調査会社の会長ブログ【松谷廣信】

調査会社の会長ブログ

デフォルト画像

プライベートな話2009/08/25

天風会 香里賛助会

今度、財団法人天風会本部主催の講習会を香里賛助会で実施する事にしました。

天風会の講習会と云うのは戦前から営々として続けられており、天風先生が説かれた「心身統一法」の根幹、
基礎を教える講習であります。先生ご存命中は東京・京都・大阪・神戸等の各地で毎月開催されていたもので、
熱心な会員になると毎月欠かす事無く参加していたと云われます。

初日が公開講演、2日目、観念要素の更改法。3日目、積極観念の養成法。4日目、神経反射の調節法。5日目、精神生命の使用法。
と決まっており、特に新たな事を説く訳ではないが、毎回同じ話を聞きに行くのである。何故そんなに同じ話しを何回も聞くの・・?、
普通の人は少し不思議に思うかも知れないが、天風会員に取っては当たり前のことである。何故なら、その度毎に新たな気づきがあると同時に、
何回も何回も聞くことにより、徐々に徐々に教えが身についてきて、それが習い性となり、心身統一法が自然と日常生活に組み込まれ、
何時も明るく、元気に、活き活きと積極的な生き方ができるようになって来るからである。

その基礎的な講習会を、以下の要領で、香里天風会館で開催する事になりました。もしこのブログを観て、
ご興味を持たれた方は是非一度参加してみて下さい。きっと何か得るものがある筈です。もしかしたら人生が変わるかも・・・。

 


財団法人天風会 香里賛助会


講演会・講習会のお誘い

 


人間、何のためにこの世に生まれてきたのか?


命とは・・、健康とは・・、幸福とは・・、


そんな事を今一度一緒に考えて見ませんか。

 


人間は、本来生まれながらにして、価値高く、明るく、元気に、勇ましく、
活き
活きと幸福に生きられるよう出来ています。
ところが、どうしたら「価値高い人間
として幸福に生きられるか
という具体的な方法を知らないために、折角の貴重な
人生を悩んだり、
病気で苦しんだりしている人が多いのではないでしょうか。
天風会は、
人は如何に生きるべきか、その方法を科学的に組織体系化してお伝え
している会であります。


今回、東京本部より講師をお呼びして公開講演会を行ないますので、一度そのさ
わりの話を間いてみませんか。

 


●公開講演会


日時  平成
21年9月20
(日) 13:00?15:00


テーマ 「真人生に活きる」 講師 服部嘉夫


会費  無料


●講演会  平成
21年10月25日
(日) 13:00?16:00


テーマ 「観念要素の更改法」、「積極観念の養成法」 講師 大久保信彦


会費  会員 無料  一般 
1.000


●講演会  平成
21年11月29日
(日) 13:00?16:00


テーマ 「神経反射の調節法」、「精神生命の使用法」 講師 宮井芳行


会費  会員 無料  一般 
1.000


財団法人天風会は、故中村天風哲人がビマラヤ山脈の麓でヨーガの修行を積み、死病を克服し、波瀾万丈の人生を基に考案した「心身統一法」
と「天風哲学」を学び行修する人の集まりです。 

 


財団法人天風会香里賛助会


住所 寝屋川市東香里園町18?13
(藤田記念・
香里天風会館
2)


電話 
072
831
0138
(
毎日曜日午前中)


072
833
5675
(
連絡先 松谷)

 

We have decided to hold a seminar hosted by the Tenpukai Foundation at the Kori Support Society.

The seminars of the Tenpukai have been going on since before World War II, and are the basis of the “Unification of Mind and Body Law” preached by Dr. Tenpou.
This is a course that teaches the basics. When he was alive, it was held every month in Tokyo, Kyoto, Osaka, Kobe and other places.
Enthusiastic members say they attended every month without missing a beat.

The first day was a public lecture; the second day, the reformation of the ideational elements; the third day, the cultivation of positive ideation; the fourth day, the regulation of the neural reflexes; the fifth day, the use of the spiritual life.
I don’t preach anything new, but I go to hear the same story every time. Why do you keep hearing the same thing over and over…? and
Ordinary people might think it was a bit strange, but to a member of Heavenly Wind, it was a natural thing to do. Because each time, there is a new realization, and at the same time
By listening to the teachings over and over again, the teachings will gradually become part of your daily life, and the mind-body unification method will naturally be incorporated into your daily life.
This is because we can live a positive life with cheerfulness and vigor at all times.

It is decided to hold a basic seminar at the Kori Tenpou Kaikan as follows. If you’re reading this blog.
If you are interested, please give it a try. I’m sure there’s something to be gained here. Maybe it will change your life…

Tenpukai Foundation

Invitations to Lectures and Seminars

デフォルト画像

プライベートな話2008/09/30

天風会香里賛助会

日曜日、天風会香里賛助会の講習会を開催。
50名を目標としていたが宣伝不足で40名の参加に止まり、人数的には少し寂しいものがあった。ただ、
内容はそれなりに良かったのでは無いかと自画自賛している。

天風会の講習会は、天風先生が考案した
心身統一法」、命の生かし方、心身一如
(人間本来の面目)の生き方を、科学的、医学的に組織体系化された方法を、勉強する会であり、公開講演を含め5回シリーズで実施。

初回が公開講演で、後、「観念要素の更改法」「積極精神の養成法」
「神経反射の調節法」「精神統一法」
と5回に分けて行う事としている。

今回は公開講演で、今回は東京より財団法人天風会の池田専務にお越し頂き、心身統一法の概論を、
運命は己で開くもの」と題し、自らの癌克服の経験を交えてご講義頂いくことが出来た。会員の他、
初めての方も10数名居られたが、具体的で非常に判りやすくお教え頂く事ができ、参加者の皆が、
後4回の講習会も是非参加しようとの意を強くしたものと確信することが出来た。

それはそれで万々歳であったが、今朝、日経新聞を見て愕然。朝の楽しみにしていた新聞小説、
北方謙三の「望郷の道」が、突然、
高樹のぶ子の「甘苦上海」に変わっている。
アレ、新聞間違えたかな・・、一瞬目を疑った。ところが間違いなく日経である。アレ、何で、そんなバカな、
色々考えながら昨日の新聞を引っ張り出してよくよく見ると、「」となっている。ムム・・、
望郷の道」、確かに所払いとなり台湾に渡っていた主人公の「瑠瑋」と「正太」
は、所払いをとかれ九州に足を踏み入れたが、何でここで「完」。そりゃ何ぼなんでも北方さん
殺生でっせ。前編のクライマックスに一区切り打ち、これから本番と楽しみにしていた小生にとっては、正に青天の霹靂。今、
通勤用のカバンの中には、貴方のハードボイルド、「いつか友よ
が入っているが、「竜」と「圭太郎」を刺客として差し向けたくなった・・・

On Sunday, a seminar was held for the Tenpukai-Kori Support Group.
We had planned to have 50 participants, but the number of participants was limited to 40 due to lack of publicity, so it was a little disappointing for the number of participants. Just…
I think the content of the film was quite good, and I am proud of it.

Tenpukai’s lectures were devised by Professor Tenpukai.
The unification of mind and body, the way to live life, the mind and body are one.
It is a group to study the scientific and medical systematic way of living (human nature’s way of looking at things), and is held in a series of five times, including a public lecture.

The first lecture was a public lecture, followed by “Reforming the Conceptual Elements” and “Cultivating the Positive Spirit”.
It will be divided into five sessions: “Regulation of neural reflexes” and “Mental unification”.

This time, we had a public lecture by Mr. Ikeda of the Tenpukai Foundation from Tokyo, who gave an overview of the Psychosomatic Unification Act.
He gave a lecture titled “Destiny is what you open yourself” and shared his own experiences of overcoming cancer. In addition to the members’
Although there were more than a dozen first-timers, we were able to teach them in a very concrete and easy-to-understand manner, and all the participants were very pleased with the results.
I was convinced that I would like to participate in the next four seminars as well.

It was all right, but this morning, I saw the Nikkei newspaper and was appalled. A newspaper novel I’ve been looking forward to in the morning.
Suddenly, Kenzo Kitakata’s “The Way of Homecoming,
It’s turned into “Ganga Shanghai” by Nobuko Takagi.
I couldn’t believe my eyes for a second, maybe I got the wrong newspaper. However, it is definitely the Nikkei. Why are you doing this?
While thinking about it, I pulled out yesterday’s newspaper and looked at it carefully, and found it to be “Kan”. Mmm…
The Way of Homecoming, the protagonist “Ruwei” and “Shota”, who had indeed crossed over to Taiwan to be paid in place
I’m not sure why, but I’m not sure what to do. No matter how you look at it, Mr. Kitagata.
You’re a dead man. After the climax of the first part, it was a bolt out of the blue for me, who had been looking forward to the real show. Now.
In your commuter bag, your hard-boiled, “Someday Friend
I wanted to point out “Ryu” and “Keitaro” as assassins.

デフォルト画像

プライベートな話2008/09/25

天風会香里賛助会 講習会

来週日曜日(28日)は、小生が代表を務める財団法人天風会香里賛助会の講習会(13時から15時迄)
の公開講演が開催される。

講師は財団の池田忠一専務で、
演題は「運命は己で開くもの
(天風教義とは、闘病体験を通して)。

会場は、寝屋川市東香里園町18?13香里天風会館2階である。収用人員70名。
従って先着順であるが1人でも多くの方にお聞き頂きたく思っております。

紹介者も何もいりません。料金は無料。

もしかしたら人生が変わるかも・・・

詳細は、こちら→http://homepage3.nifty.com/tempukai-kori/

 

 

 

京阪電車「香里園駅」
下車 東へ約500m程 緩い上り坂 徒歩7?8分 点滅信号前

〒572-0081
大阪府寝屋川市東香里園町18-13
 財団法人
天風会 香里賛助会


藤田記念
香里天風会館
Tel : 072-831-0138 (日曜日午前中)

E-mail : tempukai-kori@nifty.com

Next Sunday (28th), the seminar of the Tenpukai-Kori Support Group, of which I am a representative, will be held from 3:00 p.m. to 3:00 p.m.
A public lecture on “The Future of Japan” will be held.

The lecturer was Tadakazu Ikeda, Executive Director of the Foundation.
The theme is “Destiny is what you open yourself up to.
(The Heavenly Wind Doctrine is a struggle through the experience of illness).

The venue is the second floor of the Kori Tenpou Kaikan, 18-13 Higashi Korien-cho, Neyagawa City. 70 people were expropriated.
This is a first-come, first-served basis, but we would like to hear from as many people as possible.

You don’t need a referral or anything. There is no charge.

Maybe it’ll change your life…

For more information, click here→http://homepage3.nifty.com/tempukai-kori/

Keihan Railway Koryoen Station
Get off the bus, about 500m to the east, gentle ascent, 7 or 8 minutes walk, before the flashing light.

572-0081
18-13, Higashi-Korizono-cho, Neyagawa-shi, Osaka, Japan
incorporated foundation
Tenpukai-Kori Support Group

(Fujita Memorial)
(Inside Kari Tenpou Kaikan)

Tel : 072-831-0138 (Sunday morning)

E-mail : tempukai-kori@nifty.com

デフォルト画像

プライベートな話2008/09/02

天風会

先週土曜日(30日)、東京の市ヶ谷アルカディア私学会館で財団法人天風会の理事・講師と賛助会代表の連絡会が開催され、
香里賛助会代表として参加してきた。

13時30分から18時30分まで5時間に及ぶ長時間の会議であったが、志を同じくする者の集まりだけに、
和やかな中にも凛としたものを感じる気持ちの良い会合であった。

参加者は40数名、発言を一人3分にしても2時間は優に必要であり、意見を出し合い議論するまでの時間はないが、不思議なもので、
一人ひとりが勝手に意見を言うが、それだけで十分に論議を尽くした形になるのを強く感じた。 普通、
業界や社内の会議などでは少人数であっても、皆が勝手なことを言い出すと、少々時間があっても纏まらないが、
何故かそれぞれの意見を聴くだけで不思議と皆が理解できる感じがあり、真に志を同じくする者の素晴らしさを強く感じた会合であった。

翌日曜日は東京賛助会の日曜行修会に参加。東京の日曜行修会は護国寺の境内、忠霊堂を会場としており、
参加者も90名近い盛況なものであった。指導者は毎日曜日の事ゆえか非常に手馴れたもので、テキパキと指示し、修練はスムーズに進行、
会場内も和やかな雰囲気に包まれ、気持ちよく、香里とはまた一味違った良い修練が出来た。

Last Saturday (30th), a liaison meeting of the directors and lecturers of the Tenpukai Foundation and representatives of the supporting organizations was held at the Arcadia Arcadia Private Institute in Ichigaya, Tokyo.
I participated as a representative of the Kagawa support group.

It was a long meeting, lasting five hours from 13:30 to 18:30, but it was a gathering of like-minded people.
It was a pleasant meeting with a sense of dignity in the midst of harmony.

There were more than 40 participants, and even if each person spoke for 3 minutes, it was still 2 hours, so there was no time to exchange opinions and debate, but strangely enough.
Each person has his or her own opinion, but I felt strongly that it was enough to form a well-discussed form. Usually.
Even if there are only a small number of people in the industry or in a company meeting, if everyone says something of their own accord, even if there is a little time, it will not be a problem.
For some reason, just by listening to each other’s opinions, there was a sense that everyone could understand each other, and I strongly felt the splendor of a truly like-minded person at this meeting.

On the following Sunday, I participated in the Sunday meeting of the Tokyo support group. The Sunday Goshukai in Tokyo is held in the precincts of Gokokuji Temple, Churyeido.
Nearly 90 people participated in the event. The leader was very familiar with every day of the week, and gave quick instructions, and the practice progressed smoothly.
The atmosphere in the hall was very friendly and pleasant, and it was a different kind of training from Kari’s.

 

デフォルト画像

プライベートな話2008/02/08

隠岐の島

我が郷里、「隠岐の島」が最近新聞紙上を賑わしている、
と云うほど大げさではないが時々記事になっている。良きにつけ悪しけにつけ郷里の事は気になるもの。

その1、 隠岐水産高校のこと。水産高校を卒業しても船に乗れない、
水産関係の仕事にも就けない。男の仕事と意気込んで入学した水高生の夢が叶えられない・・。 それを嘆く高梨校長(私の親戚)
の話しが記事になっていた。それもそのはず、今の商船は、士官以外はオール外国人(東南アジア人)で締められている。

その2、 知夫村のこと。知夫村は島前に位置する一つの小さな島で、
人口800人弱という過疎村である。ところが近年、狸が異常繁殖、何とその数2千匹、人間よりも遥かに多くなっているという。それ故、
狸は大威張りで我がもの顔で農作物を食い漁り、この世の春を謳歌しているらしい。ところが反対に、村民は大変な被害を被り、
村長以下全島民が頭をつき合わせて、その対策を練ったとのこと。 結論は「駆除」、
ところがその事を知った動物愛護団体など全国の心優しい博愛者から「駆除などもってのほか・・」と非難ごうごう、1日2・
3本しか鳴らなかった役場の電話が鳴りぱなし状態と相成り、村長以下島民皆がまた頭を抱えた。結論は
「防護柵で狸と人間の住み分けをし共存を図る」となったとか。
狸村の村会がどう決まったかは報道されていないが何となく落ち着くところに落ち着いた感じではある。しかし、小生は可也心配している、
そうは問屋が卸すまいと・・・。

その3、 西ノ島(私の生まれた里)のこと。 西ノ島の孤島に妖怪、ゲゲゲの鬼太郎の、
「ネズミ男」が住んでいるとの報道。岩肌が「ネズミ男」そっくりで、話題をよんでいるらしい。産みの親の「水木しげる」も、
「これぞまさにねずみ男」と大喜びとか・・。西ノ島にまた一つ観光名所が増えそう・・。何とも喜ばしいことである。

My hometown, “Oki Island”, has been making a lot of headlines recently.
It’s not that big of a deal, but it’s been written about from time to time. For better or worse, we are always concerned about our hometown.

No.1, the Oki Fishery High School. You can’t go on a boat after graduating from fishing high school.
I can’t even get a job in the fisheries industry. The dream of a water high school student who entered the school with a man’s job and enthusiasm cannot come true. Principal Takanashi (a relative of mine) laments it.
There was an article about As it should be, the merchant ships are now closed to all foreigners (Southeast Asians) except for the officers.

No.2, about Chio village. Chivu Village is a small island located in front of the island.
It is an underpopulated village with a population of less than 800 people. In recent years, however, raccoons have been breeding abnormally, numbering a whopping 2,000, far more than humans. Hence.
It is said that the raccoon raccoon is boastful and eats the crops with his own face and is celebrating the spring of the world. On the contrary, however, the villagers suffered a great deal of damage.
The mayor and all the people of the island worked together to solve the problem. The conclusion is “extermination.
However, when they found out about it, the animal welfare groups and other kind-hearted philanthropists all over the country criticized it, saying that it was out of the question.
The mayor of the village and all the islanders were once again in a state of distress because the town hall’s phone, which had only rung three times, had not rung. Conclusion.
It is said that the raccoon dogs and humans were separated by protective fences so that they could live together.
There was no news about the decision of the Raccoon Village meeting, but it seemed to have been settled. But I’m very concerned.
That’s not what wholesalers do…

Part 3: Nishinojima (my birthplace). On the isolated island of Nishinoshima, a monster, Gegege no Kitaro’s
It is reported that the “rat man” lives there. The rock’s surface resembles that of the “Rat Man” and is the subject of much discussion. His birth father, Shigeru Mizuki, was also
It’s just like “This is just a mouse man” and he’s overjoyed… There will be another tourist attraction in Nishinojima… What a joy!

お気軽にお問合せください

私たちは如何なる場合に於いても、人権に配慮した調査を実施しております。部落差別に関する調査は一切お受けすることが出来ません。また、ストーカー等犯罪に絡む恐れのある調査もお受け出来ません。

  • フォームからのお問合せ
  • 見積依頼

調査項目

  • 調査会社の会長ブログ
  • 調査会社の社長ブログ
  • 調査員の採用情報
  • 暴力団排除宣言
  • 法令遵守宣言
  • グローバルサイン認証サイト SSL secured クリックして確認 GlobalSign byGMO