調査会社の会長ブログ【松谷廣信】

調査会社の会長ブログ

デフォルト画像

青春の思いで

会長日記2018/11/01

先週土曜日(10月27日)、名古屋で、友人の会社の創立40周年記念があり、行って来た。そのついでに、思いつきで豊川に足を伸ばした。

実は、豊川は、私が18歳から23歳まで、それこそ青春の真っ只中を過ごした、思い出の地です。片田舎の小さな街ですが、甘酸っぱい思いでが一杯のところなんです。

昼前に豊橋駅で飯田線に乗り換え豊川へ。ほぼ50年ぶりです。駅はすっかり変わっていましたが、町並みに大きな変わりはなく、次から次から、色んな思いが頭をよぎり、懐かしさで一杯になった。

私は当時、その豊川稲荷の裏側にあった「宮地壮」という6畳一間のアパートに4年間仮住まいをしてたが、まさかとは思いながら、お稲荷さんの裏を抜けて行ってみた。驚く無かれ、何と、その宮地壮がそのまま残っていたのです。ビックリ・クリクリ・クリックリ(是は私の郷里、隠岐郡西ノ島町に大山地区の出身、吉本の芸人、浜根隆のギャグ。)。驚いたの何の!

外は少し手を入れてありましたが、中に入ってみると、ほぼそのまま。玄関を入って直ぐ右側が共同炊事場になっていましたが、それもそのまま。全く手が加えられてなく、2階に上がる階段もそのまま。無茶苦茶感動しました、涙が出るほど懐かしかった。そこで何があったという訳ではないが・・・、たぶんそこに青春の思い出が一杯詰まっているから何でしょうね・・・。

そういえば、22・3歳までの1年と、この歳になっての1年の、長さの違い。驚くばかりです。1年の時間の長さは変わらないが、何故こんなに違うのかと思います。これは、どうも感動を覚える感覚の違いによるものらしい・・。

子供の頃は何を見ても、一寸した事でも喜び感動する。ところが、歳と共に、喜怒哀楽の感情が鈍くなり、感動を覚えることが少なくなる。故に、1年がアッと云う間に過ぎ去ってしまう事になるようです。という事からすると、後何年生きるかは判らないが、限られた命です。同じ1年を少しでも長く感じられるような、いき方をしなければ・・・。50年ぶりの宮地壮からそんなことを感じさせられました。

 

懐かしの宮地壮

P_20181027_123101

 

豊川稲荷の総門

P_20181027_120930P_20181027_120913

中 門

P_20181027_121100

豊川稲荷本殿

P_20181027_121641P_20181027_121528

 

Last Saturday (October 27th), a friend’s company had its 40th anniversary in Nagoya, and I went there. In the meantime, I went to Toyokawa on a spur of the moment.

Actually, Toyokawa is the place where I spent the middle of my youth from the age of 18 to 23. It’s a small town in the countryside, but it’s full of sweet and sour thoughts.

Before noon, I changed to the Iida line at Toyohashi station to Toyokawa. It’s been almost 50 years. The station had changed completely, but the townscape hadn’t changed much, and I was filled with nostalgia as all sorts of thoughts reverberated through my mind one after another.

At that time, I lived temporarily for four years in a 6 tatami-mat, one-room apartment called “Tsuyoshi Miyaji” on the back side of the Toyokawa Inari. Surprisingly enough, what’s more, that Miyaji-so was still intact. (This is the gag of Takashi Hamane, the comedian of Yoshimoto, who hails from the Oyama district in my hometown, Nishinoshima-cho, Oki County. . You scared the shit out of me!

The outside had been touched up a bit, but once inside, it was almost intact. Immediately to the right of the entrance is the communal kitchen, but that too is unchanged. It’s completely untouched, and the stairs to the second floor are intact. I was so moved, I missed it so much that I cried. It’s not that what happened there…but it’s probably because it’s filled with the memories of my youth….

Come to think of it, there is a difference in the length of the year to 22 or 3 years old and the year to this age. It’s amazing, the length of time in a year remains the same, but I wonder why it’s so different. This seems to be due to the difference in the sense of being moved…

When I was a child, I was delighted and moved by whatever I saw, even the slightest thing. However, as we get older, our emotions of joy and sorrow become dull and we are less moved. Therefore, the year seems to fly by in the blink of an eye. I don’t know how many years I will live, but my life is limited. I have to do my best to make the same year feel longer…..

nostalgic Takeshi Miyaji

Toyokawa Inari’s main gate
Middle gate

Toyokawa Inari main hall

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お気軽にお問合せください

東京03-6661-9138大阪06-6313-0110

私たちは如何なる場合に於いても、人権に配慮した調査を実施しております。部落差別に関する調査は一切お受けすることが出来ません。また、ストーカー等犯罪に絡む恐れのある調査もお受け出来ません。

  • フォームからのお問合せ
  • 見積依頼

調査項目

  • 調査会社の会長ブログ
  • 調査会社の社長ブログ
  • 調査員の採用情報
  • 暴力団排除宣言
  • 法令遵守宣言
  • グローバルサイン認証サイト SSL secured クリックして確認 GlobalSign byGMO

トップへ戻る