調査会社の会長ブログ【松谷廣信】

調査会社の会長ブログ

デフォルト画像

黎明、葦原瑞穂講演会

会長日記2015/10/14

11日の日曜日、待ちに待った葦原瑞穂の講演会が、エル大阪にて開催された。午前中、天風会香里賛助会の日曜行修を少し早めに切り上げ、女房と2人で急ぎ会場へ。12時40分着。開演は13時、私にとっては珍しいことで20分も前に会場に着いた。ところが、200名収容の会場は既に八割がた埋まっていた。しかも会場の雰囲気が、一般の講演会とは全く違う。私のような凡人でも、その会場の高レベルな波動を感じることが出来た。

 「黎明」(葦原瑞穂 著)と云う本に出合ったのは半年ほど前。「我とは何ぞや・・」、分かっているようでわからない。

 天風先生の誦句、心身の完成。「それ人の本体は肉身にもあらず、また心にもあらず。絶対にして不変また不朽不滅なる霊魂なり。然るに人の多くは、この荘厳なる消息を悟る能わず、徒に肉身または心を人の本体なりと思い惑う。そもや仮相は実相にあらず。またその本質の現れにもあらず。・・・・・・」と続く誦句は、完全に暗唱しており、何時でも何処でも口にできるが、それは単に云えるだけであって、悟りの領域には至っていない。

 私は、天風会に縁を持ち早や23年になる。ところが、教えの入り口である「我とは何ぞや」が判ったようでわかっていない。知識としては判っているが、本当のところは判っていない。そこで、恥をしのんで天風会講師の中で、この方ならと思う先生に、「はずかしながら・・」と真剣に問うてみた。すると、先生が、ちょっと難しいが、と前置きをして紹介してくれたのが、葦原瑞穂の「黎明」であった。

 黎明は上下2巻に分かれており、1巻2600円。安くはないが大枚をはたいて2巻購入。さっそくひも解いてみたが、ちょっとどころではない。この上なく難しい、全く判らない。1ページ読むのに30分を費やしても判らない。それでも、それでもと読み進む、すると少し判るところも出てくる。また読み進むと、引き込まれるところもある。ところが、こんな難しい本ばかり読んでいると、私の頭はストライキを起こす。そこで、浅田次郎を読み北方謙三を読む。従って2巻読み終えるのに半年ほどかかった。それも正直、目を通したというだけ。判ったのは、この著者、葦原瑞穂は普通の人ではないということ。もしかしたら大師と呼ばれる人の一人かも、ということ。そして、何時でも何処でも「普遍意識」と通じることができる人だということ。

 正直「黎明」は私の今のレベルではよく判らないが、葦原瑞穂講演会はよく判った。多分、先生は聴衆のレベルを瞬時に察知することができ、そのレベルに合わせて分かるようにお話しなさってくれるからだと思うが、講演内容は判りやすく、質疑応答も理解の域にあった。

 公演は13時から17時まで4時間。内2時間が講演で2時間は質疑応答に当てられた。この事でも判ると思うが、200名近い聴衆を相手に2時間の質疑応答の時間を設ける講演者など滅多に居るものではない。しかも、何を聞かれても逸らすことが無い。キチット正面で捉え、返答してくれていた。

 公演を聞き終えた感想は、天風先生がおっしゃっている事と同じだな、ということ。真理は一つ、永遠普遍の原理。表現方法は違うが、奥底に流れるものは一緒なんだな・・・と思った。これも至極当たり前のことで、今更何を・・と云われるでしょうが、改めてそう思ったと云うのが正直な感想である。

 そして、人生はポジティブに活き、何事も積極的(虚心平気)にとらえ、真と愛と調和の心で生き抜くよう努めなければならないと・・・。

 

On Sunday the 11th, the long-awaited lecture by Mizuho Ashihara was held at L-Osaka. I arrived at the venue at 12:40 p.m. The show opens at 1pm, which is unusual for me, and I got to the venue 20 minutes early. However, the venue with a capacity of 200 people was already 80% full. What’s more, the atmosphere of the venue was completely different from that of a regular lecture hall. Even an ordinary person like me could feel the high level of vibes of that venue.

It was about six months ago that I came across a book called “Reimei” (written by Mizuho Ashihara). I don’t know if I know what I am.

Teacher Tianfeng’s recitation, perfection of mind and body. The body of a person is not in the body, nor is it in the mind. He is the immutable and immortal spirit. However, many people do not understand this solemn disappearance, but only think that the body or mind is the body of the person. It’s not as if they were real. Nor is it in the manifestation of its essence. The chanting that follows is completely recited and can be uttered anywhere and at any time, but it is only said and has not reached the realm of enlightenment.

I have been associated with the Tenpukai for 23 years now. However, I don’t seem to have understood the beginning of the teaching, “What is Self? We know it as knowledge, but we don’t really know the truth. So, I felt ashamed and seriously asked the teacher who I thought would be the right person to teach at Tenpukai, “I’m sorry to say… He introduced me to “Reimei” by Mizuho Ashihara, which he said was a little difficult.

Reimei is divided into two volumes, one up and one down, for 2600 yen per volume. It’s not cheap, but I paid a lot of money to buy two volumes. I quickly unraveled it, but it’s more than a little. It’s so difficult, I don’t understand it at all, I could spend half an hour reading a page and still not understand it. Nevertheless, I continue reading, and as I do, some parts of the book become clearer. As you read on again, there are parts of the book that draw you in. However, when I read all these difficult books, my head goes on strike. So, I read Asada Jiro and read Kitakata Kenzo. Therefore, it took me about six months to finish reading the two volumes. It’s also honestly just a matter of looking through it. It turns out that this author, Mizuho Ashihara, is no ordinary person. Maybe he’s one of the people called “Grand Master”. And he is a person who can communicate with “universal consciousness” at any time and place.

To be honest, I don’t understand “Reimei” at my current level, but I understood the lecture by Mizuho Ashihara. I think it is because he is able to detect the level of the audience in an instant, and he spoke in a way that I could understand according to that level.

The performance runs for four hours from 13:00 to 17:00. Two hours were devoted to the lecture and two hours to the question and answer session. As you can see, it is rare for a speaker to have a two-hour question-and-answer session with an audience of nearly 200 people. What’s more, no matter what you ask, you don’t deflect. He caught Kichit in front and responded.

My impression after listening to the performance was that it was the same as what Mr. Amakaze said. The truth is one, eternal and universal principle. The way of expression is different, but deep down we are the same…I thought. This is also a very natural thing, and I am sure people will say, “What do you mean?

And we should try to live our lives in a positive way, take everything positively, and live with a heart of truth, love and harmony….

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お気軽にお問合せください

東京03-6661-9138大阪06-6313-0110

私たちは如何なる場合に於いても、人権に配慮した調査を実施しております。部落差別に関する調査は一切お受けすることが出来ません。また、ストーカー等犯罪に絡む恐れのある調査もお受け出来ません。

  • フォームからのお問合せ
  • 見積依頼

調査項目

  • 調査会社の会長ブログ
  • 調査会社の社長ブログ
  • 調査員の採用情報
  • 暴力団排除宣言
  • 法令遵守宣言
  • グローバルサイン認証サイト SSL secured クリックして確認 GlobalSign byGMO

トップへ戻る