調査会社の会長ブログ【松谷廣信】

調査会社の会長ブログ

デフォルト画像

会長日記2007/01/16

船場RC年男放談

 昨日、
所属する船場ロータリークラブの初例会が心斎橋大丸の8階、「味吉兆」で開催され、例年通り年男放談が行われた。
年男は昭和10年生まれが5名、22年生まれが2名。 小生は22年生まれの還暦であり、放談する事となった次第。
そこで今日は手抜きして、その放談内容を掲載することとする。


年男、還暦と言われても全く実感がない。正直、誰が何時!と言った感じである。従って、改まって何かと言われても一寸困ってしまう。ただ、
周囲からは否応なく還暦祝いとか還暦同窓会云々など予定は色々と入ってきて、やっぱり還暦なんだな・・と徐々に実感しつつあるところである。


自分が若い頃は、還暦を迎えた人などとんでもなく高齢で可也のお爺さんに思えた、ところが自分が成ってみるととんでもなく若く子供である。
この違いはいったい何んなのか・・、自分のことは自分が一番判っているようで実は一番判っていないのか、
それとも自分に甘く他人に厳しい為なのか。


ただ、何れにしても
60歳というのは節目の年であり、
人生の一つの折り返し地点である事に違いは無い。そこで、過去
60年の人生を振り返り、
残り
60年の人生に思いを馳せてみることにする。


過去
60年、
一言でいって満足である。遅ればせながら結婚し
3人の子宝に恵まれ、
小なりと言えども一家(社)を成し、良き友人と健康に恵まれ、日々楽しく遣ってこれた。
しかし後
60年、
そう簡単には行くまい。健康に一抹の不安を抱え、最近の政治、経済、マスコミに目を転じると、眼を覆いたくなる。
経済の発展と心の豊かさは反比例し、大企業の利益と労働者の利益は反比例し、先進国は心の後進国と成り下がり、
国民の幸福感は後進国ほど高いという。ただ、周囲に目を向けると暗澹たる気持ちになるが、物は思い方考え方である。残り僅か、
泣いても笑っても
60年である。
どうせ生きるのなら「明るく、元気に、楽しく」生きようと思う。それは決して難しいことではない、何故なら、
そう思いそうすればいいのだから。

 

Yesterday.
The first meeting of Funaba Rotary Club was held at “Aji Kitcho” on the 8th floor of Shinsaibashi Daimaru, where a talk was held as usual.
There were 5 males born in the 10th year of the Showa era and 2 males born in the 22nd year. I’m 22 years old and I’m going to talk about it.
So today, I’ll cut corners and publish the contents of the discussion.

I don’t really feel it at all, even though I’m an older man and it’s my 60th birthday. Honestly, who and what time! It’s like this. Therefore, I’m a bit at a loss when it comes to what to say. Just…
I’m gradually realizing that I’m on my kanreki era.

When I was young, I thought that a person who had reached the age of 60 years would be a very old and capable grandfather.
What is this difference…? I think I know myself best, but actually I don’t know myself best.
Or is it because you’re soft on yourself and hard on others?

However, in any case, 60 years old is a milestone year, and
It must be a turning point in one’s life. So, looking back over the past 60 years of my life, I
I will reflect on the remaining 60 years of my life.

For the past 60 years.
In a word, I am satisfied. She was belatedly married and blessed with three children.
I have been blessed with good friends and good health and have been able to enjoy my life every day.
But 60 years later.
It won’t be so easy. With a hint of concern for my health, I’m tempted to cover my eyes when I turn my attention to recent politics, the economy, and the media.
The development of the economy is inversely proportional to the abundance of mind, the profits of big business are inversely proportional to the profits of workers, the developed countries are becoming backward countries of mind, and
People’s sense of well-being is said to be higher in backward countries. However, when we look at our surroundings, we feel gloomy, but things are the way we think, the way we think. There’s only so much left.
Whether you cry or laugh, it is 60 years.
If I’m going to live, I’m going to live “brightly, cheerfully, and happily”. It’s not hard at all, because
That’s all you have to do.

 

デフォルト画像

会長日記2007/01/12

年男放談

新年明けましておめでとうございます。

昨年末は、急遽田舎(隠岐)に帰らなければならなくなり、纏めのブログも書けないまま終わってしまいました。

それにしても冬の日本海は厳しい。28日の朝9時半のフェリーに乗るべく4時に大阪を出たが、大時化の為隠岐行きフェリーは全便欠航、
仕方なく松江で1泊し翌日の船に乗ることとしたが、心配した通り翌朝の便は欠航、12時30分に一便だけ出航となり、
何とか帰ることが出来た。離島の厳しさを痛感させられた年末であった。

今年は、暦の関係で9日初出とし、初日より通常業務を開始。小生は新年の挨拶回りに時間をとられ、
今日やっとブログを書くことができた。

創業29年、小生は還暦である。驚くばかりというか全く実感がない。ただ、節目の年である事に違いは無く、
還暦同窓会など予定は目白押しにある。来週月曜は早速ロータリークラブで年男放談をしなければならない。
ところが実感が無いだけに特に改まった決意も無く、何を話そうか少し頭を痛めているというのが正直なところである。

但し、年男とか還暦に関係なく、今年は調査業界に取っては大きな節目の年になる事は間違いない。
6月1日には否応なく業法が施行される。また、今国会に戸籍法及び住民基本台帳法の一部改正が先ず間違いなく上提される。
過去何回もこのブログにも書かせて貰ったが、この改正案は国民一人ひとりに直接関係する重大な問題である。
人の身分に関する公証制度の問題であり、あらゆる問題を提起し、広く国民的論議を尽くさなければならないと思うが、
一部の強力な圧力団体に押され、多くの国民が知らないうちにスッと通ってしまう可能性が高い。
従って当面はその事に警笛を鳴らしつつ積極的な運動を展開して行こうと考えている。

Happy New Year to you!

At the end of last year, I had to go back to the countryside (Oki) in a hurry, so I couldn’t write a blog to summarize it.

I left Osaka at 4:00 am to catch a ferry at 9:30 am on the 28th, but all the ferries to Oki were cancelled due to the big weather.
We had no choice but to stay overnight in Matsue and take the next day’s boat, but as we were worried, the next morning’s flight was cancelled and only one flight left at 12:30.
I managed to get home. It was the end of the year when I was painfully aware of the severity of the remote islands.

This year, due to the calendar, the first day of the month is the 9th, and we started our normal business on the first day. I had to make a New Year’s greeting rounds.
Today I finally got around to writing a blog post.

It has been 29 years since the company was founded, and I am in my 60th year. I’m not only surprised, but I don’t really feel it at all. However, it’s still a milestone year.
There are a lot of things on the agenda, including a reunion. Next Monday, I have to have a Rotary club meeting to talk about the yearling as soon as possible.
However, since I don’t have a real sense of reality, I don’t have any particular determination, and to be honest, I’m a little worried about what I’m going to say.

However, regardless of whether you are an old man or a 60-year old, there is no doubt that this year will be a major milestone for the research industry.
On June 1, the business law will inevitably come into effect. In addition, partial amendments to the Family Registration Law and the Basic Resident Registration Law will undoubtedly be submitted to the Diet.
As I’ve written on this blog many times in the past, this amendment is a serious issue that directly concerns each and every citizen.
It is a question of the notarization system regarding the status of a person, and I think we need to raise all kinds of issues and engage in a broad national debate.
Pushing by some powerful pressure groups, it is likely that many of the public will swoop through without knowing it.
Therefore, for the time being, I am thinking of developing a positive movement while sounding the alarm about this issue.

デフォルト画像

会長日記2006/12/11

忘年会

早や師走。過ぎ去った時の早いこと、驚くばかりである。12月は、
何時も泰然と構えている師も走り回る程に忙しい月とされたものであるが、我が調査業界はその言に反し意外にゆったりとしており、
「忙しいのは資金繰りばかり・・」と言うのが定説である。弊社もその説に違わず、仕事はサッパリであるが資金繰りは超多忙。
給料は2回支払わなければならないし賞与も出さなければならない、従って4?5ケ月分の給与が必要。その他お歳暮に年末挨拶の手土産、
その上に度重なる忘年会である。給与やお歳暮などはいたしかた無いがこの忘年会というのが中々の曲者。
何故かしら歳を負う毎に忘年会の数も増え、最近は12?3回が定数になってきた。飲むようで飲めない小生に取っては一寸した至難である。

そんなこんなで今夜も忘年会。正しくは船場ロータリークラブの「クリスマス家族懇親会
であるがキリスト教と無縁の小生に取っては忘年会感覚である。ただ、会社や同僚との忘年会と少し違い、家族同伴が原則で結構な催し物もあり、
最後にオークションが行われる。

オークションは、会員それぞれが商品を持ち寄りそれを競りにかけるが、これが中々面白い。
メンバーの多くが商売人であり商品もさまざまで量も多い。そのため何時もの事ながら競りに1時間を要し、売上金も相当額になる。
売上金は全額奉仕に当てられる為、競り人は競り上げに必死にならざるを得ない。

その競り役の一員に今年は割り当てられており、今日の忘年会はねじり鉢巻でひと頑張りする事となる・・。

It’s early in the month. It’s amazing how quickly the time has gone by.
It was considered to be a busy month for a master who is always ready to take his time and run around, but contrary to the saying, my research industry is surprisingly relaxed.
It is a common belief that “all you are busy with is cash flow”. Our company is no different from this theory, and although our work is slow, we are very busy with cash flow.
The salary must be paid twice and the bonus must be paid out, so you need 4 or 5 months’ salary. Other souvenirs for year-end greetings at the end of the year
On top of that, it was a frequent year-end party. I can’t help the salary and the end of the year, but this year-end party is quite an eccentric one.
I don’t know why, but as I get older, the number of year-end parties increases, and recently, 12 or 3 has become a fixed number. It’s a bit of a challenge for me, who can’t seem to drink but can’t.

And so it was a year-end party again tonight. The Rotary Club of Funaba’s “Christmas family get-together
But for me, who is not related to Christianity, it is like a year-end party. However, it is a little different from the year-end party with the company and colleagues, and there is a fine event in principle with the family.
Finally, there will be an auction.

In the auction, each member brings his or her own product and bids on it, which is quite interesting.
Many of the members are tradespeople with a variety of products and a lot of volume. As always, it takes one hour for the auction to take place and the amount of money sold is considerable.
Since all the proceeds go to the service, the auctioneer has to be desperate to make a bid.

I was assigned to be a member of the bidders this year, and I had to wear a twisted headband for the year-end party today.

デフォルト画像

会長日記2006/11/22

探偵業新法セミナー

明日11月23日は勤労感謝の日、にも係わらず東京出張の予定。

虎ノ門パストラルホテルにて、探偵業法成立に大きく貢献した衆議院議員葉梨康弘先生の特別セミナーに出席する為である。

探偵業新法は、今年6月議員立法にて成立した法律であり、正直かなり荒っぽいものである。そこで、
業法成立の為のワーキングチームの事務局長を務めておられた葉梨議員がこの度、探偵業新法の解説書を出版することとなり、
その出版記念特別セミナーを開催するという訳である。

セミナーは13時30分?18時までと4時間半と長時間に及ぶものであるが、
それだけに内容のある確りとした話が聞けるものと楽しみにしている。

Tomorrow, November 23, is Labor Appreciation Day, but I’m going on a business trip to Tokyo.

I was at the Toranomon Pastoral Hotel to attend a special seminar by Dr. Yasuhiro Harashi, a member of the House of Representatives, who made a major contribution to the establishment of the Detective Business Act.

The new Detective Industry Act, a law passed by lawmakers in June of this year, is honestly pretty rough. So.
Councilor Hari, who served as the secretary-general of the working team for the establishment of the Business Law, has decided to publish a book explaining the new law on the detective business.
We are holding a special seminar to celebrate the publication of the book.

The seminar lasted for four and a half hours, from 13:30 to 18:00.
Therefore, I am looking forward to hearing a solid story with content.

デフォルト画像

会長日記2006/11/02

バラ園と麻雀

弊社の直ぐ南側は昔デートスポットとして知られた中ノ島公園である。
最近はリニューアルされた大阪公会堂とバラ園で知られているが余り若いカップルの姿は見かけられず、寧ろ壮年、
熟年世代のゆったりとしたカップルと中年パワーむんむんのおばちゃん集団で賑わっている。

今日の昼時、秋晴れの清清しさに誘われてフラッと中ノ島のバラ園に足が向いた。
秋のバラは春の豪華さとは少し趣が違い何となく侘びしさが感じられる。
そんなバラを眺めながら難波橋から天神橋方面へとぼとぼと歩いていると、目に入って来たのが青テント、
天神橋の高架下は一寸した集落になっている。

バラ園とは余りにも似つかわしくない風景であるがこれも現実。その小集落を横目にUターンして帰ろうとすると、
青テントのそばからジャラジャラと何かをかき回すような音が聞こえる。アレッ何かなと音のする方に目を向けると、
何と青テントの住人がみかん箱を台座に4人打マージャンに興じているではないか。昼日中からバラ園を横目にマージャンである。
何とも優雅と云うか太平と云うか、一寸したカルチャーショックを覚えた昼のひと時であった。人生って・・・♪

To the south of our company is Nakanoshima Park, which used to be known as a dating spot.
It is known for the recently renovated Osaka Public Hall and the Rose Garden, but there are no young couples in sight.
The place is bustling with laid-back couples of the older generation and a group of middle-aged power-munching aunties.

At noon today, I went to the rose garden in Nakanoshima with the clear autumn weather.
Fall roses are a little different from the gorgeousness of spring, and somehow I feel a sense of wabi-sabi.
As I walked slowly towards Tenjinbashi from Namba Bridge while looking at such roses, I saw a blue tent.
The area under the elevated Tenjinbashi Bridge has become a small village.

The scenery is not very similar to a rose garden, but this is also the reality. When I was about to make a U-turn to go home, I saw a small village on the side.
From the side of the blue tent came a jittery, stirring sound of something. I turned my attention to the sound of something.
A resident of the blue tent was playing four-person mahjong with a box of mandarin oranges on a pedestal. We played mah-jongg at the rose garden in the middle of the day.
It was a moment in the afternoon when I felt a bit of culture shock. Life is…♪

お気軽にお問合せください

東京03-6661-9138大阪06-6313-0110

私たちは如何なる場合に於いても、人権に配慮した調査を実施しております。部落差別に関する調査は一切お受けすることが出来ません。また、ストーカー等犯罪に絡む恐れのある調査もお受け出来ません。

  • フォームからのお問合せ
  • 見積依頼

調査項目

  • 調査会社の会長ブログ
  • 調査会社の社長ブログ
  • 調査員の採用情報
  • 暴力団排除宣言
  • 法令遵守宣言
  • グローバルサイン認証サイト SSL secured クリックして確認 GlobalSign byGMO

トップへ戻る