調査会社、企業サービスの吉本哲雄が書き綴っています。

給与明細

私の初めての仕事は新聞配達。
昭和54年7月から朝刊を配っていました。
よく質問されますが本物の仕事です^ ^
家業が新聞販売店だった訳ではありません。

当時11才7ヶ月の私は小学6年生。35年前の話しです。

勉強が嫌いで学校も楽しいとは感じず、とにかく早く仕事をしたかったんです。
で、ある時、親にも相談せず近くの新聞販売店に応募。
募集はしてなかったんですが、自分から雇ってほしいとお願いに行きました。
小学生ですから履歴書はなく、熱意だけで(笑)その場で採用の返事をもらいましたが、店主が少しためらっていた様子は子供の私にもわかりました。
新聞配達の給与明細1
これがその時の給与明細。
私の宝物です。
「テッちゃん」や「吉本くん」としか呼ばれたことのない小6の自分に、「吉本殿」ですしね(笑)

バイト代は朝刊1日600円、夕刊1日500円。
早朝とは言え、1時間程度の仕事だったのでかなり良いのがわかります。
※当たり前ですが休刊日以外、休みはありません。

3世帯8人暮らしの大家族で質素な生活。
家も古い木造で、同級生には相当貧乏に見えたのでしょう。
それに加えて新聞販売ですから同級生にはからかわれましたが、そんなこと気にならないくらい仕事は楽しかったんです。

「早く仕事をしたい」という思いを実現できたことはもちろん嬉しかったんですが、真面目に働いたらキチンと評価してくれるということが最高の体験でした。
まだ出会っていませんが当時の私のような子供が目の前に現れたら、自分が得た喜びを体験しもらいたいです^ ^

My first job was delivering newspapers.
We had been distributing the morning paper since July 1979.
I’m often asked this question, but it’s a real job ^ ^
It’s not like the family business was a newsagent.

I was 11 years and 7 months old at the time and in the 6th grade, 35 years ago.

I didn’t like studying, didn’t enjoy school,
and wanted to work fast anyway.
So, one day, I applied for a job at a nearby newspaper store without consulting my parents.
I didn’t have any openings, but I went to ask to be hired myself.
As an elementary school student, I didn’t have a resume, just enthusiasm , so I got a reply on the spot that I was hired.

Here is the pay stub from that time.
It is my treasure.
I’m a sixth-grader who’s never been called anything but “Tette-chan” or “Yoshimoto-kun,” and I’m “Yoshimoto-dono” (lol).

I was paid 600 yen for the morning paper and 500 yen for the evening paper.
Even though it was early in the morning, it was an hour or so of work, so it turned out to be pretty good.
Naturally, there are no days off except for holidays.

They live in a large family of three households with eight people.
The house was also old and wooden, so it must have looked quite poor to his classmates.
In addition to that, my classmates made fun of me because I was selling newspapers, but I enjoyed my job so much that I didn’t mind it.

Of course I was happy that I was able to realize my desire to work quickly, but the best part was the fact that if I worked hard enough, I would be evaluated properly.
I haven’t met him yet, but if a child like me from those days came into my life, I would like him to experience the joy I got ^ ^

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近のコメント