調査会社の会長ブログ【松谷廣信】

調査会社の会長ブログ

デフォルト画像

プライベートな話2006/01/19

直木賞 東野圭吾

東野圭吾が直木賞。寝ぼけまなこでテレビをつけると「東野圭吾が直木賞受賞」と報じている。エッ・・、今頃何を・・・。
私の頭の中では、「東野圭吾」と言えば、押しも押されもせぬベストセラー作家。直木賞などはとっくの昔に受賞していて、
既に選考委員に名を連ねているのでは、と思っていたくらいだから正直ビックリした。と同時に直木賞てすごいんだなーと。
何れにしても目出度いニュースであった。ライブドアの強制捜査にも驚いたが、同じ驚きでも中味は大違い。
東野圭吾に一時期はまっていた私には久々に聞く、明るく楽しいニュースであった。

何時も思うことだが、マスコミのマイナス思考というか、
余り聞きたくも無い暗い事件や事故のニュースを第一優先に報じる姿勢は何とかならないものかと。例えば、少なくとも朝一番のニュースは、
昨日のように「東野圭吾が直木賞受賞」などと、どんなことでもいいから明るく楽しいニュースからスタートするとか。そんな改革ができれば、
もう少し日本は楽しい国になるのでは・・・。

Keigo Higashino won the Naoki Prize. I turn on the TV with a sleepy eyebrow and it reports that Keigo Higashino has won the Naoki Prize. What are you doing now…?
In my mind, “Keigo Higashino” is an indisputable best-selling author. It’s been a long time since I’ve won a Naoki Prize or something like that.
To be honest, I was surprised because I thought that he had already been named as a member of the selection committee. At the same time, I realized that the Naoki Prize is amazing.
In any case, it was a worthy news. I was also surprised by the Livedoor raid, but even if it was the same surprise, the content was far different.
I had been addicted to Keigo Higashino for a while, so I hadn’t heard this news for a long time.

It always seems to me that the negative thinking of the media, or
I wonder if there is something that can be done to give first priority to news of dark incidents and accidents that we don’t want to hear. For example, at least the first news of the morning.
Like yesterday, “Keigo Higashino won the Naoki Prize,” or whatever, and start with cheerful, fun news. If we could make such a reform.
Maybe Japan can be a little more fun…

デフォルト画像

プライベートな話2005/11/21

郷土の誇り、 その後プライバシー

昨日(日曜日)、関西西郷会(隠岐の島の通称島後と呼ばれる島の中心部、
旧西郷町出身の関西在住者の会)の総会に、近畿国賀会(隠岐の島の島前地区、西ノ島町出身者の会)の会長を務めている関係で招待があり、
参加した。島は違っても同じ隠岐の島の出身。顔見知りの人も多く、楽しい一時を過ごすことが出来た。

なんと、その中に教王護国寺(京都の東寺)の長者、砂原秀遍氏がお見えになっていた。
東寺の長者と言えば真言宗最高位の方である。そんな偉い方が何で関西西郷会に顔を出しているのか・・・。

実は、砂原さんは隠岐の島の出身なのです。まさに郷土の誇り。
御自身挨拶の中でもお話になっておられたが、学歴は尋常小学校卒。「仏の道に学歴は関係ない」と言えばそれまでだが、それにしても凄い。
普通であれば直接お話など出来ない方だが、とにかく気取りのない気さくな方で、私ごときにも気軽に応じてくれた。ありがたいことである。
何時もながら充実した休日であった。

そんな良い気分で出社したが、今は少し血圧が上がっている。このブログを書いている横で調査員が
何がプライバシーだ・・」と、怒り心頭に達した感じで電話で怒っている。「何を怒っているん・・・?」
、調査員に問いただすと、こんどは、調査員の答えに皆が大笑い。楽しくて笑うのではない、笑うしかないから笑っている。

調査員曰く、「古い所番地なのか地図を幾ら調べても場所が特定できないので該当地の役場
大阪の阪南市役所」に電話を入れ、○○町○○番地はどこらでしょうか、
地図を見ているのですがよく分からないので教えてください・・、」、と尋ねた。するた役場の女子事務員、「エッ、それは教えられません、
一寸まって下さい」、そこで上司らしい人に電話を変わる、そこで調査員が再度繰り返し住所を尋ねると、その上司曰く
それはプライバシーですからお応えできません」とのたまったとのこと。
個人名を出して住所を尋ねた訳ではない・・。ただ単に住所を聞いただけであると言う。そこで、
何がプライバシーだ」とつい大声になったとのこと。 やはり笑うしか方法がない・・。
笑い話でない本当の話。

Yesterday (Sunday), I visited the Kansai Saigo-kai (located in the center of the island commonly called Shimago in Oki Island).
I was invited to the general meeting of the Kinki Kokuga-kai (Association of people from Nishinoshima-cho, Shimamae area of Oki Island) as I am the president of the Kinki Kokuga-kai (Association of people from Nishinoshima-cho, Shimamae area of Oki Island).
Participated. He is from the same Oki Island, although the islands are different. We had a good time with many familiar faces.

Among them was Mr. Sunahara Shuben, the chief priest of Kyougo Gokokuji Temple (Toji Temple in Kyoto).
He is the highest-ranking member of the Shingon sect. Why is such a great person appearing in the Kansai Saigo-kai…

In fact, Mr. Sunahara is from the Oki Islands. It is truly the pride of the hometown.
As you mentioned in your greeting, your educational background is an ordinary elementary school graduate. You can say “Education is not a factor in the path of Buddha” and that’s it, but it’s still great.
He is not a person you would normally be able to talk to directly, but he is an easy-going person who is easy to talk to, even for me. Thank goodness for that.
It was a fulfilling holiday as usual.

I went to work in such a good mood, but now my blood pressure has risen a bit. As I’m writing this blog, an investigator
‘What’s with the privacy…’ he calls angrily, feeling like he’s reached his angry mind. What are you angry about…?
When I confronted the investigator, everyone laughed at his answer. I don’t laugh because I’m having fun, I’m laughing because I can’t help but laugh.

The investigator said, “I couldn’t identify the place no matter how many times I checked the map, whether it was an old address or the town hall of the place.
Call Hannan City Hall in Osaka and ask for the address of the town.
I’m looking at the map, but I’m not sure, so please tell me…,” he asked. A female clerk at the Surita Town Hall said, “Ehh, I can’t tell you that.
Then the phone changes to someone who looks like a boss, where the investigator repeatedly asks for the address, and the boss says
I can’t respond to that because it’s private.
I didn’t ask for an address with a personal name… He says he simply asked for the address. So.
What’s your privacy?” she said loudly. After all, the only way is to laugh…
A true story, not a funny one.

デフォルト画像

プライベートな話2005/11/08

素晴らしい土日

5日土曜日は朝から妻と2人で京都へ。午前中は京都国立博物館の特別展覧会「最澄と天台の国宝」を観た。
国宝級の数多くの仏像を拝観し、心洗われる思いであった。あまりの展示物の多さに少々疲れ気味であったが素晴らしい展覧会であった。その後、
娘が学ぶ学校の教育講演会に出席。映画「森の学校」(河合雅雄原作、西垣吉春監督)を観賞した。これがまた素晴らしかった。
原作者宮崎雅雄の子供時代(昭和10年代の丹波笹山)を映画化したものであるが、私の幼少時の原風景と寸分違わないと言った感じで、
懐かしく又楽しく観賞する事ができた。子供が子供らしく伸び伸びと自然に親しみ成長することの大切さ、
そんな中から豊かな人間性が形成されることを強く訴えかける素晴らしい映画であった。上映と講演のために西垣監督がお見えになっていたが、
監督のお顔がまた素晴らしかった。

翌日曜日午前中は天風会の日曜行修に参加。月初めは何時も体操の後、天風先生の講演テープを聞く会(月例会)になっており、
昭和39年の講習会で先生がお話になった「信念と奇跡」と題する70分のテープを拝聴した。これがまた素晴らしかった。
内容を要約するのは難しいが「人生における信念の大切さ、そして信念を強くする具体的方法と信念発揮の方法」
を懇切丁寧に説いているものであった。

午後はまた妻と2人で長女が研究室勤めをしている大学の学園祭を見に行った。久しぶりに娘が明るく活き活きとして働く姿をみて一安心。
充実した素晴らしい土日であった。

明日は東京出張。全国調査業協同組合が主催する教育研修会に参加する為である。今回の研修会講師は衆議院議員の山本拓先生
(調査業に関するワーキングチームの座長)であり、調査業法案に関するいろんな話が聞けるものと楽しみにしている。同時に、
自分なりの考え方も先生に申し上げてみたいと思っている。

My wife and I went to Kyoto in the morning on Saturday. In the morning, I visited the Kyoto National Museum’s special exhibition “Saicho and the National Treasures of Tendai”.
It was very refreshing to see so many statues of Buddha that are national treasures. It was a wonderful exhibition, although I was a little tired from the sheer number of exhibits. After that.
She attended an educational lecture at her daughter’s school. I watched the movie “School of the Forest” (written by Kawai Masao and directed by Nishigaki Yoshiharu). This was great again.
The film is an adaptation of the childhood of the author Miyazaki Masao (Tanba Sasayama in the Showa 10’s), and it is no different from the original landscape of my childhood.
I was able to enjoy watching it both nostalgically and happily. The importance of a child’s growth and development in nature, and the importance of a child’s ability to grow up in nature.
This is a wonderful film that strongly emphasizes the formation of a rich humanity from such a situation. Director Nishigaki was there for the screening and lecture, but
The director’s face was great again.

The following Sunday morning, I participated in the Sunday Goshu of the Tenpukai. At the beginning of the month, we always have a monthly meeting to listen to a lecture tape of Dr. Amikaze after exercise.
I listened to a 70-minute tape titled “Beliefs and Miracles,” which he spoke about at a seminar in 1964. This was great again.
It’s hard to summarize the content, but “the importance of beliefs in life, and specific ways to strengthen them and demonstrate them.
It was a careful and thoughtful explanation of the meaning of the term “I’m going to do this.

In the afternoon, my wife and I went to see the school festival at the university where my eldest daughter works in a laboratory. I was relieved to see my daughter working cheerfully and vigorously for the first time in a long time.
It was a great and fulfilling Saturday.

I’m going on a business trip to Tokyo tomorrow. To participate in an education and training session organized by the National Association of Surveyors. Mr. Taku Yamamoto, a member of the House of Representatives, was the lecturer at this workshop.
I’m looking forward to hearing all sorts of stories about the Survey Industry Bill. At the same time.
I would like to express my own ideas to you.*

デフォルト画像

プライベートな話2005/10/24

天風会

昨日、香里天風会の秋の1日行修会が行われた。今春までは神戸の山田先生に講師をお願いしていたが90歳余のご高齢という事もあり、
余り無理をお願いしても・・との思いから、今回は南方先生にご指導頂くこととなった。午前2時間、午後2時間の天風教義は「運命を拓く」
と題し、パワーポイントを使っての講義であった。内容の充実した素晴らしい講義で、切り口の面白さもあり、計4時間がすごく短く感じられ、
非常に充実した1日を過ごすことができた。

Yesterday, a one-day autumnal workshop of the Kori Tenpukai was held. Until this spring, we had asked Dr. Yamada of Kobe to be our lecturer, but since he is more than 90 years old, we decided to ask him to be our lecturer.
Because I thought it was too much to ask, I asked Mr. Minakata to teach me this time. Two hours in the morning and two hours in the afternoon, the Heavenly Wind Doctrine “paves the way for destiny.
He gave a lecture using PowerPoint. It was a great lecture with a lot of content and an interesting point of view, and the four hours seemed very short.
I had a very productive day.

デフォルト画像

プライベートな話2005/09/26

近畿国賀会と鮨江戸時代

昨日、近畿国賀会の第41回総会が大阪の南で開催された。

近畿国賀会とは、日本海に浮かぶ孤島、隠岐の島(島根県)の島前地区(隠岐は大きく分けて島前、島後の2つに分けられる)
当たる西ノ島町出身者の近畿在住者の親睦会である。私は昨年よりこの会の会長を仰せつかっているが、これが思ったよりも大変。
オール手作りの会で、毎年の事とは言いながら当日の会場設営は勿論、その準備及び準備の為の打ち合わせなど、
当日にこじつけるまでが中々である。

こうした会の世話役を務める人には正直頭が下がる思いである。決して出しゃばること無く、肩を張ることなく、
皆が郷里を懐かしんで喜々として手伝って呉れる。同郷の士の結束を味わえる喜びのひと時である。

昨日の総会は、出席者160名。昨年は40回記念総会という事もあり250名強の大人数であったが今年は数的には少し淋しかった。
しかし、座の盛り上がりは昨年に勝るとも劣らない賑やかなもので、出席者の皆から、「中々よかった」との言葉を頂くことができ、
主催者としての喜びを味わうことができた。

今日は昼から東京出張。得意先への挨拶周りも兼ねてであるが、知人が今日、東京の麹町で鮨屋を開店する為のお祝いが一番の目的である。
場所は、麹町4?3?9(メトロ麹町駅から徒歩1分)、屋号は
鮨 江戸時代
」。
10坪程の小さな店であるが、安くて美味しい鮨をとことん追求した店である。
私も店作りには計画段階から関わっており、ひとごとでなく、大いに期待している。そして、
来年3月には赤坂見付の駅前で「鮨 江戸時代」
2号店
オープンを予定し、
最終的には鮨屋の上場を目指しているのである。

Yesterday, the 41st general meeting of the Kinki Kokaga Kai was held in the south of Osaka.

The Kinki Kokugakai is the Shimamae area of Oki Island (Shimane Prefecture), an isolated island in the Sea of Japan (Oki is broadly divided into two parts: Shimamae and Shimago).
It is a friendship party for people living in Kinki who are from Nishinoshima-cho. I have been the president of this association since last year, but this is more difficult than I thought.
It’s an all-hands-on-the-ground meeting, and although it’s a yearly event, we not only set up the venue on the day of the event, but also prepare for it and have meetings to prepare for it.
It’s not easy to get it right on the day of the event.

I must admit that I have a lot of respect for the people who take care of these groups. No need to be intrusive, no need to stand on your shoulders
Everyone looks back on their hometown and is happy to help out. It is a joyful moment to taste the unity of the people of our hometown.

Yesterday’s general meeting was attended by 160 people. Last year, there were more than 250 people because of the 40th Anniversary General Assembly, but this year, it was a little lonely in terms of numbers.
However, the turnout was as lively as last year’s, and all the attendees commented that it was a very good event.
I had the pleasure of being the organizer.

I’m on a business trip to Tokyo from noon today. The main purpose of my visit was to celebrate the opening of a sushi restaurant in Kojimachi, Tokyo, by an acquaintance of mine.
It’s located at 4-3-9 Kojimachi (1 minute walk from Metro Kojimachi station), and it’s called
Sushi Edo-era is a small shop with a floor space of only 2.5 square meters, but it is a place that pursues cheap and delicious sushi.
I’ve been involved in the creation of the store from the planning stage, and I have high hopes for it. And.
In March of next year, “Sushi Edo Period” will be held in front of Akasaka Mitsuke Station.
The second store is scheduled to open.
Eventually, he hopes to list his sushi restaurant.

お気軽にお問合せください

東京03-6661-9138大阪06-6313-0110

私たちは如何なる場合に於いても、人権に配慮した調査を実施しております。部落差別に関する調査は一切お受けすることが出来ません。また、ストーカー等犯罪に絡む恐れのある調査もお受け出来ません。

  • フォームからのお問合せ
  • 見積依頼

調査項目

  • 調査会社の会長ブログ
  • 調査会社の社長ブログ
  • 調査員の採用情報
  • 暴力団排除宣言
  • 法令遵守宣言
  • グローバルサイン認証サイト SSL secured クリックして確認 GlobalSign byGMO

トップへ戻る