調査会社の会長ブログ

電報

2017年06月23日

 一昨日親戚筋から電話が入り、90歳余の祖母が他界したとの事。直ぐにお悔やみを申し、先ずは弔電をと思い、115番に電話。「弔電をお願いします、文面は・・・・・」と告げる。すると、「台紙はどのように」と問いながら、2千円から数万円のものを色々と説明・・・。「それでは・・・で」とお願いする。すると、今度は文面は、「縦書きの毛筆体がよろしいかと・・・、横書きは云々」と説明。よく聞くと、縦書きと横書きで値段が違うとのこと・・・。

 こんなことは極一般的な常識になっているのでしょうが、何時も妻や社員に任せていた為、やり取りの中で「エッそんな・・」と思うことが結構あった。

 電話を切り、それにしてもと考えた。電文を、横書きにするか、縦書きにするかで料金が違う。電報の台紙が高いものだと数万円・・・。ビックリぽん、である。

 大体今の日本で電報が必要なのか・・?。これだけ通信機能が発達し、何時でも何処でも意を伝えることはOK、文章に残す必要があれば、FAX、メール、手紙、特に急を要する用件でも、電報などより遥かに早い通信手段は幾らでもある。にも関わらず、慶弔に際しては未だ電報が主流・・・。

 過っての、「早く意を伝える」という電報の役割は、遥か以前に終焉を向かえ、今では、慶弔に際しての形式行為に過ぎないと思うが、廃れることなく、しかも値段は相当高額なものになっているようである。

 これは独占市場故のことか。クールビズなど、国が方針を出せば、アッという間に今の状況であるが、国が直接関係していた電報市場は、未だ独占のまま。しかも、普通では考えられないような値段がまかり通っている。電報は電報なりの意味はあると思うが、それにしても・・・と思うのは小生のみであろうか。

就活

2017年06月16日

 「就活」という言葉が一般的になったのは何時ごろのことであろう。何時の時代でも、新卒での就職活動は、人生の大きなターニングポイントであることに違いは無い。ただ、小生のような昭和人間には、今の大学生にみられる様な就活戦争はピンと来ない。大体は2・3社にターゲットを絞り、その中でどこかに決まったもの。ところが近年の就職戦線は一変し、就職難、求人難の時代背景に関係なく、10社、20社はごく普通、中には40・50社にエントリーシートを提出し、1年の長丁場で就職活動に専念するようである。中でも文系の学生は大変なようである。ところがイザ就職しても、3ケ月と続かず、続いて第二新卒として再び就活に臨むケースが非常に多い。

 弊社は、そうしたミスマッチを少しでも無くそうと、求人企業からの依頼のみでなく、求職者からの依頼で求職企業を調べる事も手がけている。特に最近は、ブラック企業と目される企業も多く、リクルートキャリア(東京・千代田)の「就職白書2017」によると、「企業を選ぶときに最も重視した条件」では、「勤務時間・休暇」をあげた学生が就活開始直後の4.8%から活動後の12月には7.4%になっているとのこと。やりたい仕事、勤めたい企業で選ぶのではなく、最も重視するのが「勤務時間と休暇」。全くもってハッという感じではあるが、週1の休みもまともに取れず、1日12時間勤務が常態化している企業がざらにあるのも事実のようである。故に、こんな就職白書が出てきても、「最近の若者は・・」と嘆く状況ではないのかもしれない。

 いずれにしても新卒での就職は、その人の一生を左右するくらいの大きな出来事。私見ではあるが、学卒で最初に勤めた先の、教育、社風が、その人の一生の仕事ぶり、仕事に対する考え方を大きく左右する様に思う。故に、はじめの職場はより慎重に選ぶ必要があると同時に、採用した企業も、その人の一生を左右するくらいの気持ちで、真剣に教育する必要があるように思う。

古希同窓会

2017年06月01日

 昭和38年3月 西ノ島町立黒木中学校卒業の同級生120名の内25名が箱根湯元に集合、古希同窓会が開催された。

 時は平成29年5月29日、夕闇せまる夜7時、登山鉄道をしたてて箱根湯元に集まるは、御歳70歳の美男美女、パン・パン。生まれは同じ隠岐の島、一同に会せば、幼心に火が点いたの如く、見栄も美貌も投げ捨てて、○○チャン、○○ちゃん、なんとハートは15歳。

 

 70歳の老老男女が、ジュンちゃん、キョウちゃん、セッちゃんだものな・・・。同窓会ならではの光景、一挙に55歳も若返るのはいいものだ。

総会シーズン

2017年05月26日

 毎年の事ながら5・6月は企業、団体の定時総会が目白押し。小生も今週は業界団体の総会で火、水曜と東京出張。火曜日は全国調査業協同組合、水曜はNPO法人全国調査業協会連合会の総会に参加。また、6月は社団法人関西総合調査業協会、公益財団法人天風会の評議委員会(総会に準じたもの)が予定されており、何かと多忙。しかし、その隙間をぬって、来週の月、火曜日は何となんと、御歳70歳の古希同窓会(中学の同期)。考えるに、これは我が人生の総会のようなもの。まだまだ先は長いが、ひとつの節目であることは間違い無さそう・・・。人生の総括には未だ早いが、振り返ってみると、幼少のころからの思い出が走馬灯のように浮かんでくる。この世に生を受け、最初の記憶が3歳の時,たぶん祭りの日の記憶。後しばらく無く、鮮明に覚えているのが小学校入学の時、なんと入学式を終え、自宅近くの川で水遊びをしていたら、何時の間にか仲間と喧嘩になり、びしょ濡れになったものだった。以後、70歳の今日まで、山あり谷あり、紆余曲折いろいろあったが、それなりに楽しく充実した日々を送って来た様に思う。あと余命50年、今日死ぬかのごとく生き、永遠に生きるかのごとく学んでいく事にする。そして ”やった やった”大声で叫びながら次の世へ旅立とうと思う・・・。

中ノ島バラ園

2017年05月19日

弊社の直ぐ南側、徒歩5分の所が往時のデートスポット、中ノ島である。御堂筋の挟んで日本銀行、大阪市役所があり、その東に中ノ島図書館、大阪公会堂(共に明治の建物)、東洋陶磁美術館と並ぶ、文化の香り漂う大阪一の風向明媚(小生曰く)な地であり、弊社企業サービスがその少し北にそびえる事から、より一層その感を深めている。

その中ノ島の先端部分で春のバラ園が開園されている。毎朝、中ノ島を跨いでかかる「なには橋(通称ライオン橋)」を渡って会社に向かうが、そのなには橋の下がバラ園である。

今週がバラ園の盛り。何時もながら、この世ならではの見事なバラが今を盛りと咲き誇っている。明日、明後日の土、日が多分最高の見ごろでは・・、足を運ばれることをお勧めしたい。ただ、その時間が取れないお方は、小生が撮った少しボケ気味のバラをお楽しみ下さい・・・。

 

 

IMG_20170516_110200

IMG_20170516_110251

 

IMG_20170516_110310

IMG_20170516_110337

IMG_20170516_110422

IMG_20170516_110352

 

何時に間にか小生にも2人目の孫が誕生。肖像権を主張される前にソッとお披露目。

IMG_20170427_115220

IMG_20170427_115604

 

関西総合調査業協会会員

NPO法人全国調査業協会
連合会加盟員

全国調査業協同組合
(内閣府認可法人)会員

大阪興信探偵業協同組合会員

東京都公安委員会
第30070479号

大阪府公安委員会
第62070608号

大阪府知事届出

大阪商工会議所会員

セコムトラストシステムズ
SSL GMOグローバルサインのサイトシール
LINK