調査会社、企業サービスの吉本哲雄が書き綴っています。

古仁屋201

古仁屋(コニヤ)201は極上の隠れ家。

奄美大島最南端、瀬戸内町古仁屋という小さな港町にあります。

3畳ほどのスペースで高さは2m足らず。船舶用の照明器具が二つ取り付けられています。

入り口の手摺りは地元の浜辺で見つけた流木。

壁と天井は漆喰塗りで心地いい空間です。

幅40センチ足らず、高さ90センチほどの床扉から出入りします。

インテリアを兼ねて三味線。

ゴミ箱なのかインテリアなのかよく分からない金属製の入れ物。

ハンモックはアンバランスですが子どもたちには人気のようです。
夜は窓から星が美しく、月の明かりも満喫できます。
古仁屋(こにや)201と言う名前ですが、201以外部屋はありません。
テレビが設置されていますが無い方が幸せですね。
夜は虫やカエルの声がうるさいですが、ここに一人でいると不思議と落ち着くんです。

いい思い出になりました^ ^

古仁屋201コニヤ
古仁屋201コニヤ三味線

古仁屋201コニヤ
古仁屋201コニヤ表札
古仁屋201コニヤ
古仁屋201コニヤ
IMG_2044.2014-12-29_004512
古仁屋201コニヤ

Koniya 201 is an excellent hideaway.

It is located in a small port town called Furuniya, Setouchi-cho, the southernmost point of Amami Oshima.

The space is about three tatami mats and is less than two meters high. Two marine lighting fixtures have been installed.

The handrail of the entrance is driftwood found on the local beach.

The walls and ceiling are plastered and comfortable.

It is accessed through a floor door that is less than 40 centimeters wide and about 90 centimeters high.

A shamisen that doubles as an interior.

It’s a metal container that I’m not sure if it’s a garbage can or an interior.

The hammock is unbalanced but seems to be popular with the kids.
At night, the stars are beautiful through the windows and you can enjoy the moonlight.
It’s called Koniya 201, but there are no other rooms except for 201.
There’s a TV installed, but I’m happier without it.
The bugs and frogs are noisy at night, but I find it strangely calming when I’m alone here.

It was a good memory ^^

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近のコメント