調査会社の会長ブログ【松谷廣信】

調査会社の会長ブログ

デフォルト画像

会長日記2020/09/11

ガラガラ

 この週末、木・金と東京出張。但し木曜は夕方からの会合であったため、朝10時ごろの大阪発の新幹線。それにしても驚いた、私の乗った車両は殆ど空席、何か間違ったところに乗ったのかな?と思ったくらい。そこで、他の車両はと思い覗いてみたが、これもガラガラ。

 政府は何とかこのコロナ禍の中で経済対策を・・と、必死でゴーツートラベルなる苦肉の策で、打撃の大きかった観光産業に寄与しようと必死であるが、笛吹けど踊らずなのか、驚くほどの情景であった。

1車両に3~4しか乗車してなく、気持ちが悪いくらい。復興には今少しかかりそうですね・・・。

IMG_1082IMG_1085IMG_1086

デフォルト画像

会長日記2020/09/01

ひまわり

我が家の庭に見事なひまわりが咲きほこり、道行く人の目を楽しませている。

今朝はそのひまわりに、てふてふがコッソリ密を吸いにきていた。暑さを忘れさせる一時であった。

IMG_1067

IMG_1069IMG_1071

 

IMG_1074

IMG_1075

The sunflowers

The sunflowers in my garden are in full bloom and are a joy to watch as people walk by.

This morning, a butterfly had come to snuff out the sunflowers. It was a moment that made me forget about the heat.

デフォルト画像

会長日記2020/08/28

郷里の味

先般2日続けて郷里の同級生から、サザエ、白イカ(剣先イカ)の詰め合わせが送られて来た。ありがたいことこの上ない。久しぶりに郷里の味を満喫、「よわ満足じゃ」と舌鼓をうった。

例年だと自分が田舎に帰り、鯛、メバル、アジ、タコ、イカ、サザエ、アワビなど海の幸をたらふく採り(❓)、友人知人に送るのが常である。ところが今年はそうもいかない、まだ一度も帰れていない。そんな僕を見かねて、同級生が、「せめて郷里の味を」と送ってくれるのである。本当にありがたい、持つべきは友。しみじみと情味を噛みしめた。

それにしてもいつまで続くことやら・・・。

tastes of home

A classmate from my hometown sent us an assortment of turban shells and white squid (swordtip squid) the other day two days in a row. We are very grateful for it. It’s been a long time since I’ve enjoyed the taste of my hometown, and I was satisfied with the food.

In previous years, I usually went back to the countryside and picked a lot of seafood, such as snapper, mackerel, horse mackerel, octopus, squid, turban shell, abalone, etc., and sent them to my friends and acquaintances. This year, however, that’s not going to happen, and I haven’t been able to return home yet. A classmate of mine can’t bear to see me like that, and sends me some food from his hometown. I am truly grateful for the friends I have, and I am grateful for the friends I have. I felt a strong sense of compassion.

Still, I don’t know how long it will last.

デフォルト画像

会長日記2020/08/06

深刻な人口減

今朝の読売新聞によると、日本の人口は前年比50万5046人減となり、1億2427万1318人とのこと。なんと鳥取県の人口約50万人超が自然減少になったことになる。前々から言われていた事ではあるが、1年で一つの県が無くなるほどの人口減である。

これはえらいこっちゃ・・・。

ただ、国もマスコミも、世の問題はこれしかないのか?と思われるほど、日々コロナ、コロナ・・。いったいコロナで何人日本の人口が減少したのか・・。

人口1憶2千数百万人中、コロナウイルスによる重症患者は現在数百人。ところが、感染防止対策で経済封鎖に近い行為を官民挙げて行い、飲食店などはほぼ壊滅状態。

少し前に、厚労省の元技官という某女史が、テレビ討論で、「コロナウイルスを誰がこんなにマンモス化したのか・・?」と声を大にしていたのを耳にし、留飲を下げたが、個人的には全くそのとうりだと思う。このご時世、こんな事をいうと、下手したら国賊扱いされるかもしれないが、敢えて言いたい。

官民挙げて対策に奔走しているから、現状で収まっており、そうでなかったらクラスター爆発でとんでもないことに?、 その為に今は我慢の時。 これもよく分かる。それでも、それでもしかし、しかしと思う。

ウイルスは人類よりもはるかに歴史があり、氷河期などあらゆる苦難を乗り越えてこの地球上に生存しつづけている。人類は、いくら科学が発展したとは云え、風邪ウイルス一つにも勝てず、毎年四苦八苦している。従ってそう簡単にコロナウイルスにも勝てはしない。しばらくは共存し、戦いを継続するしか無いでしょう。長期戦に備えて、経済を活性化し、戦費を蓄えなければ、日本は、第二次世界対戦敗因の如く、物量戦で負けてしまう。

コロナウイルス対策もさるこちょながら、1年で50万人超の人口減少対策に真剣に取り組まなければ、来年は我が故郷、島根県がなくなってしまう。

そうだ・・、人口減少対策と銘打って緊急事態宣言を発令し、ステイホームを推奨し、「産めよ増やせよ」政策を復活させては如何・・・?。そして子供さずかれば、一人に5百万円を支給するとか。これくらいの前向きな政策を打ち立てないと、島根県がなくなってしまう。

Serious population loss

According to this morning’s Yomiuri Newspaper, Japan’s population has fallen by 505,046 from a year earlier to 124,271,318. This means that the population of Tottori Prefecture has declined naturally by more than 500,000 people. It’s been said for a long time that the population of Tottori Prefecture has decreased to the extent that an entire prefecture disappears in one year.

This is a big deal.

But is this the only problem for the country and the media? Corona, corona, corona. How many people in Japan have been reduced by the coronas?

Out of a population of more than 120 million, several hundred people have been seriously ill with coronaviruses. However, the public and private sectors have been working together to implement an economic blockade to prevent infection, and restaurants and other establishments have been almost completely destroyed.

Not long ago, a former technical officer of the Ministry of Health, Labour and Welfare asked in a TV debate, “Who made the coronavirus such a mammoth thing? Personally, I think he was quite right. In these times, if I say something like this, I may be treated like a pirates if I’m not careful, but I dare to say it.

If not, I would like to say that the cluster explosion will cause a terrible situation? It’s time for you to be patient. I understand this too. And yet, yet, I think but.

Viruses have a much longer history than the human race and have survived all kinds of hardships, including ice ages. No matter how advanced our science may be, human beings are still struggling every year against a single cold virus. Therefore, it is not so easy to defeat the coronavirus. We will have to coexist with it for a while and continue the fight. If Japan does not prepare for a long war, revitalize its economy, and accumulate war funds, it will be defeated in a material war, just like the cause of defeat in the Second World War.

As well as countermeasures against the coronavirus, if we don’t make serious efforts to counter the decline in population of more than 500,000 people in one year, Shimane Prefecture, our home, will be gone next year.

How about declaring a state of emergency, recommending stay-homes, and reviving the “have more babies” policy under the guise of population control measures? And if a child is left unattended, the government should provide 5 million yen for each child. If we don’t come up with a positive policy like this, Shimane Prefecture will be lost.

デフォルト画像

会長日記2020/07/21

西鋭夫レポートより

「アメリカ6回、イタリア20回、フランス27回、ドイツ59回」さて何の数字でしょう?。

PRiDE&HISTORYのメールが小生のPCに毎日配信されてくる。その中にあった見出しに上記のものがあった。はて何の数字だろう・・・、全く分からない。

メールを開いてみると、なんと第二次世界大戦以後70年の間に憲法改正が行われた回数とのこと。エッそんなに?。

日本は戦後70年、憲法改正は一度もなく、占領国から半ば強制的に押し付けられた憲法を金科玉条の如く護っているが、本当にそれでいいのか・・との問いかけであった。

それは 西鋭夫(アメリカのシンクタンク、フーヴァー研究所教授)が、フーヴァー研究所の倉庫に眠る膨大な資料の中から、探し当てた、日本国憲法制定の裏事情を赤裸々に表明したものであり、非常に興味深い内容のものであった。

 

From the Toshio Nishi Report

 

The number of times: USA 6 times, Italy 20 times, France 27 times, Germany 59 times.

Every day I receive an email from PRiDE & HISTORY on my computer. In one of them, I found the above headline. I had no idea what the number was.

When I opened the e-mail, I found out that it was the number of times the constitution had been amended in the 70 years since World War II. That many?

He asked me whether it was really correct that Japan has never amended its constitution in the 70 years since the end of World War II and has been defending the constitution imposed by the occupying power like a golden rule.

The question was very interesting because Eizo Nishi, a professor at the Hoover Institution, an American think-tank, expressed openly the back-story of the enactment of the Japanese Constitution, which he had found among the vast amount of materials lying in the warehouse of the Hoover Institution.

お気軽にお問合せください

私たちは如何なる場合に於いても、人権に配慮した調査を実施しております。部落差別に関する調査は一切お受けすることが出来ません。また、ストーカー等犯罪に絡む恐れのある調査もお受け出来ません。

  • フォームからのお問合せ
  • 見積依頼

調査項目

  • 調査会社の会長ブログ
  • 調査会社の社長ブログ
  • 調査員の採用情報
  • 暴力団排除宣言
  • 法令遵守宣言
  • グローバルサイン認証サイト SSL secured クリックして確認 GlobalSign byGMO