調査会社の会長ブログ【松谷廣信】

調査会社の会長ブログ

デフォルト画像

プライベートな話2013/10/02

隠岐諸島がジオパーク認定

先般隠岐諸島が世界ジオパークに認定された。じぇじぇじぇ!!。日本国内では6ケ所目の認定と云う。

隠岐は日本海ができる過程を物語る岩石や地層があり、火山活動によるカルデラの地形が見られる。離島で独自に進化した生態系に加え、後醍醐天皇ら要人の島流しの他、日本交易の要所として培われた文化にも接することができる。(朝日新聞記事より)

昨年は、観光戦略などの情報不足を指摘され認定が見送られたが、今年は隠岐諸島の3町1村が一帯となってジオパーク認定に取り組み日の目を見たもので、万々歳である。しかし、隠岐そのものはそんなに燃えている訳では無さそうで、全般的にはじっくりと取り組もうとしている様な感じであった。

デフォルト画像

プライベートな話2013/09/25

釣り三昧

先週1週間は隠岐で魚釣り。小舟に乗って一人荒海に漕ぎ出すのである…等と書き出すと、一寸情緒的な事を書きたくなるので止めるが、思っていたほど釣りは簡単ではない。魚が喰えば誰でも結構釣れると思うが、魚の居るポイントを探すのが容易でない。

昨日釣れた場所で今日釣れるとは限らない。また、狙う魚によって場所が全て違う。海は広いし大きい、その大海の何処に舟を浮かべるかで釣りの成果は決まるようなもの。

私など未だ全くの手さぐり状態であるが、それでも船にはGPSと魚探を着けているので、ヤマダテ(山の3点を結んで位置を決める)が出来なくても、ある程度は何とかなる。ただ,

ただ、今のところは何を狙うのでは無く、喰った魚を釣り上げるだけ、と言った感じで、何でも良いから釣れると嬉しい・・・・。

とは言いながら、やはり大物が釣れると喜びもひとしを・・・。で、何が言いたいかと言うと、小生が一人船を漕ぎ出し、大型の超高級魚、カナを釣り上げたのである。万歳・・ばんざーい・・バンザーイ!!

1.7キロのカナ。まな板からはみ出ているのをご確認あれ・・・。

IMG00511

IMG00509

IMG00513

デフォルト画像

プライベートな話2013/03/22

頑張れ隠岐の海

 昨日21日(木)、「隠岐の海」の応援に行ってきた。良かったね・・何時もだと、そのまま・・・というところをよく残し、真っ向勝負の押し相撲、最後がぶり気味に押し出す姿はあっぱれの一語であった。

 10勝2敗は、白鳳に次いでの優勝候補。隠岐から大相撲の優勝力士が出るなど、想像だにした者は居ないのでは・・・。本人は、先ずは10勝と、控えめであるが、本当はそれではダメ。 優勝を決意したものだけが優勝できるのだ!!・・・何がなんでもガンバレ・・・。

 不世出の大横綱、双葉山の言葉にこんなのがある、「横綱になろうと決意したものだけが横綱になれるのだ」。 全くそうだ・・・、先ずは思うことである、そして、思ったことを信念にまで高めれれば、必ずその思いは成就する。

 

デフォルト画像

プライベートな話2012/04/20

関西隠岐人会総会(隠岐の国の広場)

4月15日(日)、第8回関西隠岐人会総会(隠岐の国の広場)が大阪の太閤園で大々的に開催された。

関西隠岐人会は、関西在住の隠岐の島出身者の懇親と少しでも郷里のお役に立てれば、との思いで結成された集まりである。2年に1度総会を開いており、設立して16年になる。

前回の時は会長職を仰せつかっていた為、何かと大変で、自分が楽しむ余裕までは無かったが、今回は相談役と云う気軽な身分での参加であった為、十二分に懇親を楽しむことが出来た。

何時もの事ながら、隠岐と云えば民謡。会員の中にも芸達者が多く、プロの芸能関係者を呼んではいるが、民謡が始まると玄人はだしの会員が舞台下で踊りだし、何時の間にか舞台の中央にしゃしゃり出ている光景も珍しい事ではない。

 

隠岐人会 003

歌うは小生の同級生、海士村代表

隠岐人会 004

隠岐人会 005

知夫村出身のおっつあん、超芸達者、玄人はだしとはこの人のこと。

隠岐人会 006

 

隠岐人会 007

歌うは知夫村の教育長。

隠岐人会 008

島後の御仁のにわか?、相撲とり節で踊りだしたところ・・・。

隠岐人会 009

黒田節を朗々と歌う御仁

隠岐人会 011

やすぎ節、歌い手と踊り手は親子とか、はてどちらがどちら・・・。

隠岐人会 012

プロの民謡・・・。

隠岐人会 013

隠岐人会 014

大川端の桜並木

隠岐人会 017

 

デフォルト画像

プライベートな話2011/05/06

その後の廣太郎

長い長いゴールデンウイークが終盤に差し掛かって来た。弊社は暦通りで、今週は2日と6日が出勤であるが今ひとつ調子が出ない。

小生の頭の中には、休日は「働く為の英気を養う為にある」との観念があるが、最近は必ずしもそうでは無く、休みに確り英気を消費し、会社で休みの為の英気を養う、と云うパターンの人が増えているようである。

これも時代の流れ・・・昭和の働き蜂はただ消え去るのみか?。

ただ、こうした流れとは全く逆に、安月給でサービス残業をフルに遣らされ、しかも正社員には成れず、準社員とか契約社員とか呼び名が違うだけで仕事は正社員と全く同じ、などと云うケースもあり、疲労困憊と云う若者も多く居るようである。

ある意味、何時の時代も千差万別である。ただ、何となく平成の労働者よりは小生が知る昭和の労働者のほうが何かと恵まれ充実していた様な気がしてならない。

それに比べ犬の社会は恵まれたもの。自然法則順従で、我が家のコウタロウなどそれはそれは自由奔放である。それ故か、成長も目覚しく驚くばかりである。

平成23年1月3日生まれで、未だ4ケ月の赤ちゃんにも関わらず、日々成長し、我が家に来て2ケ月足らずであるがこのたくましさ・・・ごらんあれ!。

何でも興味しんしんのコウタロウ、

コウタロウ 012_t

寝起きのコウタロウ

コウタロウ 016_t

コウタロウのひらき。全くの無防備・・・・

コウタロウ 014_t

散歩前の晴れ姿。準備万端・・・・

コウタロウ 015_t

庭は私のもの・・・・

コウタロウ 001_t

 

コウタロウ 003_t

妻が丹精込めて作っている花は僕の遊び道具・・・

コウタロウ 005_t

コウタロウ 006_t

コウタロウ 007_t

コウタロウ 008_tコウタロウ 009_t

コウタロウ 010_t

畑も一寸いじってみよう・・・

コウタロウ 011_t

 

お気軽にお問合せください

私たちは如何なる場合に於いても、人権に配慮した調査を実施しております。部落差別に関する調査は一切お受けすることが出来ません。また、ストーカー等犯罪に絡む恐れのある調査もお受け出来ません。

  • フォームからのお問合せ
  • 見積依頼

調査項目

  • 調査会社の会長ブログ
  • 調査会社の社長ブログ
  • 調査員の採用情報
  • 暴力団排除宣言
  • 法令遵守宣言
  • グローバルサイン認証サイト SSL secured クリックして確認 GlobalSign byGMO