調査会社、企業サービスの吉本哲雄が書き綴っています。

ウッドは打感。アイアンは音。パターは回転。

ゴルフを趣味にしてる人の多くは『楽しい』と『難しい』の両方に快感を覚えてる人。

私はゴルフをはじめるのは49歳と遅かったんですが、学ぶことが多く仕事でも大いに役立ってます。

再現性
難しいからやってる
自分の頭で考える

ゴルフにハマるキーワードを上げるとしたらこの3つではないでしょうか。

練習の仕方はコーチを付ける、レッスンに通う、YouTubeで見様見真似、仲間に教わるなどさまざま。
私は個人レッスンに3カ月だけ通いました。やめた理由は自分の頭で考えたいから(笑)

パターは毎日欠かさず1日10分。1年半で60時間やりました。
パターの要はボールの回転^ ^

レッスンでは7番アイアンからスタートというのが一般的のようで私も先生からそう教わりました。
しかし初心者はドライバーからの方がいいのではないか。というのが私の仮説です。
そして、ウッドは打感^ ^

アイアンはクラブの中でも特に重く感じますよね。
教本や動画を見てると何十種類もあり迷います(笑)
アイアンはがポイント。
ボールが「プチッ」っとつぶれる音をどう打てば聞けるかを研究してます。

ゴルフをはじめて5年。教わったのは3カ月なので独学ということになります。
測定器類も買いましたが、すぐに不要だということがわかりました(笑)

ウッドは打感。アイアンは音。パターは回転。

もっともっと学んでいきます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント