調査会社、企業サービスの吉本哲雄が書き綴っています。

匠の技。調律師、神吉(かんき)さんから学ぶこと。

今日はピアノの調律日。
私にはとっておきの学びの時間でもあります。
この道38年という超ベテランの調律師、神吉(かんき)さんが来てくれました。
匠の技を観たくていつも休日を指定していて、毎回楽しみにしています。

使い込まれた調律工具とご自身の耳が仕事道具。
左手で鍵盤を弾き、右手で調整していきます。
IMG_1241

調律作業の音が心地いいから不思議です。

何かを始めることは簡単で楽しいものですが、
1つのことを「続ける」ということは簡単なことではありません。

神吉さんのようなプロの仕事を目の当たりにすると、「続ける」ことの大切さを改めて感じ、
私も人としてもっともっと成長しなければと技を磨いていきます。

ちなみにピアノを弾くのは娘。私はクラシックギター(下手ですが(+。+))です。

Today is piano tuning day.
It’s also a special learning time for me.
Mr. Kanki, a veteran tuner with 38 years of experience in this field, came to visit us.
I always designate a holiday to see the artisanal work and look forward to it every time.

Well-used tuning tools and your own ears are work tools.
Play the keys with your left hand and adjust them with your right hand.
IMG_1241

It’s strange because the sound of tuning work is so pleasant.

It’s easy and fun to start something, but
It’s not easy to “keep doing” one thing.

When I see the work of a professional like Mr. Kamiyoshi, I feel again the importance of “continuing”.
I have to grow more and more as a person, and I will continue to improve my skills.

Incidentally, my daughter plays the piano. I’m a classical guitarist (I’m not very good at it.

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近のコメント