調査会社の会長ブログ【松谷廣信】

調査会社の会長ブログ

デフォルト画像

中之島の風景

会長日記2007/03/29

春のポカポカ陽気につられ、昼休みブラブラと中之島公園に出かけた。天神祭の鉾流し神事で知られる鉾流し橋を渡り、
東洋陶磁美術館の横を通ってなんば橋(通称ライオン橋)の下を潜り、中之島の先端(東の端)へと歩く。

中之島の東側は船の舳先に似ており、大川に大型船が停泊しているかのような風景である。
この舳先部分を横切って天神橋が架かっているがその手前に、日本海海戦で大活躍した戦艦
「最上」
の船橋とマストが記念碑的な形で置かれ、マストは大阪市民国旗掲揚柱となっている。ところが船橋はボロボロで中はゴミの山、マストは赤錆が浮き出し戦艦
「最上」の面影など微塵もない。諸外国の戦勝記念品などはピカピカに磨き上げられ、国の誇りとして大切に保存されていると聞くが、
その情けない姿に、東郷元帥の嘆きが聞こえるようであった。大坂市庁舎は同じ中之島に在り、
中之島丸の中央ブリッジをイメージしていると思うが、先端マスト(大阪市民国旗掲揚柱)が赤錆だらけでは、遠洋航海などもってのほか、
近海航路さえおぼつかないのでは、と思えた。

嫌な気分に取り付かれそうで、足早に立ち去ろうとすると、ブブブ・ブブブ、かすかにエヤーポンプの音が聞こえてきた。アレ、
こんな公園に と不思議に思って周りに眼をこらすと、何と青テントの周囲に置かれたポリ容器の中から泡が吹き出している。
そろっと近づいて見ると、ポリ容器に電池式のエヤーポンプが設置され、3センチほどのフナが数匹泳いでいる。へー、
感心してジッと眺めていると青テントの住人が横から声をかけてきた・・。「去年の秋に産まれたフナやねん・
・」「へー、ここの大川で」「そうや・・、いっぱいいるで」「兄ちゃんこっち来てみ・・」、
裏に回ると、そこには2センチ程のメダカと、その稚魚がいっぱい居る。「アレッ、このメダカ白いな・・
」「そや、外来種や、メダカは黒ポイのと茶系と白がおるねん。白は外来種や、」「これも大川で」「そや・・」「何ぼでも増えるで・・」
「おじさん凄いな・・」、
こんなやり取りが20分ほど続いた。
おじさんからはプンと酒の臭いがしていたが眼は子供のように可愛らしかった。「またな・・、
頑張りや・・
」、一声掛けて青テントを後にした。

嫌な気分も一新し、ニコニコ顔で中之島の先端へと進むと、天神橋の橋梁下は青テント村。以前来た時もそうであったが、
今回も同じくジャラジャラ・ジャラジャラ、ご推察の通りマージャンである。4人打ちマージャン、さすがに全自動ではないが立派なものである。
昼日中から「チー・ポン・カン・ロン」、何とも優雅なものである。

帰り道、遠周りをして大阪市役所の横を通ると、南玄関は警備員と作業服姿の職員による人垣で完全にガードされている。
大川端には浮浪者姿の一団が屯している。そうー、釜が崎の住民登録抹消問題で、
一触即発の状態での睨み合いがここ1週間ほどは続いている。

人生いろいろ・・・♪♪♪。千代ちゃん、松ちゃん、

I went out to Nakanoshima Park on my lunch break in the spring sunshine. We crossed the bridge, which is known as the Hoko-nagashi ritual of the Tenjin Festival.
Passing by the Toyo Ceramic Museum, we walked under the Namba Bridge (commonly known as the Lion Bridge) to the tip of Nakanoshima (the eastern end).

The eastern side of Nakanoshima resembles a ship’s bow, as if a large ship were anchored in the Great River.
The Tenjinbashi bridge is built across this ship’s bow and the battleship that played a great role in the Battle of Japan is in front of it.
The “Mogami” boat bridge and mast are placed in a monumental way, and the mast serves as a pillar to raise the Osaka citizens’ national flag. However, the bridge is ragged and the inside is a pile of rubbish, and the mast is a battleship with red rust standing out.
There is no trace of “Mogami. It is said that memorials of victories of other countries are polished and preserved as the pride of the country.
It was as if he could hear Marshal Togo’s lament at the pitiable figure. Osaka City Hall is also located in Nakanoshima.
I think the image is of the Nakanoshima Maru’s central bridge, but with the rusty tip mast (the flag-raising pillar of the Osaka citizens’ flag), it is impossible for distant seagoing.
It seemed that they could not even find a short sea route.

I was about to be haunted by a nasty feeling, and as I walked away quickly, I heard the buzzing, buzzing, faint sound of an air pump. Oh, man.
When I looked around the park, I found that bubbles were coming out of the plastic containers around the blue tent.
As I looked closer, I saw a battery-powered air pump installed in a polyethylene container, and a few crucian carp as small as three centimeters were swimming around. Heh.
As I was looking at it with admiration, a resident of the blue tent called out to me from the side. “A beech that was born last fall.
He said, “Hey, here in the big river”, “Yes, there are many of them”, “Brother, try this way…”.
When I went around to the back, there were a lot of medaka and their fry as small as two centimeters. “Oh, this medaka is white…
It’s a great way to get a better idea of what’s going on in your life. White is an invasive species, and this is also from the Great River.
This exchange continued for about 20 minutes.
He smelled of pummies and liquor from his uncle, but his eyes were as pretty as a child’s. I’ll see you…
We left the blue tent with a shout of “Go for it!

With a smile on my face, I made my way to the tip of Nakanoshima and found myself in a blue tent village under the bridge of Tenjin Bridge. As was the case when I was here before.
It’s the same as this time, jalajala jalajala, as you might guess, mahjong.
Chi Pong Can Long” from midday, what an elegant thing to do.

On the way back home, I took a long way around and passed by Osaka City Hall, where the south entrance was completely guarded by security guards and staff in work clothes.
A group of vagabonds is stationed at Okawabata. Yeah, it’s a problem with the cancellation of Kamagasaki’s resident registration.
The standoff has been going on for the past week or so.

Life is so many things…♪♪. Chiyo-chan, Matsu-chan.

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お気軽にお問合せください

私たちは如何なる場合に於いても、人権に配慮した調査を実施しております。部落差別に関する調査は一切お受けすることが出来ません。また、ストーカー等犯罪に絡む恐れのある調査もお受け出来ません。

  • フォームからのお問合せ
  • 見積依頼

調査項目

  • 調査会社の会長ブログ
  • 調査会社の社長ブログ
  • 調査員の採用情報
  • 暴力団排除宣言
  • 法令遵守宣言
  • グローバルサイン認証サイト SSL secured クリックして確認 GlobalSign byGMO