調査会社の会長ブログ【松谷廣信】

調査会社の会長ブログ

デフォルト画像

新年度

会長日記2012/04/03

 4月2日より新年度の業務開始。23年度決算は未確定ながら、売上は前期比数%の増、ところが肝心の利益は減。と云う事は、原価、若しくは諸経費が売上の伸び以上に増大したと云うこと・・・。

 一般的には、調査の仕事って、売上即粗利と捉えられている様ですが、あにはからんや、意外と原価が掛かるのです。

 近年は情報過多時代と云うか、あらゆる情報がこれでもかと云うくらいに氾濫している。ところが、祖情報も多く、弊社のような情報を得てそれを吟味し、正確な情報を発信する事を業とする会社に取って、下手な情報をつかまされ、それを信じてしまうと命とりに成る。従って、得た情報の正否には、慎重に慎重を重ね吟味しなければならない。その為の費用がバカにならないのである。

 卒業証明書偽造、運転免許書偽造、在職証明書偽造など各種証明書の偽造が技術的に可能な時代に成ったにも関わらず、人の身分を公的に証明する戸籍も住民票も第三者取得は完全に蓋をされ、偽造か否かを検証する手段さえなくなって来ている。

 そんな中で、情報の正否を吟味するには、従来の2倍も3倍ものお金がかかる様になっており、ある意味、労せずして得られる情報は増えてはいるが、その情報に翻弄され、何が本物か見分けるのが非常に難しくなっている。

 そういえば、最近は情報だけでなく、人間も本物かどうか、見分けが非常に難しく成っている。

 政治家を始め、マスコミ界で活躍する人の多くに、本物か否か疑いたくなる様な人が多く見受けられる。「信念」無く、ただ口先だけで綺麗ごとを並べる人が増えている。

 本物を見分ける目、今期は今まで以上に此処に焦点を絞って、業務に邁進しようと思う。そして自らも本物を志し、修養に励むことにしよう・・・・。

 「口だけでなくガンバレよ・・・」 。 自分を自分で客観視し、自分に確りと言い聞かせ、自分を客観的に見つめて行こうと思う。 意外と面白いかも・・・。

 

 

The new fiscal year began on April 2, and although the financial results for FY 2011 have not yet been finalized, sales increased by several percent compared to the previous fiscal year, but profits were down. This means that the cost or other expenses have increased more than the growth in sales.

In general, the work of the investigation seems to be considered as an immediate sales gross profit, but there is a cost to the unexpected.

In recent years, we have been in an age of information overload, where all kinds of information are flooding in. However, for a company like ours, whose business is to obtain information, examine it, and send out accurate information, it can be fatal if you are given inferior information and believe it. Therefore, we must carefully and cautiously scrutinize the right or wrong information we have obtained. The cost of doing so is not insignificant.

In spite of the fact that it is now technically possible to forge various certificates such as forged graduation certificates, forged driver’s licenses, forged certificates of employment, etc., it is no longer even possible to verify whether a person has been forged or not by obtaining a third party’s family register or certificate of residence, which officially prove a person’s identity.

Under such circumstances, it is now costing twice or three times as much money as before to examine the right or wrong information. In a sense, the information that can be obtained without much effort is increasing, but it is becoming very difficult to distinguish what is real from what is not.

Come to think of it, not only information but also human beings have become very difficult to distinguish whether they are real or not these days.

There are many people who are active in the mass media, including politicians, who make me doubt whether they are real or not. There are more and more people who don’t have any “beliefs” and just talk neatly about it.

The eyes to discern the real thing, this term I’ll focus on this more than ever, and push forward with my business. And I will try to cultivate myself as a real person….

Don’t just say it… I’m going to look at myself objectively, and I’m going to assure myself that I’m going to look at myself objectively. It might be surprisingly interesting…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お気軽にお問合せください

私たちは如何なる場合に於いても、人権に配慮した調査を実施しております。部落差別に関する調査は一切お受けすることが出来ません。また、ストーカー等犯罪に絡む恐れのある調査もお受け出来ません。

  • フォームからのお問合せ
  • 見積依頼

調査項目

  • 調査会社の会長ブログ
  • 調査会社の社長ブログ
  • 調査員の採用情報
  • 暴力団排除宣言
  • 法令遵守宣言
  • グローバルサイン認証サイト SSL secured クリックして確認 GlobalSign byGMO