調査会社の会長ブログ【松谷廣信】

調査会社の会長ブログ

デフォルト画像

戸籍法改正案に思う

探偵のひとり言2006/12/22


戸籍法の改正を叫ぶ人権団体の真の狙いは、戸籍法廃止にあると思われる。


理由は、戸籍が旧身分制度のもとで作られた経緯にあり、現在戸籍にその名残は全く無いが、
戸籍は身分差別と密接なつながりがあるとの考え方が根拠にあると思われる。


その考えに一定の理解はできるが、戸籍は我が国において人の身分(階級的身分ではない)を公証する唯一の資料であり、
これを廃止すれば社会の秩序は保てなくなる。


従って、戸籍制度が身分制度と根っこを同じくしているとして問題視するのであれば、新たな制度(戸籍に代わるもの)を作っても構わない。


私が主張したいのは、人の身分を公証する資料は公開でなければならないと言うことであって、生死・親子・兄弟・結婚・離婚くらいは、
その気になれば誰でもが判るシステムにしておかなければ社会の安全や秩序の維持が保てないと思うからである。


次期国会で政府が戸籍法の一部改正を行おうとしている理由の一つに、
 


「戸籍の中には、摘出でない子や離婚歴など他人に知られたくないと思う事項が含まれている。
従ってプライバシー保護の観点から公開制限を加える必要がある」と述べている。


最もな考え方のように思われるが果たしてそれでいいのだろうか。所謂、プライバシーの考え方を前面に出し、
知られたくないと思う事項は全て隠すことが可能な社会を形成しようと考えているとしたら、これは大変な間違いである。あえて言うなら、
犯罪を助長し擁護するシステムを作る為の改正とさえ言える。


美しい日本平和な社会とは、
人が人を信用することができ安心して暮らせる社会の事である。


ところが個人情報を完全に保護すると
顔の見えない匿名社会となり、
人と人との信頼関係は築けなくなる。


行き過ぎたプライバシーの保護はプライバシーの侵害につながり、過度の人権擁護は人権侵害につながる。

  今回の戸籍法改正の大きな目的は、交付請求の制限である。

 現行、
「何人も理由を明らかにして戸籍の交付請求をすることが出来る」となっているのを、


「自己の権利若しくは権限を行使するために必要がある場合は、戸籍謄本等の交付請求をすることができると」 改正しようとしている。


一見、第三者でも権利、権限の行使に際しては戸籍入手が可能であるかのように読み取れるが、これは言葉のまやかしであって、
一般の第三者は絶対に入手することは不可能になる。


所謂、交付請求はできるが交付はされないということです


この事はよくよく考えなければならない。現行法では「何人も理由を明らかにすれば戸籍の交付請求はできる」となっているにも関わらず、
一般的には交付されない。それを今回は法律で、「権利権限の行使に限り交付請求が出来る」と改め、
有資格者以外は全てシャットアウトしようとしており、有資格者でも詳細な理由を示さないと容易には交付しないようにしようとする改正であり、
「自己の権利若しくは権限を行使する必要があるときは、第三者でも交付請求はできる」として、
公開原則は貫いているかのように欺瞞しているもので、改正されたら市町村長は絶対に第三者請求には応じなくなることは明白である。


結婚や商取引など相手が如何なる人なのか知りたいケースは社会生活を営む以上は頻繁に生じるが、戸籍や住民票(新聞報道によると、
住民票も今以上に交付請求に制限を加え、事実上第三者は取れなくする改正案を次期国会に提出)
が取れないとなると本当の事は何一つ判らなくなる。


名前も生年月日も親子関係もすべて確認の使用がない。


ただ、相手がいう事を信じるしか方法が無いことになる。結婚を前提に交際していて、アレッと思うような事があっても、彼、
彼女が既婚者なのか離婚暦があるのか、子供が居るのか居ないのか、だだ相手が言う事を信じるしかない。このようなケースだと法律でいう
「自己の権利・権限」があるように思われるが、役所の窓口で、その事をどうして証明するのですか?。
二人でホテルに入る所の写真でも示すのですか・・、それとも何処かで婚約証明書でも書いてもらうのですか・・、公証人役場などで・・。
そう言えばこの前、某賢人がこんな事をお話なさっておられた、「既婚者でも婚約して悪いことはない」、尤もな話である。
離婚して結婚する約束をするのであれば何も問題はない。ところが現実はそんなに甘くなく、既婚者であることなどおくびにも出さず、
結婚を匂わせ彼女を口説くなどごくごく当たり前に行われている。


人の氏名、年齢、住所など住民票の記載事項にプライバシーが存在するのか・・?。


意見は分かれているが、氏名、年齢、住所などは単なる個人識別情報であってプライバシーとは何ら関係ないというのも有力な説である。


戸籍の記載事項には、その他親子関係、結婚・離婚などがあり、より多くの個人情報が記されており、
住民票より扱いが慎重になるのは一定理解できるが、
社会の安全や秩序維持の為にはある一定の個人情報が公開される必要があるのも自明の理である。


個人の利益よりも公共の福祉が優先されるように、個人情報保護よりも社会の安全や秩序の維持が優先され、
そのため一定の情報を公開にする事は止むを得ないことである。ところが、今の日本は、個人の利益や権利が何にも優先し、
人権やプライバシーが余りに優先されるが故に、社会の中に大きな歪ができ、親子の関係さえおかしくなってきている。

 

The real aim of the human rights groups calling for the revision of the Family Registration Law seems to be the abolition of the Family Registration Law.

The reason is that the family register was created under the old status system, and there are no vestiges of it in the family register today.
The idea that family registers are closely linked to status discrimination seems to be the basis for this.

I can understand this idea to a certain extent, but the family register is the only document that notarizes a person’s status (not class status) in our country.
If we abolish this, we will not be able to maintain order in society.

Therefore, if you view the family register system as having the same roots as the status system, you can create a new system (a replacement for the family register) if you see it as a problem.

What I am arguing is that the documents that notarize a person’s identity must be open to the public, such as life and death, parenthood, siblings, marriage, and divorce.
This is because I don’t think we can maintain security and order in society unless we have a system that anyone can understand if they are so inclined.

One of the reasons why the government is planning to make partial amendments to the Family Registration Law in the next session of the Diet is that

‘There are matters in the family register that you don’t want others to know about, such as non-extracted children and divorce history.
Therefore, it is necessary to add restrictions on publication from the perspective of privacy protection.

It seems to be the best way to think about it, but is that really all right? So to speak, we have brought the idea of privacy to the fore.
If we think of forming a society in which it is possible to hide all the things that we don’t want to be known, this is a serious mistake. I’m going to go out on a limb and say.
It’s even an amendment to create a system that encourages and advocates crime.

What is a beautiful Japan and a peaceful society?
It is a society in which people can trust others and live in peace.

However, when personal information is completely protected, it becomes an anonymous society where people cannot see each other.
You can’t build trust between people.

Excessive protection of privacy leads to violations of privacy, and excessive protection of human rights leads to violations of human rights.

A major purpose of this amendment to the Family Registration Law is to limit grant requests.

Current.
The law states that “any person may make a request for the delivery of a family register by revealing the reasons.

It seeks to amend it “to provide that a person may request the delivery of a copy of his or her family register, etc., if it is necessary for the exercise of his or her rights or powers.

At first glance, it may be read as if a third party can obtain a family register when exercising rights and powers, but this is a mere slip of the tongue.
It will be absolutely impossible for the average third party to obtain it.

In other words, you can apply for a grant but the grant will not be issued.

You have to think about this very carefully. Under the current law, “any number of people can request the issuance of a family register as long as the reason is clarified,” but
They are not generally granted. This time, the law changed it to “only the exercise of rights and authority is allowed to request delivery”.
It’s an amendment that seeks to shut out all but the most qualified, so that even those who are qualified will not readily grant unless they show a detailed reason.
In the case where it is necessary to exercise one’s rights or powers, even a third party may request a grant.
The publication principle is deceptive as if it were a sticking point, and it is clear that if amended, the mayor of a municipality will never respond to third-party claims.

Cases of wanting to know what kind of person the other party is, such as marriage or business transactions, occur more frequently than in social life.
(Submit an amendment to the next session of the Diet to further limit the number of requests for issuance of residence certificates and effectively make it impossible for third parties to obtain them.
If you can’t get it, you won’t know anything about the truth.

There is no name, no date of birth, no parentage, no use of confirmation at all.

The only way to do this is to believe what the other person says. If you’re in a relationship where you’re supposed to be married and there’s something that you’re not sure about, he…
I don’t know if she’s married or divorced, has kids or not, but I just have to believe what she says. In cases like this, the law says.
You seem to have “self right/authority”, but how do you prove that at a government office?
Do you want to show a photo of the two of you entering the hotel … or do you want them to write a certificate of engagement somewhere … or at a notary public office …
Come to think of it, a wise man said the other day, “There’s nothing wrong with getting engaged even if you’re married,” and it’s a fair point.
There is nothing wrong with that if you are going to divorce and promise to get married. However, the reality is not so easy. He doesn’t make any secret of his being married.
It’s a very common practice to suggest marriage and hit on a girlfriend.

Does privacy exist in the information on the resident certificate such as name, age, and address of the person?

Although opinions are divided, the leading theory is that names, ages, addresses, etc. are merely personal identification information and have nothing to do with privacy.

The family register contains more personal information, including other information such as parent-child relationships, marriage and divorce, and more.
It’s understandable that it’s more cautious than a residence certificate, but
It is self-evident that a certain amount of personal information needs to be disclosed in order to maintain social safety and order.

Just as the public welfare takes precedence over personal interests, so the maintenance of social safety and order takes precedence over the protection of personal information.
Therefore, it is unavoidable that certain information is made public. However, in Japan today, the interests and rights of the individual come first, and
The overemphasis on human rights and privacy has created a major distortion in society, and even the relationship between parents and children has become strange.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お気軽にお問合せください

東京03-6661-9138大阪06-6313-0110

私たちは如何なる場合に於いても、人権に配慮した調査を実施しております。部落差別に関する調査は一切お受けすることが出来ません。また、ストーカー等犯罪に絡む恐れのある調査もお受け出来ません。

  • フォームからのお問合せ
  • 見積依頼

調査項目

  • 調査会社の会長ブログ
  • 調査会社の社長ブログ
  • 調査員の採用情報
  • 暴力団排除宣言
  • 法令遵守宣言
  • グローバルサイン認証サイト SSL secured クリックして確認 GlobalSign byGMO

トップへ戻る