調査会社の会長ブログ【松谷廣信】

調査会社の会長ブログ

デフォルト画像

会長日記2021/04/01

西国三十三箇所巡礼、18,19,20番札所

先週土曜日(3月27日)、 緊急事態宣言が一端解除されたという事もあり、暫く中断していた西国三十三箇所巡りを再開。

京都の六角堂頂法寺(18番)、革堂行願寺(19番)、西山善峯寺(20番)と3ケ寺をお参りしてきた。

                        六角堂頂法寺

IMG_1736

 

 

IMG_1740

 

六角堂の枝垂桜がほぼ満開。素晴らしかった。

IMG_1738IMG_1742

IMG_1744IMG_1745IMG_1746IMG_1748

 

                       行願寺

IMG_1789IMG_1788

 

 「善峯寺」、西京区大原野小塩町に所在。

 西京区とはいうものの京都市街を一望できる山の中腹にあり、素晴らしいお寺であった。徳川五代将軍綱吉の生母、桂昌院が寄進した伽藍が多く、とにかく立派なお寺である。

IMG_1749IMG_1751

IMG_1756

 

日本一の松と記されていたが、さもありなん。とにかく凄い松である。

IMG_1761IMG_1759

                         これが一本の松。

IMG_1763IMG_1762

IMG_1765

IMG_1778IMG_1779

 ついでに我が家の広太郎。

 小生がハサミを駆使し春カットしました。犬のカットの難しさは遣ってみないと判らないと思う・・。

IMG_1735

デフォルト画像

会長日記2021/03/26

マスコミ報道に思う

マスメディアの報道が社会や政治に及ぼす影響はとてつもなく大きいものである。

それだけにマスコミ関係者は、報道に慎重で正確であって欲しいと思うが、恣意的とは思いたくはないが、そんな傾向が見え隠れし、少し気になっている。

この傾向は戦前、戦中にもあったようで、時の報道各社は大東亜戦争に向けての応援歌を大々的に報じ、戦中には大本営発表の報道機関と成りさがり、国民を戦争一色に煽り、戦後はGHQの意向に従い(従わざるを得なかったが・・・)自虐思想を国民に植え付け、日本弱体化政策の宣伝機関の役割を果たしたのは間違いない事実である。

現代の報道のあり方をみても、テレビはどのチャンネルをひねってもコロナ一色。少し落ち着いたかと思うと、こんどは接待交際一色であったりなど、テーマをもって恣意的に動いている感じがする。

また、政治家や評論家は、弱者救済的な立場で発言すれば全てOK。個人情報と人権に配慮し、失言しないよう最大の注意をすれば、政策の良し悪しなどたいした問題には成らず、マスコミの餌食にならずに済む。事なかれ主義が一番賢い生き方のようであるが、本当にこれで良いのかと思う事が最近多くなってきた。

「本音で物言えば、唇さぶし」で、世の指導的立場にある人が、本音を吐かなくなっているのでは・・・。その影響もあってか、弱者的立場の権利主張だけが正義の如く取り上げられ、大手を振っているように思えてならない。

そのような流れをつくっているのが報道機関では・・・。

Thoughts on media coverage

The influence that mass media reports have on society and politics is tremendous.

For this reason, I would like the mass media to be careful and accurate in their reporting, but I don’t want to think that they are arbitrary, but I am a little concerned about such a tendency.

I don’t want to think of it as arbitrary, but I am concerned about this tendency. There is no doubt that it played a role as a propaganda agency for Japan’s weakening policy.

Looking at the state of news reporting today, no matter which channel you turn on, you will find Corona on the TV. Just when you think that things have calmed down a bit, you find yourself in the middle of a graft scandal.

As long as politicians and pundits take care of their personal information and human rights, and are careful not to say anything wrong, the merits of their policies won’t matter much, and they won’t fall prey to the media. It seems to me that the best way to live is to keep a low profile, but lately I have been wondering if this is really the best way to live.

If you say something honestly, your lips will be smashed,” and I wonder if people in leadership positions in the world are not speaking their mind. Perhaps because of this, only the rights of the weak are being taken up as if they were righteous, and they seem to be gaining ground.

Isn’t it the media that is creating such a trend?

デフォルト画像

会長日記2021/03/16

日本国記(百田尚樹 著)

IMG_1720

この本、面白いというと語弊があるかもしれないが、私は非常に面白く興味深く読むことが出来た。

今が旬と言える百田直樹が著したことから、以前から興味を持っていたが、少し重い感じもして躊躇していた。ところが、このコロナ禍の中で最近少し時間的余裕も出来た事から、退屈しのぎに手にしてみた。すると小生のような凡人にも非常に判りやすく、しかも、著者の物の見方、考え方が似ているという事もあってか、そうだそうだと肯ける内容が多く、一気にじっくりと楽しく読むことが出来た。

「日本国記」など何となく堅い感じで取りつきにくく感じられるが、中身はそうでも無い。少しでもご興味にある方は、躊躇することなく気楽に手にすることをおすすめします。

古代~大和政権誕生、そして、飛鳥、平城と時代を追って書かれているが、第8章明治の夜明けから終章の平成までは特に興味深く、著者の思い方、考え方が十分に反映されており、非常に興味深く読むことが出来ると思う。是非お読みください・・・。

Chronicles of Japan (by Naoki Hyakuta)

To say that this book is interesting may be a misnomer, but I found it to be a very interesting read.

I had been interested in this book for a long time because it was written by Naoki Momota, who is in his prime right now, but I had hesitated to read it because it seemed a little heavy. However, as I have recently been able to spare some time in the midst of the Corona disaster, I picked it up to relieve my boredom. The book was very easy to understand even for an ordinary person like me. In addition, there were many things that I could agree with, perhaps because the author’s views and ideas are similar to mine.

I enjoyed reading this book very much. “The Chronicles of Japan” may seem hard to get into, but the contents are not. If you are at all interested in this book, I recommend that you pick it up without hesitation.

The book is written in chronological order from ancient times to the birth of the Yamato regime, and then to Asuka and Heijo. Chapter 8, from the dawn of the Meiji era to the last chapter, Heisei era, is particularly interesting and reflects the author’s thoughts and ideas, making it a very interesting read. Please read it….

デフォルト画像

会長日記2021/03/03

ひな祭り

今日3月3日は雛祭り。

我が家は夫婦2人暮らしで何も今更という感じがしないでもないが、38年前長女が産まれた翌年から変わることなく雛飾りを続けており、今年も2月早々にはお出ましになった。

このお雛さん、女房が幼少の頃に祖母から頂いたものらしい。それも多分祖母が持っていたものをお祝いにくれたものらしいから、逆算すると100年はなるかもしれない。

それだけに細かく見ると色々あるが、それはそれとして、老夫婦2人だけの家でも、こんな雛飾りがあると何となく若やいで、一寸和むものです。

あかりをつけましょ ぼんぼりに
お花をあげましょ 桃の花
五人ばやしの 笛太鼓
今日はたのしい ひなまつり

お内裏様(だいりさま)と おひな様
二人ならんで すまし顔
お嫁にいらした 姉様に
よく似た官女の 白い顔

金のびょうぶに うつる灯(ひ)を
かすかにゆする 春の風
すこし白酒 めされたか
あかいお顔の 右大臣

着物をきかえて 帯しめて
今日はわたしも はれ姿
春のやよいの このよき日
なによりうれしい ひなまつり

 

この歌詞では、「お内裏様とお雛様、二人並んですまし顔」とあり、お内裏様が男雛と思われているが、実はそうではなく、男雛と雌雛の2つでお内裏様というのが正しいそうでです。

 

 

IMG_1655

Girls’ Festival (March 3rd)

Today, March 3rd, is the Doll Festival.

We are a couple living together, so it may not seem like a new thing, but we have been decorating the hina dolls since the year after our eldest daughter was born 38 years ago, and this year, too, they appeared early in February.

It seems that this hina was given to my wife by her grandmother when she was a child. It was probably given to her as a congratulatory gift from her grandmother, so if I count backwards, it might be about 100 years old.

That’s why there are a lot of things to look at in detail, but be that as it may, even in a house where there are only two old couples, having this kind of Hina decoration somehow makes you feel younger and a little more relaxed.

Let’s turn on the lights to the bonbori
Let’s give flowers to the peach blossoms
The flute and drum of the five-man dance
Today is a joyous Hinamatsuri

Dairi-sama and Ohinasama
The two of them standing together, looking so composed
A white face of a courtesan
The white face of the courtesan

The light on the gold screen
The spring breeze swaying faintly
Have you tasted a little white wine?
The Minister of the Right, with a red face

I’m wearing a kimono and an obi
Today I, too, am dressed for the weather
It’s a beautiful day in the spring mist
The most joyous of all, the Doll’s Festival

In the lyrics of this song, it says, “O-uchire-sama and Ohinasama, standing side by side, looking so pretty,” and people think that the O-uchire-sama is a male hina, but actually it is not.

デフォルト画像

会長日記2021/02/18

推し 燃ゆ

第164回 芥川賞。宇佐見りん の「推し 燃ゆ」が受賞。

毎回のことであるが、発表の翌月に発刊される 月刊文藝春秋に全文掲載されるのが常で、今回も2月10日発売の文藝春秋に掲載されていた。

早速目を通したが、よく判らない。芥川賞は純文学で、文章の美しさと芸術性を重んじるらしいが、正直私のような雑文学愛好者には難しく感じられて、何時も芥川賞受賞作を読み切るには時間がかかる。直木賞受賞作のように、ひきつけられて一気に読んでしまうと云うことがない。でもどちらかと言えば、芥川賞の方が注目度が高く、もてはやされる感じがする。世の中には賢い人が多いんだな・・等と何時も感心する。

「宇佐見りん」さんなんか未だ21歳。これを機に売れっ子作家になるのは間違いない。少々時間がかかっても、勉強の意味合いを持って、今後も発表作には目を通していこうと思うが、それにしても「推し」なんていう言葉があるのも今回はじめて知った。

造語、新語、最近は分からない言葉が百花繚乱というか、正直若者言葉について行けないというのは勿論ながら、社内でごく普通に使われているカタガナ語もよく判らず、後でパソコンをたたいて理解するなどしょっちゅうである。

「明日死ぬかのように生きろ、永遠に生きるかのごとく学べ」との言葉があるが、少なくともこの世を去るその瞬間まで、前を向いて学んでいこうと思う。

別にそのように肩を張らずとも、人はみな学ぶことはやめられ無いだろうと思う。だってそのように造られているらしい・・・。

 

Oshimoyu

The 164th Akutagawa Prize. The prize was awarded to Rin Usami for her novel “Oshimoyu”.

As is the case every time, the full text of the award is usually published in Bungeishunju, a monthly magazine published in the month following the announcement, and this time it was also published in Bungeishunju on February 10.

I read through it immediately, but I couldn’t understand what it said. It is said that the Akutagawa Prize is for pure literature and that the beauty and artistry of the writing are important, but to be honest, it is difficult for a lover of miscellaneous literature like me to read the Akutagawa Prize winners, and it always takes me a long time to get through them. It always takes me a long time to finish an Akutagawa Award-winning novel, because I can’t read it in one sitting like I can with Naoki Award-winning novels. But if anything, the Akutagawa Prize seems to attract more attention and is more popular. I am always impressed by how many smart people there are in this world.

Rin Usami, for example, is only 21 years old. I have no doubt that she will become a successful writer with this opportunity. Even if it takes a little time, I will continue to look through her works as a means of study, but this is the first time I learned that there is such a thing as a “Oshi”.

To be honest, I can’t keep up with the young people’s language, but I also don’t understand the katakana words that are commonly used in the company, and I often have to tap the computer to understand them later.

There is a saying, “Live as if you are going to die tomorrow, learn as if you are going to live forever,” and I am going to keep looking forward to learn at least until the moment I leave this world.

At least until the moment I leave this world, I will continue to learn. It seems that we are made that way…

お気軽にお問合せください

東京03-6661-9138大阪06-6313-0110

私たちは如何なる場合に於いても、人権に配慮した調査を実施しております。部落差別に関する調査は一切お受けすることが出来ません。また、ストーカー等犯罪に絡む恐れのある調査もお受け出来ません。

  • フォームからのお問合せ
  • 見積依頼

調査項目

  • 調査会社の会長ブログ
  • 調査会社の社長ブログ
  • 調査員の採用情報
  • 暴力団排除宣言
  • 法令遵守宣言
  • グローバルサイン認証サイト SSL secured クリックして確認 GlobalSign byGMO

トップへ戻る