調査会社の会長ブログ【松谷廣信】

調査会社の会長ブログ

デフォルト画像

探偵のひとり言2005/04/08

春爛漫

またまた大番頭にしかられた。「社長・・、数日ブログ書いてないようですが・・」、「エッ・・あれ週一違うの」、「だめですよ、そんなんじゃ・・」、と云う事で今日も・・・、社長はツライ・・。

私は電車通勤で乗車時間が約20分、この間は一貫して本を読んでいる。趣味のひとつが読書で、電車通勤を始めた23の時から今日まで,25年間、毎朝夕(時々夜中・・)本を読んでいる。ジャンルなどという高尚なものは何も無い。ただ、手当たり次第にある本を読むと云ったスタイル。従って、月に1?2度図書館に足を運び、適当に目にとまった本を数冊まとめて借りる。私の妻も同類項なので、その点便利が良い。図書館に行く時間が無ければ、お互いが借りてきた本を手にしている。そんな事で、今朝も妻が昨日借りてきた本を手にして電車に乗った。本は、ビートたけしの「私は世界できらわれる」であった。パラパラと読み始めると、あにはからんや、これが意外と面白い。たけしがこんな事まで書くか・・・、ムチャ嬉しくなった。そこで、内容の一部を紹介する事にする。

どこのウマのホネ「履歴書」の項。  人権思想ここに極まれり

世界中で走っている何万頭ものサラブレッドの血統は全て記録されている。膨大な量の血統書をひもとけば、あらゆるウマの先祖は3頭の馬に行き着くんだね。すなわち、どこの馬の骨かすぐにわかる。こんな、書き出しで続くわけだが、云わんとする事は、日頃私が思っている事と全く同じ。同感とはこの事なり、という感じ。

要約すると、労働省指導の履歴書、面接要領などを真っ向から叩き、人権尊重大好き日本を彼独特の表現で揶揄している。中でも、労働省発行の「公正な採用選考をめざして」の内容を強烈にこき下ろしている。「家族構成から、人生観、愛読書、尊敬する人物まで、書いちゃいけない、聞いちゃいけないという。今時尊敬する人物にマルクスだのレーニンだのあげる奴はいないんだから、よけいなお世話だよ。」、こんな調子である。

久々に痛快な思いであった。そこで気分を良くし、何時もは「北浜」駅で降りるのだが、一つ手前の「天満橋」で下車し、桜並木の大川端を歩くことにした。満開の桜並木、ウキウキ気分で出社におよんだ・・。

今日は良いことありそうだ。 人権日本に栄えあれ、詐欺師天国の到来だ・・。

 

デフォルト画像

会長日記2005/04/04

新年度スタート

実質今週より17年度の企業新年度がスタート。桜の開花と共にのスタートで幸先よし。今朝、醍醐のしだれ桜が5分咲きしているのを放映しているのを観て、エッこんなに、と云う感じでしたが、通勤途上の桜がほんの少しですが開花していました。寒風の中でしたがホッとした一時でした。

今年こそ不況脱出の年にしたい。願うのでは無く、ただ目標に向かって実行あるのみ。さすれば、結果は必ず実りあるものと信じて。

私ども調査業に直接関係する法案「探偵業の業務の適正化に関する法律案(仮称)」が、大分具体化して来たようです。要綱の骨子案なるものも既に出来ているようですが、未だまだ検討課題は山積しています。一部ではつくることが先決との考え方も有るようですが、出来てからの修正は難しい。この問題に関しては、業界が一致団結して当たるしかありません。勢力争いをしているような時ではない。少しでも多くの方のご意見が頂けたらと思っています。

 

デフォルト画像

会長日記2005/04/01

個人情報保護法が本日より施行

今日4月1日より、弊社の大番頭に命ぜられ社長ブログをはじめることになりました。社長はつらい、トホホ・・。

小生、松谷廣信は、今話題の竹島問題で知られる隠岐島(島根県)の島前(西ノ島町)出身。31歳で弊社?企業サービスを起業。法人、個人の各種信用調査をメインに26年間一貫して調査業を営んでいます。

大学卒業以来ただただこの調査の仕事しか知りませんが「石の上にも3年」、何とか細々ではありますが3度の食事と1杯の晩酌ができるようになりました。零細企業ではありますが北は北海道から南は沖縄まで全国主要都市に調査情報ネットを築き、あらゆるお客様のニーズに応えるシステムを構築しております。

何か、お悩みごと、ご相談ごとが御座いましたら、お気軽にメールなりお電話なり下さいませ。私もしくは営業担当の者が懇切丁寧にお答えするはずです・・。

さて、本日4月1日より個人情報保護法が施行されました。私ども調査業に取りましては、この法の運用は一大関心事です。元々はコンピュータ普及による情報化社会の中で、個人情報の大量流出などから個人に思わぬ不利益がもたらされるなどの危惧があり、その管理が問題化した事から、適正な管理を法で義務付けようとしたものです。この事は人権、プライバシーの観点からも当然の事であり、法制化は必然と思います。ところが、法施行が近づくにつれ、日本人の利己主義からなのか、事無かれ主義からなのか、この法施行で一儲けを企んでいる誰かが仕掛けたのか、よくは判らないが、一寸反応し過ぎではと思える事があらゆる場面で出てきている。例えば、「あらゆる個人情報は本人の承諾無しには話してはいけない」と解釈している人もいるようで、何を尋ねても「それは個人情報ですから・・・、申し訳ありませんが何もお話しできません・・」等とのたまう人が非常に多くなっている。例を上げれば切りがないが、このままだと多分、日本は詐欺師集団の天国となり、犯罪天国も間近になるかも知れない。だって、「自分は東大出の大蔵官僚」と名乗ろうと、「一流商社のトップ営業マン」と宣伝しようと、それを第三者が調べる事が不可能になるからです。第三者が本人が言っている事が正しいのか確認したくても、所属先は「本人の承諾を証明するものが無ければ何もお答えできません」というのが正しい答えとなっているからです。これを逆手に取れば、嘘の言い放題、詐欺のし放題です。もう少し、事なかれ主義に走らず、何が正しく何がおかしいか、少し真剣に皆で考えてみませんか・・。

 

お気軽にお問合せください

私たちは如何なる場合に於いても、人権に配慮した調査を実施しております。部落差別に関する調査は一切お受けすることが出来ません。また、ストーカー等犯罪に絡む恐れのある調査もお受け出来ません。

  • フォームからのお問合せ
  • 見積依頼

調査項目

  • 調査会社の会長ブログ
  • 調査会社の社長ブログ
  • 調査員の採用情報
  • 暴力団排除宣言
  • 法令遵守宣言
  • グローバルサイン認証サイト SSL secured クリックして確認 GlobalSign byGMO