調査会社の会長ブログ【松谷廣信】

調査会社の会長ブログ

デフォルト画像

カムイ・ウン・クレ

プライベートな話2015/09/29

9月の連休は隠岐の島。天気晴朗にして波静か。絶好の釣り日和であった。小生に取っては成果は上々。アマ鯛の2キロクラスを筆頭に大アジ、サバ、レンコ鯛、ハゲと魚種も豊富で大満足。また、夜は浜風が心地良く、本もそこそこ読めた。

手にした本が、僕の大好きな浅田次郎「おわらざる夏」、上中下の3巻からなる長編であったが、これが中々面白かった。その中に「カムイ・ウン・クレ」という言葉が出てくる。これは、北アイヌ人のなかで日常的に使われていた言葉とのことで、日本語に訳すと「神、われらを造りたもう」となるらしい。そして千島列島の最北端 占守島(シュムシュ島)の先住民が挨拶代わりに使っていた言葉とのこと。何かあると「カムイ・ウン・クレ」(神われらを造りたもう)。この言葉を発することにより、全てを許し全てを解決したようである。

「神われらを造りたもう」、何と素晴らしい言葉であろう。もしかしたら浅田次郎は、この言葉を使いたくてこの小説を書いたのかも・・・。

 

The consecutive holidays in September are in the Oki Islands. The weather is clear and the waves are quiet. It was a great day for fishing. For me, the results are good. I was very satisfied with the abundance of fish species such as 2kg class of red snapper, large horse mackerel, mackerel, red snapper, and hagfish. Also, the beach breeze was pleasant at night, and I was able to read a decent amount of books.

The book I got was my favorite book, “Owara Zaru Natsu” by Jiro Asada, which consists of three volumes (upper, middle and lower). In it, the words “Kamui un kure” come up. It is said that this word was used daily among the Northern Ainu people, and translated into Japanese, it means “God, let us create”. And it is said that the indigenous people of Urumori (Shumshu) Island, the northernmost island in the Kuril Islands, used this word as a greeting. If anything, it’s “Kamui-un-Kre” (Let God make us). By uttering these words, he seems to have forgiven everything and settled everything.

What a wonderful word, “God has made us”! Perhaps Jiro Asada wrote this novel because he wanted to use these words…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お気軽にお問合せください

東京03-6661-9138大阪06-6313-0110

私たちは如何なる場合に於いても、人権に配慮した調査を実施しております。部落差別に関する調査は一切お受けすることが出来ません。また、ストーカー等犯罪に絡む恐れのある調査もお受け出来ません。

  • フォームからのお問合せ
  • 見積依頼

調査項目

  • 調査会社の会長ブログ
  • 調査会社の社長ブログ
  • 調査員の採用情報
  • 暴力団排除宣言
  • 法令遵守宣言
  • グローバルサイン認証サイト SSL secured クリックして確認 GlobalSign byGMO

トップへ戻る