調査会社の会長ブログ【松谷廣信】

調査会社の会長ブログ

デフォルト画像

会長日記2020/11/26

勤労感謝の日、あれこれ

 11月23日、勤労感謝の日。我が家は何時ものように国旗を揚げた。ところが、街中で祭日(祝日)に国旗を揚げている家を見かけることは、とんと無くなった。内の町内でも2・3軒あるかないか。揚げていると、下手すると、「この家は右翼では・・?」などと思われかねない。

私は自分で右翼思想にかぶれている等と思った事もないし、事実、右翼的な思想や活動家とは一線を画している。ただ、旗日に国旗を掲げると、世間はどうみるか・・・と気にならなくはない。ただ、国が定めた祭日に国旗を揚げるのは当たり前のこと。何故か国旗を揚げると「凛」とした気持ちになる。今日は特別の日、祭日だから国旗を揚げようと思うだけのこと。

三島由紀夫が市谷駐屯地で檄を飛ばし、割腹自殺して50年。特に今月は命日月ということもあって、新聞や雑誌で盛んに三島由紀夫、三島文学を取り上げ論じており、興味深く目を通しているが、同調するところもあればついて行けないところもある。

あれっ!、こんなこと書くつもりでなかったのに・・・。書こうと思ったのは本当は以下のこと。

「勤労感謝の日」は、どんな日?。

普通には、“働くことに感謝する”ための日として知られている祝日ですが、当日こんなことを考えた。具体的には、「働けることに感謝する」日なのか、「働く人に感謝する」日なのか。ただ、「働くことに感謝する日」としたら、両方の意味を併せ持っており、その人の立場で感謝すれば、それはそれでいいのかなどと・・。

ところで何故11月23日が勤労感謝の日になったのか?。

実はこの日は、宮中の中で最も重要な祭祀として執り行われる「新嘗祭」と呼ばれる厳粛な行事で、天皇陛下が国民を代表して、新米を神様に奉納し、祝福する日であるが、この日を戦後、勤労感謝の日にしたのは、GHQの強い働きかけがあったようである。何故か・・・、戦前の天皇崇拝の色を少しでも薄くし、日本人の精神的バックボーンを崩すために行われた、日本弱体化政策の一環として行われたものである、との説もある。

うがったみかたなのであろうか?。

 

Labor Day, this and that

November 23, Labor Day. My family flew the national flag as usual. However, I don’t see any more houses flying the flag on national holidays in the city. There were only a couple of houses in our town. When you fly the flag, you might think, “Isn’t this a right-wing house? I have never thought of myself as being in love with right-wing ideology.

I have never thought of myself as being crazy about right-wing ideology, and in fact, I am distinctly different from right-wing ideology and activism. However, I do wonder what the public will think of me if I raise the national flag on Flag Day. However, it is natural to fly the national flag on a national holiday. For some reason, hoisting the national flag makes me feel “dignified”. Today is a special day, a national holiday, so we just want to fly the flag.

It has been 50 years since Yukio Mishima committed suicide by disembowelment after issuing a proclamation at the Ichigaya Garrison. Since this month is the anniversary of his death, the newspapers and magazines are actively discussing Mishima and Mishima’s literature, and I have been reading them with great interest.

Huh! But I didn’t mean to write this. What I was really going to write about is the following.

What kind of day is Labor Thanksgiving Day?

It’s a holiday usually known as a day to “be thankful for working,” but this is what I thought about that day. Specifically, is it a day to be thankful for working or a day to be thankful for working people? But if it is a day to be thankful for working, it has both meanings, and if we are thankful from the person’s point of view, that’s okay, etc…

By the way, why did November 23 become Labor Thanksgiving Day?

Actually, it is a solemn event called “Shintôsai”, the most important ritual in the Imperial Household, where the Emperor, on behalf of the people, offers new rice to God and blesses him. Some say it was done as a part of the policy to weaken Japan, which was carried out in order to diminish the pre-war emperor worship and destroy the spiritual backbone of the Japanese people.

Is this a pessimistic view?

デフォルト画像

会長日記2020/11/20

カンボジアで地雷撤去

今週月曜日、友人の高山良二(IMCCD理事長 https://www.imccd.org/about.html)が私の所属する船場ロータリークラブで卓話をしてもらった。

内容は、船場RCが平成29年、30周年記念事業の一環でカンボジアに小学校校舎を寄贈したが、その学校が今どのように使われているか、また、現地での地雷撤去の活動状況など、高山ならではの話であった。

話の中で、現地カンボジアとZOOMでつなぎ、小学校の先生やデマイナーと呼ばれる地雷撤去作業に直接タッチする人の話など、生の声を聞くこともでき、非常に有意義なものとなった。

Demining in Cambodia

This Monday, my friend Ryoji Takayama (IMCCD President https://www.imccd.org/about.html) gave a talk at my Rotary Club of Semba, where I belong.

He talked about how the school was used in Cambodia as part of the 30th anniversary project of Semba RC in 2017, and also talked about the demining activities in Cambodia, as only Takayama can.

In the course of the talk, we were connected with the local Cambodian people through ZOOM and were able to listen to the voices of the elementary school teachers and people who are directly involved in demining, which was very meaningful.

デフォルト画像

会長日記2020/11/12

椎茸栽培

2年前に岡山に住む親戚のおじさんから長さ1メートル強の椎茸の木を6本頂いた。早速自宅の裏の殆ど日が当たらない場所に立てかけ、以後時々「早く目を出せ椎茸の芽」と水をやっていた。

すると、一昨日ふと見ると、おばけ椎茸がひょっこり顔を出していた。しまった・・・少し遅れたか?。ところがこの生シイタケ、バター焼きで食べると、何とも言えず美味しかった。

この後が大いに楽しみ・・・。

IMG_1410

 

Shiitake Cultivation

Two years ago, my relative’s uncle in Okayama gave me six shiitake mushroom trees a little over one meter in length. I immediately put them up on the back of my house, where they hardly got any sunlight, and watered them from time to time, saying, “Hurry up and get your eyes out, shiitake mushrooms.

Then, the day before yesterday, I found a ghostly shiitake mushroom peeking out of the window. Oops … am I a little late? However, this fresh shiitake mushroom was so delicious when we ate it grilled in butter.

I’m looking forward to the next step.

デフォルト画像

会長日記2020/11/05

西国三十三箇所、6・7・8番札所

昨日(11月3日祝)先般から始めた西国三十三箇所巡りの6・7・8番札所にお参りした。

最初は6番札所、お里・沢市の霊験記で知られる「壷阪寺」。この寺は数年前に妻と一緒にお参りした事があり2度目であったが、覚えているようでそうでも無く、一時間以上を費やしじっくりとお参りした。

仁王門の手前に大講堂があり、先ずはそこから・・

正面にまつられた各阿弥陀如来さん

IMG_1301

IMG_1302

 

IMG_1303

IMG_1304

 

IMG_1318

IMG_1305

IMG_1313

IMG_1311IMG_1312

 

 

 

 

IMG_1316

IMG_1319

本尊の千手観音

IMG_1323

IMG_1324

 

IMG_1330

 

IMG_1327

IMG_1333

 

7番札所、「岡寺」  正式名称「龍蓋寺」

境内に咲いていた大輪のダリア、岡寺は別名「花の寺」とも呼ばれ、シャクナゲ、さつき、紅葉などで知られる。

IMG_1354

IMG_1358

本尊・如意輪観音  日本最大、最古の観音像

IMG_1362

IMG_1363

IMG_1364

 

長谷寺の参道手前にある番外札所、「発起院」

IMG_1372

 

IMG_1370

 

8番札所「長谷寺」、広くはボタンの寺として知られる。

長谷寺は過去3回程お参りしているが、毎度新たなりで感動させられる。

IMG_1373

IMG_1376

仁王門、金剛力士像

IMG_1379IMG_1379

仁王門から本堂に向かう参道

 

IMG_1380

IMG_1387

IMG_1386

IMG_1390

重文「護摩堂」

 

 

 

IMG_1392

 

特別公開中で本坊では長谷寺の絵巻を盛ることが出来た

IMG_1394

IMG_1393

IMG_1398

IMG_1402

 

IMG_1400

長谷寺特別拝観にて本尊の十一面観音像立像の足に直接触れることも出来たが写真撮影禁止

につき本坊内はあしからず。

IMG_1405

Thirty-three Western Provinces, 6, 7, and 8 Buddhist Temples

Yesterday (November 3 holiday), I visited the sixth, seventh, and eighth spots in the tour of the thirty-three Western States that I began recently.

The first one was the sixth temple, Tubosaka Temple, known for its history of spiritualism in Sawa City, my home town. I had visited this temple with my wife a few years ago, and it was the second time, but it was not so much as I remembered, and we spent more than an hour to visit the temple carefully.

There is a large auditorium in front of the Niomon gate, and we started there first…

Each Amitabha Buddha enshrined in front

デフォルト画像

会長日記2020/10/19

西国三十三箇所 3・4・5番札所巡礼

 先週末(10月17日土)西国三十三箇所巡礼の3・4・5番札所をお参りしてきた。

 行いは良いはずなのに天候は最悪、朝から可なりの雨でとまどいはあったが、「車だし、思い立ったが吉日とも云うし」などと自分を納得させ、妻と二人で出かけることにした。

 第二京阪から近畿道、阪和道と走り、京奈和道に入り、東紀ノ川インターを出て、3番札所「粉河寺」へ。

 山門をくぐり境内へ・・。事前知識なく来た事もあって、境内の広大さと見事な伽藍にビックリ。こんなに立派な寺とは思ってもいなかった・・・。正直、感動を覚える程であった。

 

IMG_1208

 

仁王門の金剛力士像

IMG_1232IMG_1233

IMG_1209IMG_1210

 

IMG_1262

IMG_1225

 

IMG_1226

 

IMG_1229IMG_1213

IMG_1217IMG_1220

IMG_1224

 

IMG_1222

 

4番札所「施福寺」

 施福寺は大阪府和泉市にあり槇尾山という。

 当寺も事前知識は無く、多分に和泉市の街中にあるのだろうくらいに思っていたが、何となんとお寺の駐車場に車を止め、山道を登ること延々40分、ほぼ登山であった。それでも雨降る山道を何とか登り切った。

境内の端に展望台が設けられている。

あいにくの雨で何も見えなかったが、晴れていれば見事な展望でなのであろう。う。

IMG_1242

 

 

IMG_1240

 本殿の横に西国三十三箇所寺の各寺の本尊がまつられていた。

IMG_1243

IMG_1246

IMG_1244

 

 

十一面千手千顔観音(当寺の本尊なのに弥勒菩薩の横に安置されている)

IMG_1251

                          ↑

IMG_1253

 

 

IMG_1248

 

文殊菩薩

IMG_1249

 

IMG_1255IMG_1254

本殿の側面に造られた立体曼荼羅

IMG_1256

 

IMG_1260

IMG_1257

 

 

 

5番札所「葛井寺(ふじいでら)」

 お寺の名前が市の名前になっているくらいだからさぞ広大な寺であろうと想像していたが、そうでも無かった。

IMG_1266

IMG_1262

IMG_1263

お気軽にお問合せください

東京03-6661-9138大阪06-6313-0110

私たちは如何なる場合に於いても、人権に配慮した調査を実施しております。部落差別に関する調査は一切お受けすることが出来ません。また、ストーカー等犯罪に絡む恐れのある調査もお受け出来ません。

  • フォームからのお問合せ
  • 見積依頼

調査項目

  • 調査会社の会長ブログ
  • 調査会社の社長ブログ
  • 調査員の採用情報
  • 暴力団排除宣言
  • 法令遵守宣言
  • グローバルサイン認証サイト SSL secured クリックして確認 GlobalSign byGMO

トップへ戻る