調査会社の会長ブログ【松谷廣信】

調査会社の会長ブログ

デフォルト画像

会長日記2019/06/12

人生修行中

 京阪香里園駅は道路より数メートル低い所にあり、駅に出入りする車両が道路から良く見える。その為、電車好きの男の子が、親に連れられて、電車の通るのをよく見に来ている。

 そんな状況での、昨日の出来事。

 若いお母さんが子供2人をつれて、電車を見に来ていた。1人は3歳くらい、もう1人は1歳半足らずくらいの男の子。ようやく歩き始めたところらしく、手を上にあげ、いかにもおぼつかなくヨチヨチと歩いている。ふと見ると、Tシャツの背中に「人生修行中」と大書きされていた。

 可愛くて声をかけずにはいられない。「しゅぎょうちゅうか・・、がんばれよ!」。すると若いお母さんが「え~しゅぎょうちゅうなんです」とニコヤカに応えてくれた。

 とても楽しくさわやかな気分で会社にいくことができた。

デフォルト画像

会長日記2019/06/06

最近の出来事

 先週の土曜日、映画を観た。

 「空母いぶき」、血沸き肉躍るとはこのこと。久しぶりに映画の世界に没頭していた。映画評論は全くできないので、誰がどんな役を演じ、何がよかったなどは口にできないが、とにかくよかった。感動した!。

 翌日の日曜日は近畿國賀会の第54回総会。例年通り大阪城が真正面にみえるKKRホテルで開催した。参加者は約100名。今年は隠岐民謡の他、カラオケタイムをもうけ、参加者に自慢の喉を披露してもらった。飛び入りでも人前で歌おうかという人はそれなりに違うもの。歌に踊りに語らいと楽しいひと時を過ごし、アッという間に予定の3時間が過ぎ、最後は盆踊りでお開きとなった。後はお決まりの2次会、3次会。

 月曜日は船場ロータリークラブの31周年記念例会。心斎橋の日航ホテル32Fにて記念パーティーが開かれ、これも賑やかで楽しいひと時であった。

 翌火曜日は箱根。これは島根県出身者の経済人で結成されている島根経済倶楽部の集まり。会合はエクシブの箱根離宮。しかも最上級のお部屋。夜の会食も素晴らしく、会話も弾んだ。

 翌水曜日は、大正時代に造られた名門ゴルフコース、富士屋ホテル仙谷ゴルフコースでゴルフコンペが行われた。グリーンは少し遅めであったが、コースは落ち着いた雰囲気の、如何にも手造りらしい微妙なアンジュレーションのあるいいコースであった。競技は新ぺリア方式。あちこち失敗の連続であったが、それでもネット72でまわり、結果は準優勝。グロスはないしょ。

 そして本日木曜日。全国調査業協会連合会の理事会と定期総会。何時もは東京で開催されるが、今年は急遽大阪でという事になった。午後3時からの予定であるが、気の早い連中は早や来ている。総会が終われば当然のことながら懇親会ということになる。その後また二次会になるであろう。少々疲れ気味であるが、身体に気を付けながら頑張るしかない。

デフォルト画像

探偵のぼやき2019/05/30

経歴詐称

 毎週一回はブログを更新しようと思っている。ところが最近は気が付くと早や2週間何もしていない、なんてことがザラにある。

今回もそう。ところが直ぐに話題が浮かばない。そこで昔はどんな事を書いていたのか?と10年ほど前のブログを覗くと、たまたま興味深い記事(2007年6月のブログ)が出てきた。

これは再度読んで頂けたら、特に行政官になどと思い、下記に添付することにした。

学歴詐称。

大阪市は、職員965名を学歴詐称で停職1カ月の処分にしたという
関市長は市民に申し訳ないと陳謝しながら、「こんなに学歴詐称が多くあったなんて・・
と驚きを隠さない。今頃何を言っているのですか・・、と言いたい。

ここで一寸考えて頂きたい。本来採用されるべきでない人、所謂、採用条件にみたない人が虚偽の申告(履歴詐称)
をして採用された訳である。と云うことは、同じ数だけ、本来採用されてしかるべき人が、虚偽申告の人の為に不採用となった訳である。

学歴を詐称していたと云うことは当然職歴も詐称しているはず。そうしないと履歴の辻褄が合わなくなるから。と云うことは、面接時の応答も、其れ相応につくり話をしないと上手くいかない。嘘を嘘で塗り固めて採用され、正直者は不採用になったと言う訳。

国も府も市も、従来から採用時の調査には極めて否定的である。「採用調査は差別につながるおそれがあるから」と云うのがその理由である。その結果が、今回明るみになった大阪市の大量学歴詐称問題である。採用調査は差別につながる云々で、結果的に大阪市は大変な差別採用をしていたのである。不採用になった人にこの事をどう説明するつもりであろうか・・・。

以前、大阪府と市が主体となって、「公正採用調査システム検討会議」と云うのが約1年かけて行われた。その会議の委員として、当時業界を代表して私も出席させてもらった。委員のメンバーは、有識者と言われる大学教授や弁護士の外、行政、経済団体、人権団体、労働組合の代表者など10数名であった。
検討会議は、その直前に起きた差別調査事件を受けて設けられたものであり、調査業界にとっては極めて厳しい状況にあった。

そんな中で私が必死になって主張したのは、この事であった。少なくとも「公正採用」をさけぶのであれば、応募者の履歴や職務経歴書が正しいか否かを調べ、正しい履歴や職務経歴に基づいて判断しなければ公正さを欠く」と。虚偽の履歴がまかり通るのはおかしい、と声を大にして主張した。ところが、えらい先生方には中々理解して貰えなかった。

調査することによって人権、プライバシーが侵されることは確かにあると思うが、調査しなかった為に人権、プライバシーが侵されることもある。「公正採用の為には調査は必要不可欠なものである」と思うが如何でしょうか。

965名の学歴詐称職員はそれでも1か月の停職でこれからも勤める事ができる。しかし、採用されなかった者は一日たりとて勤める事は出来ない。
正しい履歴に基づいて公正な判断がなされていれば採用されていたかもしれない多くの応募者のことを思うとき、怒りを覚えずにはいられない。

デフォルト画像

会長日記2019/05/16

映画「僕にあいたくて」

 6月10日封切の映画「僕にあいたい」(錦織良成監督)。舞台は隠岐の島の島前地区。小生の出身地であり、ストーリーは出身学校の隠岐島前高等学校の島留学と海難事故で記憶喪失になった漁師を取り巻く人間愛を描いたものである。

 なにがなんでもこれは見に行かなければ。そこで封切翌日の6月11日(土)、枚方のユナイテッドシネマに女房と2人、早朝上映をめがけていそいそと出かけた。上映は8時25分、9ホールある大型劇場のメインホール9番館(250席)が、「僕にあいたくて」の上映ホールであった。上映15分前に入場。な・な・な・なんと全席空席。一番乗りである、早朝だからな・・・この後続々と・・?。ところがところが上映直前に中年の男女一人、一人の計2人が入っただけ。なんとメインホールの映画館を4人で完全貸し切り状態。

 ところが映画が始まると、そんなことは全く関係なし。スクリーンの中に吸い込まれていた。だって、映像に出てくる風景は全て知り尽くしたところばかり。家の一軒一軒まで知っている。バックの風景、道の曲がり角、全て普通に知っているところである。自分がその地に立っているかの如くであった。セリフはないが、スクリーンの端(お店)で焼酎を飲んでいるのが同級生であったりなどと、なんか不思議な感覚に陥った映画であった。

デフォルト画像

会長日記2019/05/07

10連休

  こんな10連休なんて有史以来では?。休みというのは明日の英気を養うために設けられたものとの認識を持っていたが、10連休などになると英気を養うどころか、逆に休み疲れで今日など仕事の調子が出ず、戸惑いを感じている人の方が多いのでは。

 小生は連休の前半は岡山経由で隠岐に帰り、今年初の海釣りを楽しんだ。久々の隠岐で操船も思うに任せず、不安はあったがそれでも外海に足を伸ばした。釣り果は先ず先ず。

 レンコ鯛を中心にアマダイ、ボッカ、メバルなど魚種も豊富で船釣りを満喫することが出来た。

 

 発送用に腸と鱗を取った後で写したため余り綺麗ではないが・・・。

IMG-0122

 

 釣ったレンコ鯛とメバルを煮付けにし、浜辺で捕ったナマコと、友達に頂いたアワビを調理し、一人夕食を楽しむ・・・。

IMG-0127

お気軽にお問合せください

私たちは如何なる場合に於いても、人権に配慮した調査を実施しております。部落差別に関する調査は一切お受けすることが出来ません。また、ストーカー等犯罪に絡む恐れのある調査もお受け出来ません。

  • フォームからのお問合せ
  • 見積依頼

調査項目

  • 調査会社の会長ブログ
  • 調査会社の社長ブログ
  • 調査員の採用情報
  • 暴力団排除宣言
  • 法令遵守宣言
  • グローバルサイン認証サイト SSL secured クリックして確認 GlobalSign byGMO