調査会社の会長ブログ【松谷廣信】

調査会社の会長ブログ

デフォルト画像

二科100年展 と 広岡浅子の生涯

会長日記2015/09/15

ブログテーマを「二科100年展と広岡浅子の生涯」としたが、二科展と広岡浅子は何の関係もない。ただ、2つの展示を見たためそうしただけ。あしからず・・・。

今朝、テレビをつけると「伝説の洋画家たち二科100年展」が天王寺の大阪市立美術館で開催されているとの報道があった。小生、特に美術に造詣が有る訳ではないが、何故か興味をそそられた。思い立ったが吉日、とっさに女房に「これ観にいこう、ついでに、広岡浅子も・・」と声をかける。「そうー、今日は特に予定ないから行こうか」と快い返事、が、一言「それにしても貴方は無計画なんだから・・」。

大阪市立美術館着10時ジャスト。9時半開場であった為、早や入場者は数十人は居た。

二科100年展」は、読んで字のごとく二科展100年を記念して企画されたもので、過去100年の二科展入賞作の近代美術の代表作を展示したもので、北海道から九州まで全国の美術館から借りだし展示されているもの。

ほん思い付きの鑑賞であったが、1300円の入場料は決して高いものではなかった。なかでも東郷青児、岡本太郎、藤田嗣治の作品には、門外漢の私でさえ引き付けられるものがあった。

その後、四ツ橋に帰り、今年10月から始まるNHKの連ドラ「あさが来た」のモデルといわれる広岡浅子の生涯「加島屋と広岡浅子」の特別展示をみに大同生命本社2階メモリアルホールへと向かった。まさに明治の女傑、朝の連ドラを見られる方は、一度足を運ばれたらと思う。

 

The theme of my blog was “The Nishina Centennial Exhibition and the Life of Asako Hirooka”, but there is no relationship between the Nishina Exhibition and Asako Hirooka. I only did so because I saw two exhibits. I’m sorry…

This morning, when I turned on the TV, there was a report that the “Legendary Western-style Painters’ Exhibition” was being held at the Osaka Municipal Museum of Art in Tennoji. I am not particularly well versed in art, but I was intrigued for some reason. On a lucky day, I spontaneously said to my wife, “Let’s go see this and Asako Hirooka too…”. I don’t have any plans today, so let’s go,” she replied pleasantly, but one word: “But you’re so haphazard…

We arrived at Osaka Municipal Museum of Art at 10:00 a.m. The doors opened at 9:30 a.m., so there were several dozen people in attendance as soon as we arrived.

The “100 Years of the Nishina Exhibition” was planned to commemorate the 100th anniversary of the Nishina Exhibition and exhibited representative works of modern art from the winners of the Nishina Exhibition in the past 100 years, which are on loan from museums all over Japan from Hokkaido to Kyushu.

It was just a thought, but the admission fee of 1,300 yen was not too high. Even I, an outsider, was drawn to the works of Togo Seiji, Okamoto Taro, and Fujita Tsuguharu in particular.

Afterwards, I returned to Yotsubashi and went to the Memorial Hall on the second floor of Daido Life’s headquarters to see a special exhibition on the life of Asako Hirooka, who is said to be the model for the NHK drama series “Asaga Katada” that starts in October this year, “Kashimaya and Asako Hirooka. If you can watch the morning drama series, I think you should visit this place once.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お気軽にお問合せください

私たちは如何なる場合に於いても、人権に配慮した調査を実施しております。部落差別に関する調査は一切お受けすることが出来ません。また、ストーカー等犯罪に絡む恐れのある調査もお受け出来ません。

  • フォームからのお問合せ
  • 見積依頼

調査項目

  • 調査会社の会長ブログ
  • 調査会社の社長ブログ
  • 調査員の採用情報
  • 暴力団排除宣言
  • 法令遵守宣言
  • グローバルサイン認証サイト SSL secured クリックして確認 GlobalSign byGMO