調査会社の会長ブログ【松谷廣信】

調査会社の会長ブログ

デフォルト画像

プライベートな話 会長日記2005/06/21

我が家の庭とその後の金魚

香里園に小さな庭付きの家を購入して早や20年。転入当初から我が家の庭は穴ぼこだらけ、と云うのは、
私も妻も多少なりとも環境問題に興味を持っており、ささやかではあるが出来るだけ家庭ゴミを出さないよう心掛けてきた。その結果である。

生ゴミ一切を、庭に穴を掘り埋める事にしている。自然の力は恐ろしいもので、家庭の生ゴミ位は1?2ケ月で殆ど土に返す。
土壌菌のなせる業とは思うが、それは驚嘆に値する。結果、毎年春先になると庭のあちこちから色んな芽が顔を出す。
中でも元気が良いのがカボチャである。所せましと我が物顔にツルを伸ばし、庭木も花もあったものではない。抜いてしまおうかと思うが、
なんとなく愛おしい。そのうちに黄色い花を咲かせ実をならせるのだ。そうして毎年夏場には無農薬カボチャにありつけるのである。
今年は例年にも増して豊作のようで、小さな庭がカボチャのツルだらけで生垣にまでよじ登っている。
多分もう少しすると我が家の生垣にはカボチャの実が御目見えするかもしれない。また、今ひとつはトマトである。
今まではトマトは上手く育ったことはないように思うが今年は元気が良い。何時の間にか妻がトマトに添え木をしている、
こうなるとさすがに引き抜く訳にはいかない。今年は無農薬トマトにもありつけそうだ。それにしても生垣にカボチャはどうも・・・、
住人の顔が見たいなどと・・・。我が家には年頃の娘が3人もいる。結婚の聞き合わせでも有ろうものなら・・、「ちょっと考えさせて貰います」
の返事になることは間違いなさそう。マアーそれはそれでいいか・・・。

5月16日のブログに書いた金魚の赤ちゃん、生後1ケ月を過ぎ体長1cm程に成長。
100匹ほど居た稚魚が生存競争の中で今は15?6匹になっているが透明の肌で胃の内容物が見える。
それを見るのが毎朝の楽しみになっている。実はその後、次男次女も生まれ、今は3男3女が孵化の準備を始めている。
このまま上手く行くと金魚の餌代で、夕食のおかずが一品減るのでは・・・と心配する此の頃である。

デフォルト画像

調査録2005/06/17

採用調査(呆れた応募者)

求人誌での営業マン中採募集に応募があった。年齢43歳、工業大学卒、大手建設会社及び住宅販売会社での職歴が3社。
面接での印象は良。言動はハキハキとしており労働意欲も十分に感じられ、面接官も「これはひろい者か・・」と思ったという。

そこで、経歴及び前職での勤怠、職務能力、退職理由などを確認する、採用調査を当社に依頼してきた。

営業から統括を経て昨日朝1番に調査員にその調査案件が配布された。調査員は、早速履歴の確認調査に着手したが、
あにはからんや調査は全く進まない。先ず、大学の卒業確認を試みたが、該当なし(大学は確認に応じてくれないが、
大学の卒業者名簿が保管されており、名簿にて確認する)。
大学新卒で就職し13年勤めたとある大手建設会社は個人情報保護を理由に職歴確認に応じてくれない。2社目の職歴、
大手住宅販売会社に確認を試みる。直接人事を訪問しても同様の理由で多分応じてくれない。そこで、
職務経歴書から読み取れる直接の所属営業所及び同部署を管轄する営業関係部署で確認に努める事とし、
かなりの時間を費やすが全く確認できない。5年間勤め2年前に退職した先である。10年も経過しておれば未だしも僅か2年前のこと、
古参社員は「私はこの部署に10年居るが全く記憶にない。2?3ケ月の短期であれば自信はないが5年となるとチョット・・」との返答。
最終3社目の中堅住宅販売会社も今ひとつハッキリしない。何時もの調子で簡単に引き受けた仕事であるが、
担当調査員は頭を抱えて調査部長に相談、「部長、この人サッパリ判りません・・、何か方法有りませんでしょうか・・」。うーん・・
部長も頭をかかえるが、何か云わなければ格好も付かない。「現住所行ってみたんか・・」、 「いえ、居住地調査は別案件になりますので」、
 「しかし、判らん場合は居住地が基本や、、。とにかく行ってこい」。早速、調査員は淀川区の申告住所地に向かった。履歴書には妻あり、
扶養家族蘭には2人と記録されているにもかかわらず、居住地はワンルームマンション。近所付き合いは全くなく、判ったのは、
家賃7万円で1年ほど前からの単身住まいというのみ。

この時点で、「履歴詐称の訳あり人物の可能性大」と判断されるが、確たる証拠はない。頭をかかえた調査員、再度部長に相談。
そこで部長、「社長この案件、少し費用かかりますがトコトンやりますよ・・」とひと声かけてきた。勿論OK。

結果はなんと業務上横領(横領金額860万円)で昨年12月に逮捕されていた事が判明。履歴は全くのデタラメで住宅販売会社ではなく、
某大手スーパーに勤務していた人であった。無論妻子など居なく独身である。

どうして判ったのか・・。それは秘密です。但し、100%警察などからの情報入手ではなく違法調査でもない。

ただ、たまたま今回のケースは上手く判ったが、必ず判るかと云われれば自信はない。今後ますます個人情報入手は難しくなるが、
その分アクがはびこる事になるのは間違いない。保証できる。

人権、プライバシーを護る為に、もっともっと大きな人権が侵害される結果になる可能性がある事を知って欲しい。

デフォルト画像

プライベートな話2005/06/13

香里天風会

以前にも天風会の事は書かして貰ったと思いますが、私は毎日曜日、京阪「香里園」駅のすぐ近くに所在する藤田医院の2階に在る、
香里天風会道場に通っている。入会して14年程になり、今では指導者的立場になっている。昨日は、天風会の最大行事である「夏期特別研修会」
に向けての実行委員会が開かれた。3年前からこの実行委員会の委員長を務めており、何かと気苦労もあるが、それを自らに課された修行と心得、
楽しく積極的にやっている。昨日は、補導、班長を中心に特別研修会での役割分担を決め、当日に向けての士気高揚に努めた。

香里の夏期特別研修会は毎年夏の盛り、7月の最終週の金、土、日で開催する事を原則としており、今年は7月22日?24日までの金、
土、日の3日間である。毎朝8時から夕方5時まで、天風先生が説かれた「心身統一法」の基本的な事を学び、修練する。
男性は短パンひとつで体操なども素足で行う(藤田医院の中庭で行うため外目につかない。
素足に上半身裸で行修出来るのは全国でも香里だけではないか・・・。)、初めての方にとっては少し異様な雰囲気で、ヒクかも知れないが、
実は理屈にかなったやり方なのである。初心者の人にとってはかなりハードかも知れませんが、3日間やり通せば必ず何かをつかむはずです。
特に精神的に疲れている方にとっては大きな力になると思います・・・。

興味がある方は何らかの形でアタックしてみませんか。連絡先は私の会社、企業サービス、松谷(06?6313?0110)か、
香里天風会事務局 川崎(072?832?4585)までご連絡下さい。研修会の内容など詳細は次の機会にまた書きます。

デフォルト画像

プライベートな話2005/06/08

同窓会

今週日月と1泊2日のゴルフを楽しんだ。「三十八会ゴルフコンペ」と称し、
中学の同級生で42歳の厄年から始まった楽しい集まりである。年に2回春秋と開催しており、今回が34回。
40代の時はかなり集まりが良かったが徐々に体調不良などで欠席者が増え、最近は2組がやっとという寂しさである。
私は幸せまことに1度も休む事無く出席しており、健康と環境に深く感謝しているところである。

ゴルフは勿論であるが中学時代の全く気のおけない仲間であり、夜の宴会がより以上に楽しい。所が、よる年波には勝てぬと云うか、
ついつい話題が健康とか定年後の余生の過ごし方などになる。先般も2人の悪ガキが頭をつき合わせて話し込んでいる。
何やら可也深刻そうな感じ、その内にお互い胸ポケットから薬物を出し比較検討をはじめたではないか・・。
それを横目でながめていた東京在住のマドンナが一言、「ん・・、もう止めてよ。歳なんだから・・」、シュンとなる2人を見て一同大笑い。
ところが、その後2人は老後の年金問題で大激論。一人は厚生労働省の職員、今ひとりは大手企業の元労働組合委員長、
私などの知識とはレベルが違う・・。興味半分で耳をそばだてていると、かの元組合委員長が面白い事を云いだした。

「最近20代、30代の若者は年金に可也不満を持っているようだ。今の60代、70代の人は非常に年金では恵まれている。
自分らは負担ばかり大きく、受給は覚束ないと・・。」、

実は私もそう思っていた。ところが、彼曰く、「今の60代、70代の人は、学校を出て就職するや給料の半分は親元に送金をして、
自分は一杯いぱいの生活で遣り繰りしたものだ。当時は今のように年金などは充実してなく、親の面倒は子が見るものと決まっており、
何の疑問も思わず親元に仕送りをしていたではないか。今の若者は就職しても未だ親の脛を齧っている。
年金制度の充実で今の親は子供に仕送りを強制する事は無いのだから、年金ぐらい確り負担しろ・・」というのである。目からうろこ、
なるほど一理ある。それにしてもこの組合委員長、会社との団交でどんな話をしていたのだろう・・・。もしかしたら分かりが良すぎたかも。

翌日のゴルフは真夏を思わせる晴天の中、スコアーはともかく、和気藹々と楽しいものであった事はいうまでもない。

デフォルト画像

会長日記2005/05/25

建設ラッシュ

我社の周囲は今建設ラッシュ。

弊社は、大阪地方・高等裁判所の東80メートルほどの所に在るが付近は高層ビルの建設ラッシュに沸いている。裁判所と当社の間で、法務局の建替工事、多分10階以上では、その隣で伊藤忠が27階建高層マンション、その南側、旧検察庁跡地に弁護士会館、その東側、旧味ノ素跡地に35階建高層マンションの工事が進められている。

そこで、負けじと我社もリニューアル工事に着手。築16年で外回り全般に手を入れなければならなくなっており、先週から工事に入った。周囲に足場を組んで覆いをしているため、部屋はくらいは、一寸横を向くと工事の兄ちゃんの顔があるはで仕事も今ひとつ手につき難い。それにしても高層の建設工事や補修工事に従事する人はすごい。20センチそこそこの足場を平地を歩いているかのごとく普通に動き回る。私は6階の窓際にいるが、その横で平然と仕事をしているのを観ると、何でもプロというのは凄いと思う。動きがよく仕事が速い・・。

弊社も調査のプロとして見習わなければ・・などと思わらされている。

お気軽にお問合せください

私たちは如何なる場合に於いても、人権に配慮した調査を実施しております。部落差別に関する調査は一切お受けすることが出来ません。また、ストーカー等犯罪に絡む恐れのある調査もお受け出来ません。

  • フォームからのお問合せ
  • 見積依頼

調査項目

  • 調査会社の会長ブログ
  • 調査会社の社長ブログ
  • 調査員の採用情報
  • 暴力団排除宣言
  • 法令遵守宣言
  • グローバルサイン認証サイト SSL secured クリックして確認 GlobalSign byGMO