協同組合の会報誌に載せる原稿を添付し、お茶を濁すことにします。あしからず。

 その次は、全国調査業協会連合会の原稿を添付しようかな・・・。

 

 調査業に誇りを

                                                                                     松谷 廣信

新年明けましておめでとうございます。

今年一年が組合員の皆様にとりまして、素晴らしい年になりますようお祈りいたします。

今年は亥年、小生の七回目の当たり年。23歳でこの業界に入り、早や48年。ただ一途に前を向き、一心に突き進んで来た様に思います。山あり谷あり、色々ありましたが、何とかこの歳まで頑張ってまいりました。

 振り返ってみるに、この間、業界にとって最大の難関は、昭和50年の地名総監事件ではなかったでしょうか。その後に起こった「調査お断り運動」の猛威。過去是ほどまでに猛威を振った市民運動があったであろうか?と思うほどで、調査業界への風当たりは、昨年の台風21号をも凌ぐものでした。

 しかし、我が業界は生き抜きました。猛省に猛省を重ね、調査を差別につなげてはならない。差別につながる調査は根絶する、との強い信念を持ち、協会を立ち上げ、組合を結成し、「部落差別は、しない、受けない、やらせない」を旗印に邁進して参りました。結果、現実に部落差別につながる様な調査は、完全に消滅したとの確信を持てるまでになりました。ところが、行政の一部にはその現実をみず、未だに、「人事調査は差別につながるおそれがある」として、調査をしないようにとの行政指導を展開している部署があります。非常に残念なことです。

 この業界を忍者に例え、何があっても、ただただ忍の一字で耐えるのがベターと主張する人も居ますが、今年は亥年。調査業の有用性をもっともっとアピールし、人と人、企業と企業、人と企業との結びつきを円滑にし、トラブルを未然に防止するに必要不可欠な仕事であることを、一人でも多くの方に知らしめる必要があります。その為には、組合員が一丸となって、前を向いて活動していかなければならないと思います。

微力ではありますが、皆様と一緒に少しでも前を向いた活動をして行きたいと思います。宜しくお願い致します。

デフォルト画像

会長日記2018/12/25

仕事納め

 弊社は今週末で仕事納め。会社としては先ず先ずの年であった。ただ、全般に好景気ということも有るが、少子高齢化の波が徐々に押し寄せており、人の採用では相当に苦慮している。何とか一人は採用できたが、後はさっぱり。これは弊社だけで無く、中小零細は何処ともの様で、人手不足に悩んでいる企業は多い。ところが、「残業はダメ、休日は増やせ、労働分配率は上げろ」との政府方針。是は弊社のような零細企業には中々厳しいものがある。しかし、愚痴は言いたくない。来年は何をおいても採用に力を入れ、残業を減らし、休日を増やし、労働分配率を上げることを目標にしよう。

 そこで、全国津々浦々に点在する、このブログに目を通して頂いいる数名の皆様に伏してお願いします。もし貴方の周辺に調査の仕事に興味を持っている御仁が居たら、是非ご紹介下さいませ。よろしくお願いします。

 今年の漢字は「災」。確かに災い、災害は多かったですよネ。小生が住んでいる枚方は、大坂北部地震の震源地にも近く、阪神大震災を凌ぐほどの揺れでした。また、その後すぐにきた台風21号、この時の風も70年の人生で経験したことのない凄まじいものでした。結果我が家には未だその爪あとが残っています。

 「災」が今年の漢字って、感じよくない・・・。

 でも納得せざるを得ない。特に台風に関しては、人災ともいえる自然現象では無かろうか。トランプさんは、アメリカファースト、経済最優先という感じがするが、世界のリーダーとしてはどうなのか?。とにかく地球の温暖化現象を今どうにかしなければ、えらいことになるのでは・・・。

 アトランティス大陸消滅の悲劇が頭によぎる・・・。

 そんなこんなで早や一年がアッという間に過ぎようとしていますが、何かとありがとうございました。

 小生は来年は年男。還暦から折り返し、48歳になる。壮年期の真っ只中、健康に気をつけて、壮年期を謳歌することにします。お付き合いの程よろしくお願い致します。

デフォルト画像

会長日記2018/12/13

師走

 先週から今週にかけ連日の飲み会。なんと6日間連続で流石に食傷気味。大坂、東京と場所は変われど主変わらずで、古希を迎えた小生には、少々無理が来ている。しかし、そうも云っておれず、身体と相談しながら、何とかお付き合いをしている。残るは後4回、無理をせず、気楽にマイペースで遣ることにしよう・・・。

 それにしても1年って直ぐだね!。なんでこんなにと思うが、過ぎ去ってみれば本当にアッという間。子供の頃と違って、感動を覚えることが少なくなっており、ただただ無感動に1日1日が過ぎて行くかららしいが、周りの人に聞いても、大体が同じ感覚の様である。

 これからはよっぽど意識して、物に応じるようにしないと、一年が一ヶ月程になり、ただ単に長生きしただけで終わってしまう可能性がある。

 最近は「人生100年時代」などと云われるが、一年がアッという間に過ぎ去ってしまうような人生でただ長生きしたのでは、周りに迷惑を掛けただけに成らないとも限らない。

 幾ら歳を重ねても、何時も明るく元気にハツラツさっそうと活きたいものだ。否、ものだじゃなく、そうすることにする。

 そのためには、少なくとも12月の飲み会は半分ほどにしなくちゃー・・・反省。

デフォルト画像

会長日記2018/12/06

帰郷報告

 先週まるまる一週間、田舎(隠岐郡西ノ島町)に帰っていた。往復に2日捕られるため、正味は5日間。ただ冬の日本海は厳しい。日本海は日露戦争当時と変わらず、「天気晴朗なれど波高し」の言葉通り、凪いでいても2メートルはある。

 小生の小船ではとても外海には出れず、友人に無理をいって連れて行ってもらうしかなかった。従って、まともに釣りが出来たのは1日だけ。しかし結果は上々。2キロ前後のヨコワ(マグロの子)を、22本釣ることができた。

 これで来春まで隠岐とはさようなら・・・。

お気軽にお問合せください

私たちは如何なる場合に於いても、人権に配慮した調査を実施しております。部落差別に関する調査は一切お受けすることが出来ません。また、ストーカー等犯罪に絡む恐れのある調査もお受け出来ません。

  • フォームからのお問合せ
  • 見積依頼

調査項目

  • 調査会社の会長ブログ
  • 調査会社の社長ブログ
  • 調査員の採用情報
  • 暴力団排除宣言
  • 法令遵守宣言
  • グローバルサイン認証サイト SSL secured クリックして確認 GlobalSign byGMO