調査会社の会長ブログ【松谷廣信】

調査会社の会長ブログ

デフォルト画像

生と死

会長日記2013/06/05

最近人の死について考えさせられる事が多くなった。還暦を過ぎ5年も経つと、当然と云えば当然であろうが、友人知人、親戚縁者から不幸の知らせを受ける事が多く、「人は必ず死ぬ」と云うことは百も承知しているが、聞く度ごとに、「何故・・?、何でそんな・・?」などと思い、死ななくても良いのに・・と、愕然とする。

 ただ、不思議なもので、年齢と共に人は、死をそんなに恐がらなくなる様にも思う。人間は20歳を少し過ぎると徐々に死の準備をはじめ、平均寿命が来るころには、心も身体も、「そろそろまーいいか」と云う状況に至り、自然に任せておけば、そんなに苦しまずに、結構穏やかに死を迎えられるらしい・・・。

 で、死んだらどうなるのか・・・?。

 私の周辺では、「肉体は死んでも魂は死なない」「魂は絶対の存在で、永遠に不滅」と云うのが一般的であり、私もその様に思っている。

 だが、魂は魂であり、絶対不滅で永遠ではあるが、肉体から離れると多分今の私では無く、本来の私に帰るのではないか等と考えている。

 しかし、一方で、臨死体験とか幽体離脱などの話を聞くと、そうした現象では、自分を自分で意識していると云うか、私と云う意識が有るらしい。また、一方では、現世での生き方が死後の世界に影響すると説く人もいる。単に、教育や道徳を説く為の材料としてでは無く、信念的にそう思っている人も居る。

 そんな事を思い考えていたら、最近、「人は死なない。では、どうする?」(矢作直樹×中健次郎)と、百田直樹の「永遠のゼロ」と言う本に出会った。何れも、友人の薦めによってであるが、流石に薦められるだけの本であった。

 「生と死」 小生のようjな凡人には判りようも無いが、しかし人は、常に「生と死」を考えながら自らを律し生きなければならないように思う・・・如何でしょうか?。

 誰かコメントくれないかな・・・・。

 

Lately, I’ve been thinking a lot about human death. When I turn 60 years old and five years have passed, I often receive news of misfortune from friends and relatives, and I know that people always die, but every time I hear it, I wonder why… Why would you…? I was appalled at the thought that I didn’t have to die.

It’s a strange thing, though, that people seem to become less afraid of death as they age. Human beings begin to prepare for death gradually after the age of 20, and by the time the average life expectancy comes, our mind and body have reached the situation where they say, “It’s about time”, and if we leave it to nature, we can meet our death quite peacefully without suffering so much…

And what happens when you die?

Around me, it is common to say that the body dies, but the soul does not die, and that the soul is an absolute being, eternal and immortal, and I think so too.

However, the soul is the soul, and although it is absolutely immortal and eternal, when it leaves the body, it will probably return to the original me instead of the current me.

On the other hand, when I hear stories of near-death experiences and astral departures, it seems that in such phenomena there is a sense of self-consciousness, or a sense of being me. On the other hand, others argue that the way we live in this life affects the afterlife. Some people believe this not simply as material for education or morality, but as a matter of belief.

As I was thinking about this, I recently realized that people don’t die. What do we do then? (Naoki Yahagi x Kenjiro Naka) and a book called “Eternal Zero” by Naoki Momota. All of these books were recommended by my friends, but they were recommended to me as a matter of course.

It is hard for an ordinary person like me to understand, but I think that people should live by disciplining themselves while always thinking about “life and death”…how is that?

I’m wondering if anyone can comment…..

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お気軽にお問合せください

東京03-6661-9138大阪06-6313-0110

私たちは如何なる場合に於いても、人権に配慮した調査を実施しております。部落差別に関する調査は一切お受けすることが出来ません。また、ストーカー等犯罪に絡む恐れのある調査もお受け出来ません。

  • フォームからのお問合せ
  • 見積依頼

調査項目

  • 調査会社の会長ブログ
  • 調査会社の社長ブログ
  • 調査員の採用情報
  • 暴力団排除宣言
  • 法令遵守宣言
  • グローバルサイン認証サイト SSL secured クリックして確認 GlobalSign byGMO

トップへ戻る