調査会社の会長ブログ【松谷廣信】

調査会社の会長ブログ

デフォルト画像

戸籍、住民票問題

探偵のぼやき2006/01/27


私にとって今最大の関心事は、戸籍・住民票問題です。昨年、調査業者が行政書士を通して戸籍・
住民票を入手していた事に端を発し、今国会で戸籍・住民票を原則非公開にとの改正案が上程される見込みになっております。この事は、
個人情報、プライバシー、人権の流れからすると、「自然で尤もな改正案」と一般には思わるかも知れませんが、実は大変な問題なのです。


一般には、自分の戸籍や住民票が他人に見られる、となると何となく嫌な感じがする。そこで
「本人の承諾なしには取れなくする」というのは結構な事だと。又、マスコミ嫌いの政治家も、結構な法改正ではないかと思うのではないか・・。
ところが、一歩踏み込んで考えると、人の身分を公証する資料は戸籍・住民票以外にはない。その戸籍・住民票を「公開原則」から「非公開原則」
に改められたら、嘘のつき放題である。


何故ならば、氏名、生年月日、住所、親子関係、結婚の有無などは戸籍・住民票でしか確認ができない。
これを非公開にすると云う事は、真に相手が誰であるのか確認する手段が奪われるという事です。従って、
身分に関する事項で幾ら嘘を言ってもOK。名前も歳も住所も嘘のつき放題。ましてや、結婚歴や親子関係などは・・、
過去何回離婚していようが子供が何人いようが、初婚、独身で通る。入籍して始めて判ったのでは後の祭りでしかない。
単身赴任者が独身を装って彼女を口説くなどは今では日常茶飯事である。ところが、今はそれでも疑いを持てば、法的には現戸籍は、
「何人でも理由を明らかにして請求する事ができる」となっており、確認手段はあるが、法改正が行われればその手段さえ奪われてしまう。


戸籍・住民票の改正案は、プライバシー保護を理由に、大きな人権が侵される結果を招く怖れが十二分にある。

 

The biggest concern for me now is the issue of family register and residency papers. Last year, an investigative agency, through an administrative scrivener
It is expected that the amendment of the family register and the certificate of residence will be submitted to the Diet to make it non-public in principle, because of the fact that the person had obtained the certificate of residence. This is…
In terms of the flow of personal information, privacy and human rights, it may seem to the public that this is a “natural and plausible amendment”, but it is actually a very serious matter.

In general, there is a sense of disgust when one’s family register or residence certificate is seen by others. there
It’s a good thing you can’t take it without your consent. Also, politicians who don’t like the mass media may think that this is a good revision of the law…
However, if you think about it a little further, there are no other documents that can notarize a person’s identity other than the family register and residence certificate. The family register and certificate of residence have been changed from the “open principle” to the “private principle”.
If it is changed to a new name, it will be able to tell as many lies as it wants.

This is because the name, date of birth, address, parent-child relationship, marriage status, etc. can only be confirmed by the family register and residence certificate.
By keeping this private, you are taking away the means to verify the identity of the person you are dealing with. Therefore, the
You can lie about your identity, your name, your age, your address, as much as you like. Not to mention the marital status and parentage…
It doesn’t matter how many divorces you’ve had in the past or how many children you have, you go through as a first marriage or single. It’s only after the fact that I found out about it after I got married.
It’s a common occurrence nowadays for a single person to pretend to be single and woo a girlfriend. However, nowadays, if you still have doubts, your current family register is legally
It states that “any person may make a claim for any reason,” and while there is a means of confirmation, even that means will be taken away if the law is changed.

The proposed amendments to the family register and residency record are more than enough to result in the violation of human rights on the grounds of privacy protection.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お気軽にお問合せください

東京03-6661-9138大阪06-6313-0110

私たちは如何なる場合に於いても、人権に配慮した調査を実施しております。部落差別に関する調査は一切お受けすることが出来ません。また、ストーカー等犯罪に絡む恐れのある調査もお受け出来ません。

  • フォームからのお問合せ
  • 見積依頼

調査項目

  • 調査会社の会長ブログ
  • 調査会社の社長ブログ
  • 調査員の採用情報
  • 暴力団排除宣言
  • 法令遵守宣言
  • グローバルサイン認証サイト SSL secured クリックして確認 GlobalSign byGMO

トップへ戻る