調査会社の会長ブログ【松谷廣信】

調査会社の会長ブログ

デフォルト画像

直木賞 東野圭吾

プライベートな話2006/01/19

東野圭吾が直木賞。寝ぼけまなこでテレビをつけると「東野圭吾が直木賞受賞」と報じている。エッ・・、今頃何を・・・。
私の頭の中では、「東野圭吾」と言えば、押しも押されもせぬベストセラー作家。直木賞などはとっくの昔に受賞していて、
既に選考委員に名を連ねているのでは、と思っていたくらいだから正直ビックリした。と同時に直木賞てすごいんだなーと。
何れにしても目出度いニュースであった。ライブドアの強制捜査にも驚いたが、同じ驚きでも中味は大違い。
東野圭吾に一時期はまっていた私には久々に聞く、明るく楽しいニュースであった。

何時も思うことだが、マスコミのマイナス思考というか、
余り聞きたくも無い暗い事件や事故のニュースを第一優先に報じる姿勢は何とかならないものかと。例えば、少なくとも朝一番のニュースは、
昨日のように「東野圭吾が直木賞受賞」などと、どんなことでもいいから明るく楽しいニュースからスタートするとか。そんな改革ができれば、
もう少し日本は楽しい国になるのでは・・・。

Keigo Higashino won the Naoki Prize. I turn on the TV with a sleepy eyebrow and it reports that Keigo Higashino has won the Naoki Prize. What are you doing now…?
In my mind, “Keigo Higashino” is an indisputable best-selling author. It’s been a long time since I’ve won a Naoki Prize or something like that.
To be honest, I was surprised because I thought that he had already been named as a member of the selection committee. At the same time, I realized that the Naoki Prize is amazing.
In any case, it was a worthy news. I was also surprised by the Livedoor raid, but even if it was the same surprise, the content was far different.
I had been addicted to Keigo Higashino for a while, so I hadn’t heard this news for a long time.

It always seems to me that the negative thinking of the media, or
I wonder if there is something that can be done to give first priority to news of dark incidents and accidents that we don’t want to hear. For example, at least the first news of the morning.
Like yesterday, “Keigo Higashino won the Naoki Prize,” or whatever, and start with cheerful, fun news. If we could make such a reform.
Maybe Japan can be a little more fun…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お気軽にお問合せください

私たちは如何なる場合に於いても、人権に配慮した調査を実施しております。部落差別に関する調査は一切お受けすることが出来ません。また、ストーカー等犯罪に絡む恐れのある調査もお受け出来ません。

  • フォームからのお問合せ
  • 見積依頼

調査項目

  • 調査会社の会長ブログ
  • 調査会社の社長ブログ
  • 調査員の採用情報
  • 暴力団排除宣言
  • 法令遵守宣言
  • グローバルサイン認証サイト SSL secured クリックして確認 GlobalSign byGMO