調査会社の会長ブログ【松谷廣信】

調査会社の会長ブログ

デフォルト画像

二重生活

未分類2013/06/27

超多忙にてブログの更新を失念・・・。

 数少ない貴重な我がブログ愛好者から、まっちゃん、最近ブログ更新してないね・・・、冷たく詰問され、「そうなんだよ、ゴメン・・・上手く時間が取れなくて・・・」等と、言い訳にならない言い訳で誤魔化している。何時も気にはしているが、何故か上手く時間がつくれなくて・・・

 小生、今年の4月から月の半ば10日間位を、故郷、隠岐ノ島で過ごす事にしており、4・5・6月と計画を実行。

 4月帰郷時に廃車寸前の車を隠岐へ持ち帰り、5月には漁船用のプレジヤーボートも出来、準備万端。しかし、操船は思うほど簡単では無く、また、少し風邪が吹けば内海でも結構波立ち、悪戦苦闘。ロープをスクリュウに巻き込んだり、岸壁に上手く着かなかったり、と中々大変である。従って、独りで漁に出るのは未だ不安があるが、7月にもなれば、そう時化る事も無さそうだし、次の帰郷は結構楽しめると思う。

 田舎は、そんなこんなで何とか気ままに遣っているが、大阪に帰ると、仕事と各種予定が目白押しで、大忙し。田舎でのノンビリムードと大阪のせわしさのギャップが大きく、正直そんなに忙しくも無いであろうに気だけが焦っている感があり、中々ブログまで手が回らないと云った状況。

 今日も関西総合調査業協会の理事会と総会が3時からあるが、その準備もまともに出来ていないが、エイままよ、とブログを書くことにしたと云うわけ・・・決して怠けている訳でないことだけはご理解を。

 隠岐に帰るのは高速バスとフェリー利用であるが、朝9時半のバスに乗り、隠岐の別府港着が夕方5時5分。しかし、バスもフェリーも他人任せで気楽なもの。本を読みながらコックリコックリしていれば、故郷に連れて帰ってくれるので楽々である。

 その途中、米子で高速バスを降り、JR境線で境港へ行くのであるが、この汽車が面白い。

 「ビックリくりくり、クリックリ」(同郷の後輩、吉本の芸人、浜根タカシのギャグ)、何と、米子の駅員に、「すみません・・・、境港まで何分で着きますか」と問うたところ、駅員曰く「40分から45分です」。エッ、開いた口が塞がらない。こともあろうに世界に冠たる日本のJRが、到着時間を聞かれて、「だいたい40分から45分です、と平気で応える。」。ん、ん、ん、凄い。流石は米子駅境線である。

 で、感心しながらホームに向かうと、何と妖怪だらけ・・・これでは正確な時間等云える訳が無 い。ホームと汽車を見て、駅員の応えに大いに納得が行った。

 

米子駅境線のホーム

IMG00361_t

 

IMG00360_t

境線の2両編製のキタロウ電車

IMG00357_t

 

IMG00358_t

社内も全て妖怪、シートも天井も壁も

IMG00362_t

IMG00363_t

また、各駅のホームが妖怪駅

IMG00364_t

IMG00366_t

隠岐ノ島着

IMG00367_t

 

大阪に帰った、その週の日曜は、隠岐の島町関西故郷会の第一回総会(各地の郷土会を一つにまとめようとの思いから立ち上げたもの)。これには参加せぬ訳に行かず、疲労困憊の中、積極的に参加。何時ものことながら、それはそれは賑やかなもので、参加者も250名を超えていた。

IMG00383_t

歌っているのは「しげさ節」で、今年日本一に輝いた娘さん。

IMG00376_t

何時の間にか、勝手に客席から舞台に・・・・。左の死に装着の鉢巻で踊りだしたのは超有名なお寺の大僧正・・・。

IMG00394_t

島後に祝い事には欠かせない「にわか」と呼ばれる、寸芸・・

IMG00415_t

IMG00406_t

宴たけなわ、 座は乱れに乱れ・・・

IMG00412_t

最後には盆踊り・・・、会場は太閤宴の別館であったが、多分、藤田公爵も今一度、この藤田邸に帰りたくなったのでは・・・。

IMG00419_t

 

I’ve been so busy that I haven’t updated my blog…

One of my precious blog lovers asked me coldly, “Maman, I haven’t been updating my blog lately…”, and I deflected with an inexcusable excuse, “Yes, I’m sorry… I haven’t been able to take the time…”. It’s always been on my mind, but for some reason I just can’t seem to find the time…

I have been planning to spend about 10 days in the middle of the month since April this year in my hometown, Oki-no-jima, and I have executed my plan in April, May and June.

When I returned home in April, I brought back the car that was on the verge of abolition to Oki, and a pleasure boat for a fishing boat was made in May, and it was ready. However, maneuvering the boat was not as easy as I thought it would be, and if a cold blows, there are quite a few waves in the inland waters, so we had a hard time. It’s very difficult to wrap the rope around the screw, and it doesn’t land on the wharf well. Therefore, I think that I can enjoy the next homecoming quite well, although there is still anxiety to go out to the fishing alone, if it comes in July, there seems to be no such temporal thing.

In the countryside, I’ve managed to get away with my carefree life like this, but when I return to Osaka, I’m busy with work and various plans. There is a big gap between the relaxed mood in the countryside and the sluggishness of Osaka, and to be honest, I don’t think I’m that busy, but I feel like I’m in a hurry, and I haven’t gotten around to blogging yet.

I’ve got the board meeting and the general meeting of the Kansai Research Association from 3:00 p.m. today, and I haven’t been able to get ready for it, but I’ve decided to write a blog about it… I’m not idle at all, please understand.

We returned to Oki by express bus and ferry, but we took the bus at 9:30 am and arrived at Beppu port at 5:05 pm. However, both buses and ferries are carefree and left to others. As long as you’re cockeyed while reading a book, it’s easy because it takes you back to your hometown.

On the way, I got off the express bus at Yonago and went to Sakaiminato by JR Sakai Line.

I asked the station clerk in Yonago, “Excuse me…how long does it take to get to Sakaiminato?” He said, “40 to 45 minutes. Ew, I can’t keep my open mouth shut. Japan’s JR, the world’s leading railway company, is asked how long it will take to get there. . Mmm, mmm, great. As expected, it is the border line of Yonago Station.

So, I headed for the platform with admiration…there were so many yokai…there was no way I could say the exact time. I looked at the platform and the train and was greatly convinced by the station staff’s response.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お気軽にお問合せください

私たちは如何なる場合に於いても、人権に配慮した調査を実施しております。部落差別に関する調査は一切お受けすることが出来ません。また、ストーカー等犯罪に絡む恐れのある調査もお受け出来ません。

  • フォームからのお問合せ
  • 見積依頼

調査項目

  • 調査会社の会長ブログ
  • 調査会社の社長ブログ
  • 調査員の採用情報
  • 暴力団排除宣言
  • 法令遵守宣言
  • グローバルサイン認証サイト SSL secured クリックして確認 GlobalSign byGMO