調査会社の会長ブログ【松谷廣信】

調査会社の会長ブログ

デフォルト画像

会長日記2021/02/18

推し 燃ゆ

 第164回 芥川賞。宇佐見りん の「推し 燃ゆ」が受賞。

毎回のことであるが、発表の翌月に発刊される 月刊文藝春秋に全文掲載されるのが常で、今回も2月10日発売の文藝春秋に掲載されていた。

 早速目を通したが、よく判らない。芥川賞は純文学で、文章の美しさと芸術性を重んじるらしいが、正直私のような雑文学愛好者には難しく感じられて、何時も芥川賞受賞作を読み切るには時間がかかる。直木賞受賞作のように、ひきつけられて一気に読んでしまうと云うことがない。でもどちらかと言えば、芥川賞の方が注目度が高く、もてはやされる感じがする。世の中には賢い人が多いんだな・・等と何時も感心する。

 「宇佐見りん」さんなんか未だ21歳。これを機に売れっ子作家になるのは間違いない。少々時間がかかっても、勉強の意味合いを持って、今後も発表作には目を通していこうと思うが、それにしても「推し」なんていう言葉があるのも今回はじめて知った。

 造語、新語、最近は分からない言葉が百花繚乱というか、正直若者言葉について行けないというのは勿論ながら、社内でごく普通に使われているカタガナ語もよく判らず、後でパソコンをたたいて理解するなどしょっちゅうである。

 「明日死ぬかのように生きろ、永遠に生きるかのごとく学べ」との言葉があるが、少なくともこの世を去るその瞬間まで、前を向いて学んでいこうと思う。

 別にそのように肩を張らずとも、人はみな学ぶことはやめられ無いだろうと思う。だってそのように造られているらしい・・・。

デフォルト画像

会長日記2021/02/09

懲りない面々

懲りない面々って本当に居るんだね?って言うか、大体人間って懲りずに同じことを繰り返すよね・・・。二度とこんなことはするまい。絶対にこんな失敗はするまい、等と何かあった直後は皆がそう思う。ところが、同じことを繰り返すのが人間なのだなー。

で、やはりこの人も、どうも懲りていないらしい・・。過去に1・2回このブログで紹介したことが有るが、驚くばかりの経歴書。

氏名  山中太郎  生年月日、昭和52年◎月◎日生

 現住所  大阪市北区・・・・

 学歴   年3月   開成高等学校  卒業

       年3月   東京大学法学部 卒業

       年4月   大蔵省入省

       年10月  国費留学にてハーバード大学大学院(ロースクール)入学

       年9月      同校卒業  帰国 大蔵省復帰

       年4月    大蔵省退職 同時に三菱商事㈱ 入社

  以後、一流企業の要職を歴任し、現在は外務省の特別通訳をしている、との履歴書を某企業に   提出。

書類選考ー合格  一次面接ー合格  二次面接ー合格

弊社に調査依頼

調査結果  3日後ー不合格(採用不適当)

 

何故か・・・・履歴はオール出鱈目。氏名、年齢、現住所以外は全て詐称されたもので、実際は高校卒業後一度もまともに勤めたことは無く、親のすねかじりでパート、アルバイトを転々としている人物であった。

しかし、今の世の中、この結果を導き出すのに調査員はいかに悪戦苦闘したことか・・おさっし下され。

実はこの御仁の履歴書がその後、2度弊社に送られてきた。全て採用前の調査依頼。凄い履歴であることに相違はないが、職歴は可成り違えている。ただ、東大法学部だけは外せないらしく、一貫して最終学歴は東大法学部卒。

ところがまたまた、この御仁の調査依頼が入った。やはり東大法学部卒。但し、高校は灘校卒となっていた。

調査の結果判った事ではあるが、このお方、最終職歴先は実際に中堅企業の部長職で約10ケ月勤務していた。10ケ月もよく勤めれたものだと思うが、事実勤めたのは間違いない。しかし、流石に周囲から、ちょっとおかしいとの声がささやかれ、社内調査の結果、履歴詐称と数百万円の横領が発覚したという。

(告 知)

会社の採用担当者に申し上げる。

開成高校から東大法学部卒、灘高校から東大法学部卒にはくれぐれもご注意有れ。

People who are not disciplined

There really are people who never learn, aren’t there? I mean, people usually repeat the same thing without learning…. I’ll never do this again. Right after something happens, we all think, “I’ll never make such a mistake again. However, it is human nature to repeat the same thing.

So, it seems that this person has not learned his lesson…. I’ve mentioned him once or twice in this blog in the past, but his resume is just amazing.

Name: Taro Yamanaka Date of birth: ◎◎, 1977

Current address, Kita-ku, Osaka City: ・・・・

Education: Graduated from Kaisei Senior High School in March 2000.

Graduated from University of Tokyo, Faculty of Law, March 2000.

Joined the Ministry of Finance in April 2000.

Entered Harvard University Graduate School of Law (Law School) as a government-sponsored student

Returned to the Ministry of Finance.

Retired from the Ministry of Finance and joined Mitsubishi Corporation

Submitted a resume to a certain company stating that he has held important positions in leading companies since then and is currently working as a special interpreter for the Ministry of Foreign Affairs.

Application screening – Passed First interview – Passed Second interview – Passed

Request for investigation by us

Investigation result 3 days later – Rejected (not suitable for employment)

For some reason, the ・・・・ history is all horseshit. Except for his name, age, and current address, he had never had a real job after graduating from high school, and had been working part-time and part-time after his parents.

In fact, he had never had a real job after graduating from high school.

In fact, this man’s resume was sent to us twice after that. All of them were requests for investigation before hiring. There is no doubt that he has an impressive resume, but his work history is quite different. However, it seems that the only thing he can’t get rid of is his law degree from the University of Tokyo, and his final education has been consistent.

However, I received another request to investigate this person. He also graduated from the University of Tokyo Faculty of Law. However, his high school education was Nada School.

As a result of the investigation, I found out that he had actually worked as a general manager at a medium-sized company for about 10 months. 10 months is a long time to work for a company, but I am sure he did. However, the people around him said that there was something wrong with him, and as a result of an internal investigation, he was found to have falsified his work history and embezzled several million yen.

(Notice)

I would like to make a statement to the person in charge of hiring at the company.

Please be careful of graduates from Kaisei High School and the University of Tokyo Faculty of Law, and graduates from Nada High School and the University of Tokyo Faculty of Law.

デフォルト画像

会長日記2021/01/29

訃報

訃報って突然くるんだよなー。特のこの一年はコロナ禍という事もあって、年に数回定期的に開かれていた会合も全てストップになっており、長年の知人友人とも会う機会はぐんと減っている。そういう事から情報不足になりがちと云う事もあるが、ビックリの訃報が突然来る。エッ、何で、そんなバカな・・?と云う感じ・・。

特にこの年になると、友人知人の大半が高齢者という事もあって、冬場には突然の訃報を聞くことが多くなる。

今日もそういう事で、今晩お通夜、明日葬儀ということであるが、人生って何なのかな?などと少し感傷的なってしまう。

功成り名を遂げた人ではあるが、全てを残し一人あの世に旅立つ。誰もがそうであり、人は必ず死を迎えるが、何故か理不尽を感じてしまう。

次の世では、この世で味わえないような素晴らしい霊生の世がまっている様ではあるが、それを感じるのは仮の自分(現世の自分)ではなく、真の自分(霊魂)であり、現世で自覚している自分では無さそうである。

スピチュアルな世界は生半可な勉強では、迷が深まるばかりで、丹波哲郎の様にはいかないが、この世で生きるための糧になるくらいは学んで行きたいとも考えており、最近は「神との対話、上・中・下」(ニール・ドナルド・ウオルシュ)を繰り返し目を通しているが、眠り薬にはなるが理解には程遠いといった段階である。芦原瑞穂の「黎明」なども読むには読んだが、ただ読んだだけでサッパリ理解できない世界である。ただ、今後も興味だけは持ち続けて行くような気がしている。

 

obituary

The news of his death came suddenly. Because of the Corona disaster, all the meetings that I used to hold several times a year have been stopped, and the opportunities to meet with long-time acquaintances and friends have been greatly reduced. This is partly because I tend to lack information, but also because of the sudden news of his death. I was surprised to hear the news of his death. Especially at this age, the number of deaths of friends is increasing.

Especially in my age, most of my friends and acquaintances are elderly, and I often hear the news of their deaths in winter.

This is the case today, too, with a wake tonight and a funeral tomorrow. It makes me feel a little sentimental.

A person who has achieved great success leaves everything behind and goes to the other side alone. It’s the same for everyone, we will always die, but somehow I feel it’s unreasonable.

In the next life, there seems to be a wonderful world of spiritual life waiting for us that we cannot experience in this world, but it is not our temporary self (this life’s self) that feels it, but our true self (spirit soul), and not the self that we are aware of in this life.

If I study the spiritual world half-heartedly, my confusion will only deepen, and I will never be like Tetsuro Tanba, but I would like to learn enough to live in this world, and recently I have been reading through “Conversations with God, Upper, Middle, and Lower” (Neale Donald Welsch) repeatedly. But I am still far from understanding it. I have also read “Reimei” by Mizuho Ashihara, but it is a world that I cannot fully understand just by reading it. However, I have a feeling that I will continue to have an interest in this world.

デフォルト画像

会長日記2021/01/12

新年の挨拶

新年あけましておめでとうございます。

初出勤時に更新するのが例年の事でしたが、今年は何故か一週間遅れとなってしまいました。特に何か理由がある訳ではない。ただ単に更新しなかっただけ・・・。

これが歳なのかな?。そんなことを云うから歳なのだ・・・、

そんなこんなで、これからはマイペースでやって行こうと思います。何とぞよろしくお付き合いの程を願います。

今年の大阪の元旦は天候に恵まれ、凛とした清々しい新年を迎える事が出来ました。ただ、コロナ禍の中、ステイホームという事で子供の里帰りもなく、妻と二人の静かな元旦でした。でも、これはこれで中々良いもの。2日3日はそれでも数名の来客があり、正月らしい楽しいひと時を過ごす事が出来ました。

今年は4日が月曜日という事もあって、4日初出となりましたが、出勤時の高速道路はガラガラ。一寸拍子抜けするほどのスムーズな出勤となりました。それこそ、今年一年がこの様なスムーズな年になればと願いますが、現実にはスタート時からコロナが猛威を振るい、関東1都3県、関西2府1県に再び緊急事態宣言がだされ、楽観を許さな状況にあります。ただ、2月にはワクチン接種も始まりそうですので、国民一人一人が感染防止に注力すれば、決して悲観することは無いでしょう。先々を予測して動く株式市場などは、逆にここ数年来の好況で推移しており、将来の明るさを予測したものとなっております。楽観は許されないがマスコミ報道にあおられることなく、最大のコロナ対策をしながら前を向いて積極的に活動して行けば、東京オリンピックもあることです。きっと良い年になるでしょう・・・。

くれぐれも今年一年、ご指導ご鞭撻の程よろしくお願いいたします。

今朝窓を開けるとこのような雪景色。

IMG_1641IMG_1638

 

New Year’s Greeting

Happy New Year to you all.

It has been my usual practice to update this page when I first arrive at work, but for some reason this year I’m a week late. There is no particular reason for it. I just didn’t renew it….

Is this how old I am? I’m old because I say so…

So, from now on, I’m going to do this at my own pace. So, I’m going to be doing this at my own pace from now on, and I hope you’ll keep in touch with me.

This New Year’s Day in Osaka was blessed with good weather, and we were able to welcome the New Year with dignity and freshness. However, it was a quiet New Year’s Day for me and my wife, as we were in the midst of the Corona disaster and my children did not return home because we were in a stay home. We still had a few visitors on the 2nd and 3rd, and we had a good time as if it was the New Year.

This year, the 4th was a Monday, so I started my first day of work on the 4th, but the highway was empty when I left for work. It was a smooth ride to work. However, in reality, corona has been rampant since the start of the year and an emergency state has been declared again in the Kanto region and two prefectures in the Kansai region, so the situation does not allow for optimism. However, vaccinations are expected to start in February, so there is no need to be pessimistic as long as each and every citizen focuses on preventing infection. The stock market, for example, which moves in anticipation of the future, on the contrary, has been booming for the past several years, predicting a bright future. Although there is no room for optimism, if we look forward and work proactively while taking the greatest possible measures against coronary heart disease without being overwhelmed by media reports, we will have the Tokyo Olympics. It will be a good year….

I would like to ask for your guidance and encouragement for the rest of the year.

When I opened the window this morning, I saw a snowy scene like this.

デフォルト画像

会長日記2020/12/16

西国三十三箇所、12.13.14番札所

12日土曜日、西国三十三箇所、12.13,14番札所をお参りしてきた。結構順調にまわれているが、未だ3分の1。のんびりと一年かけて達成出来たらくらいの思いで、健康に気を付けながらゆっくりと巡ることにしよう。

 

12番札所、正法寺(岩間寺)

静寂に包まれた境内には、日本一の桂の大樹群、芭蕉の池、雷神爪堀湧泉等があり、歴史と自然が共存する。東海自然歩道も通り、四季折々の自然が楽しめる山寺。ご本尊は、三重のお厨子に納められている御丈十五センチの千手観音で、”雷除け観音””汗かき観音””厄除け観音””ぼけ封じ観音”と呼ばれている。 雷が爪で掘った雷神爪堀湧泉は”不老長寿の水”と呼ばれ、健康長寿ぼけ封じを願う参拝者も多く訪れる。

御詠歌  みなかみは いづくなるらん いわまでら きしうつなみは まつかぜのおと

宗派、真言宗醍醐派   開基 泰澄大師  御本尊 千手観世音菩薩
創建、、養老6(722)年 IMG_1535

IMG_1538

IMG_1539

IMG_1541

IMG_1542

 

IMG_1543

 

IMG_1545

 

IMG_1546

IMG_1547

 

13番札所、石山寺

天下の名勝真言宗石山寺は、山号を石光山、寺号を石山寺と言い、大津の南端、清流瀬田川の畔、伽藍山の麓に位置しています。西国第十三番の札所であり、奈良時代からの最古の歴史と伝統を持つ霊山です。

御詠歌  後の世を 願うこころは かろくとも ほとけの誓い おもき石山

宗派 東寺真言宗  開基 良弁僧正  御本尊 如意輪観世音菩薩
創建 天平19(747)年

 

IMG_1548

IMG_1553

IMG_1549

IMG_1551IMG_1552

IMG_1554

IMG_1573

 

14番札所、三井寺

園城寺(三井寺)は、天台寺門宗の総本山で、古くから日本四箇大寺の一つに数えられています。

御詠歌  いで入るや 波間の月を 三井寺の 鐘のひびきに あくる湖

宗派 天台寺門宗(総本山)  開基 大友与多王  御本尊 如意輪観世音菩薩
創建 朱鳥元(686)年

 

IMG_1575

IMG_1578

IMG_1579IMG_1580

IMG_1596

IMG_1597

IMG_1599

IMG_1600IMG_1601

 

我が家の広太郎、お正月を迎えるために美容院へ行ってきました。

IMG_1529IMG_1532

 

Nishikuni 33, 12.13.14

On Saturday the 12th, I visited the number 12, 13 and 14 of the 33 temples in the western part of Japan. I’m still a third of the way there, so I’ll take it easy and hope to complete it in a year, taking care of my health as I go.

The 12th temple, Shobouji Temple (Iwama Temple)

In the quiet precincts of the temple, there are the largest group of Katsura trees in Japan, Basho’s pond, and the Raijin tsumebori spring, where history and nature coexist. The Tokai Nature Trail passes through the temple, and visitors can enjoy nature in all four seasons. The main deity of the temple is the 15-centimeter tall thousand-armed Kannon (Goddess of Mercy), which is housed in a three-storied kitchen. It is also called “Kannon to ward off thunder,” “Kannon to stop sweating,” “Kannon to ward off evil,” and “Kannon to ward off blur. The Raijin tsumebori spring, which was dug by a thunderbolt with its claws, is called the “water of longevity” and is visited by many people who wish for good health and longevity.

Gohonka (poem): Minakami wa izunareran, Iwadera, Kisitsuunami wa matsukaze no otoko

The founder of the Daigo sect of Shingon Buddhism, Taicho Taishi, the principal image of the temple is the thousand-armed Kannon Bodhisattva.
Founded in 722 (Yoro 6)

Number 14 temple, Mitsui-ji Temple

Sonjoji Temple (Mitsui Temple) is the head temple of the Tendai Teramon sect of Buddhism, and has long been one of the four great temples of Japan.

A poem about the moon between the waves and the sound of the Mitsui temple bell.

Tendai Teramon sect (head temple) Founder: Otomo Yotao Main deity: Ringu Kannon Bosatsu
Founded in the year 686

Our Kotaro went to the hair salon to get ready for the New Year.

お気軽にお問合せください

東京03-6661-9138大阪06-6313-0110

私たちは如何なる場合に於いても、人権に配慮した調査を実施しております。部落差別に関する調査は一切お受けすることが出来ません。また、ストーカー等犯罪に絡む恐れのある調査もお受け出来ません。

  • フォームからのお問合せ
  • 見積依頼

調査項目

  • 調査会社の会長ブログ
  • 調査会社の社長ブログ
  • 調査員の採用情報
  • 暴力団排除宣言
  • 法令遵守宣言
  • グローバルサイン認証サイト SSL secured クリックして確認 GlobalSign byGMO

トップへ戻る