調査会社の会長ブログ【松谷廣信】

調査会社の会長ブログ

デフォルト画像

プライベートな話2005/06/08

同窓会

今週日月と1泊2日のゴルフを楽しんだ。「三十八会ゴルフコンペ」と称し、
中学の同級生で42歳の厄年から始まった楽しい集まりである。年に2回春秋と開催しており、今回が34回。
40代の時はかなり集まりが良かったが徐々に体調不良などで欠席者が増え、最近は2組がやっとという寂しさである。
私は幸せまことに1度も休む事無く出席しており、健康と環境に深く感謝しているところである。

ゴルフは勿論であるが中学時代の全く気のおけない仲間であり、夜の宴会がより以上に楽しい。所が、よる年波には勝てぬと云うか、
ついつい話題が健康とか定年後の余生の過ごし方などになる。先般も2人の悪ガキが頭をつき合わせて話し込んでいる。
何やら可也深刻そうな感じ、その内にお互い胸ポケットから薬物を出し比較検討をはじめたではないか・・。
それを横目でながめていた東京在住のマドンナが一言、「ん・・、もう止めてよ。歳なんだから・・」、シュンとなる2人を見て一同大笑い。
ところが、その後2人は老後の年金問題で大激論。一人は厚生労働省の職員、今ひとりは大手企業の元労働組合委員長、
私などの知識とはレベルが違う・・。興味半分で耳をそばだてていると、かの元組合委員長が面白い事を云いだした。

「最近20代、30代の若者は年金に可也不満を持っているようだ。今の60代、70代の人は非常に年金では恵まれている。
自分らは負担ばかり大きく、受給は覚束ないと・・。」、

実は私もそう思っていた。ところが、彼曰く、「今の60代、70代の人は、学校を出て就職するや給料の半分は親元に送金をして、
自分は一杯いぱいの生活で遣り繰りしたものだ。当時は今のように年金などは充実してなく、親の面倒は子が見るものと決まっており、
何の疑問も思わず親元に仕送りをしていたではないか。今の若者は就職しても未だ親の脛を齧っている。
年金制度の充実で今の親は子供に仕送りを強制する事は無いのだから、年金ぐらい確り負担しろ・・」というのである。目からうろこ、
なるほど一理ある。それにしてもこの組合委員長、会社との団交でどんな話をしていたのだろう・・・。もしかしたら分かりが良すぎたかも。

翌日のゴルフは真夏を思わせる晴天の中、スコアーはともかく、和気藹々と楽しいものであった事はいうまでもない。

デフォルト画像

会長日記2005/05/25

建設ラッシュ

我社の周囲は今建設ラッシュ。

弊社は、大阪地方・高等裁判所の東80メートルほどの所に在るが付近は高層ビルの建設ラッシュに沸いている。裁判所と当社の間で、法務局の建替工事、多分10階以上では、その隣で伊藤忠が27階建高層マンション、その南側、旧検察庁跡地に弁護士会館、その東側、旧味ノ素跡地に35階建高層マンションの工事が進められている。

そこで、負けじと我社もリニューアル工事に着手。築16年で外回り全般に手を入れなければならなくなっており、先週から工事に入った。周囲に足場を組んで覆いをしているため、部屋はくらいは、一寸横を向くと工事の兄ちゃんの顔があるはで仕事も今ひとつ手につき難い。それにしても高層の建設工事や補修工事に従事する人はすごい。20センチそこそこの足場を平地を歩いているかのごとく普通に動き回る。私は6階の窓際にいるが、その横で平然と仕事をしているのを観ると、何でもプロというのは凄いと思う。動きがよく仕事が速い・・。

弊社も調査のプロとして見習わなければ・・などと思わらされている。

デフォルト画像

会長日記2005/05/24

同窓会

先週末の土曜日は出身地(島根県隠岐郡西ノ島町、日本海に浮かぶ孤島、隠岐ノ島の島前)西ノ島の出郷者の会、「近畿国賀会」
の役員会があった。会員は1500名程で年に1回総会と懇親会が行われる。故郷からも町長、町議、区長、
観光協会の社長など多数の参加者があり、隠岐民謡や踊り、カラオケなどそれは賑やかな会である。昨年からその会の会長をおおせつかっており、
何かと大変である。特に気を使うのが、会員の大半が私よりも年上の先輩であるということだ。多分平均年齢は65歳を過ぎるのでは・・。ただ、
引き受けたからには皆様に納得して貰える会にしなければ・・・との思いで努力している。

で、翌日曜日は、今度は出身高校の同窓会であった。この同窓会でも役をおおせつかっており、人集めに一苦労する。
近畿地区の総会は3年に1度としているが意外と集まりが悪い。何故か昔と違って、郷里の会や同窓会などは人気薄のようである。ただ、
同級生となると話は別で、小、中、高校の別を問わず、同級生の会は非常に集まりがよい。特に私の期はそうだ・・・。一昨日の同窓会も2次会、
3次会と賑やかなことであった。

そして、昨日はロータリーの記念例会で夜遅くなり、今日は友人、東田俊康氏の出版に際してのご苦労さん会に誘われている。
とにかく余り飲めない酒を飲む機会ばかりが多く、無理をしないようにと心掛ける毎日である。

デフォルト画像

プライベートな話2005/05/16

金魚の赤ちゃん

我が家では17年程前から水槽で金魚を飼っている。特に金魚が好きという事ではないが義父が金魚やめだかの飼育が好きで、
それを分けてもらった事が切っ掛けである。以来今の金魚で3代目。2匹居て共に6年程になる。
今までは春先になっても産卵の気さえなかったが、今年は10日程前に水槽の淵に卵らしいものを発見。慌てて水草を入れ産卵準備をすると、
すぐに応えてくれた。水草を別の容器に入れ静かに孵化を待つこと10日、無精卵かとあきらめかけていた矢先の昨日、
なんと糸くずのような極小の稚魚がかすかに動いているではないか。妻子と共に大騒ぎとなった・・。さて後どうしたものか。
早速妻が親戚の大和郡山(金魚の里)へ電話をし飼育方を伝授してもらう事に、「最初は牛乳一滴、その内にゆで卵の黄身をひとかけら」
との事であるが・・・どうなることやら。どなたか金魚の子育てに詳しい方がおられましたらお教え下さいませ。伏してお願い申し上げます。

デフォルト画像

探偵のぼやき2005/05/11

途中下車 、そして人権

今朝久しぶりにひとつ手前の「天満橋」駅で下車した。天満橋から中ノ島を通ってバラ園をみたかったから・・。
何とも清清しい気持ちの良い朝になった。燃えるような華やかなバラと香り、中ノ島の近くに事務所を持つことが出来た幸せを噛みしめた。
当分は天満橋下車の通勤となりそう・・・。

今日は朝から予定が一杯。11時、13時、14時、15時と面会予約が入っており、16時からは関西総合調査業協会の理事会。
15時の面談者は朝日新聞の記者。どうも興信所の住民票、戸籍謄本の不正請求事件に絡んでの取材のようである。
協会の副会長を務める東田俊康氏(先般、探偵がゆく を出版したPIOの社長)と一緒に会う予定であるが少し気の重さを感じる。
不正請求そのものは糾弾されても仕方ないが、実はこの問題は私ども調査業界に取っては非常に重要な問題なんです。

元々は、住民票や戸籍は公開の原則で、誰でもが自由に閲覧及び入手する事ができた。ところが興信所による結婚差別調査事件に端を発し、
30年ほど前に戸籍法及び住民基本台帳法の一部改正があり、戸籍は特定の人と身内以外は入手困難となり、
住民票も公開の原則はあるものの行政の窓口が極めて厳しい規制をもうけ、事実上他人の住民票は入手不可能になっている。その為に、
今回のような不正請求が行われる背景になっている。住民基本台帳法では何人も第三者の住民票を請求する事ができるとなっている。但し、
差別など不当な目的に使われるおそれがある場合はその請求を拒む事が出来るとなっているにも関わらずである。

何故住民票が公開の原則を未だに堅持しているかを行政は確りと考えて欲しい。一方的な圧力に屈し、
偏った行政を行うのはそろそろ止めにしてもらいたいものだ・・。

本当に思う、心底思う、今の日本は詐欺のし放題、嘘のつきほうだい。その詐欺や嘘を行政や人権団体が強力に擁護しているのだから。
結果、多くの人のもっと大きな人権が侵害される結果になっている事を知って欲しい・・・。

 

お気軽にお問合せください

私たちは如何なる場合に於いても、人権に配慮した調査を実施しております。部落差別に関する調査は一切お受けすることが出来ません。また、ストーカー等犯罪に絡む恐れのある調査もお受け出来ません。

  • フォームからのお問合せ
  • 見積依頼

調査項目

  • 調査会社の会長ブログ
  • 調査会社の社長ブログ
  • 調査員の採用情報
  • 暴力団排除宣言
  • 法令遵守宣言
  • グローバルサイン認証サイト SSL secured クリックして確認 GlobalSign byGMO