調査会社、企業サービスの吉本哲雄が書き綴っています。

つなぐ

私は地元の祭りが嫌いです。ここで生まれ育っていれば好きになったかも知れませんが、まったく性に合いません。
寄付をするのはいいんですが、毎年祭りの2日間は地元から離れてたほどです。
しかし、大人が子どもたちに伝統文化を伝えているという事実を考えてみると、非常に価値のあるものだと思うようになってきました。

つなぐ。

人間として生を受けたからには、次に繋がないといけない。繋ぐものだらけです^ ^
その繰り返しで進化向上にも繋がっていくのかもしれません。

提灯にしてもこうして改めて考えてみると、どれだけ技術が進化しても100年後も200年後も同じようなあたたかい灯りが見られるんでしょうね。

I don’t like local festivals. Had I been born and raised here, I might have liked it, but it’s not a good fit at all.
It’s fine to donate, but I’ve been away from the local area for two days of the festival every year.
However, when I think about the fact that adults are passing on traditional culture to children, I’ve come to think of it as something very valuable.

Tie him up.

Since we were born as human beings, we have to make the next connection. There are so many things to connect ^^
This repetition may lead to improved evolution.

Even for the lanterns, when I think about it again, no matter how much technology evolves, we can still see the same kind of warm light 100 years or 200 years from now.

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近のコメント