調査会社の会長ブログ【松谷廣信】

調査会社の会長ブログ

デフォルト画像

続快気祝

未分類2012/04/17

またまた快気祝。昨年11月に幼馴染の快気祝いをしたところであるが、又また同級生の快気祝が行われた。

どうもこの歳になると、祝い事と云うと「快気祝」くらいしか無いのかな・・・・。何にしても幼馴染の同級生が何名か集まると云うのは楽しいものである。

今回は、先週末の土日、宍道湖の畔にある玉造温泉で開かれた。前回同様、妻と同級生と3人で、土曜の朝から一路、島根へと走った。

中国道から米子自動車道に入ったが走りはスムーズ、土曜と云うのに渋滞ひとつ無く、快調そのものであった。ところが、蒜山高原に入るや周り一帯雪景色

ひるぜん高原のパーキングエリアにて

玉造 001_t

 

岡山と島根の県境に在る長い長いトンネルに入る手前。もちろん大山も真っ白であろうが、雲が掛かっていて観ることは出来なかった。

玉造 003_t

この後、トンネルを越えると横殴りの雪が降ってきて、もしやチェーンが・・・と心配したくらい。  山陰の厳しさを痛感した。

それでも無事「松江」着。前々から一度乗ってみたいと思っていた、松江城のお堀端を巡る屋形船。船内にはコタツが設置され、極めてノンビリとしたムードの観光めぐりを楽しむことができた。

玉造 004_t

玉造 007_t

 

玉造 005_t

玉造 006_t

旧代官屋敷、

玉造 008_t

ラフカディオハーン、小泉八雲のお屋敷跡かな・・・

玉造 010_t

お堀の水位は殆ど変わらないらしい(調整するため)が、それにしても、と云った感じ。多分50センチは無いかも。

玉造 011_t

玉造 012_t

玉造 013_t

玉造 014_t

隠岐では超有名な日赤病院。何人もの人が救急ヘリで運ばれ、此処で命拾い・・・。

玉造 016_t

松江の日銀、多分明治の建立。

玉造 017_t

お堀端に咲くかれんな草花。松江によく似合っている。

玉造 018_t

朽ちかけていた松が再生・・・、頑張れ ガンバレ・・・玉造 019_t

船から眺めた松江城。天守閣の鯱は日本一の大きさとか・・・。

 

玉造 021_t

 

玉造 023_t

陸に上がって観た松江城

玉造 025_t

城山から観た松江市街

玉造 026_t

玉造温泉着。いよいよ快気祝の始まりはじまり・・・

玉造 027_t

 

Another happy-go-lucky celebration. I had just celebrated my childhood friend’s recovery in November last year, and my classmate’s recovery celebration was held again.

When I get to this age, the only thing I can think of to celebrate is “Happy Birthday”…. At any rate, it was fun to have some of my childhood friends and classmates get together.

This time it was held last weekend, Saturday and Sunday, at Tamatsukuri Onsen on the shores of Lake Shinji. Like last time, my wife and my classmate and I drove to Shimane on Saturday morning.

We entered the Yonago Expressway from the Chugoku Expressway, and the ride was smooth. However, as soon as the Hiruzen Highlands are entered, the whole area is covered with snow.

At a parking area in Hiruzen Plateau

Just before entering the long, long tunnel that exists on the border between Okayama and Shimane prefectures. Of course, Mt. Daisen may have been completely white, but I couldn’t see it because of the cloud cover.

Tamazo 003_t

After this, when we crossed the tunnel, it was snowing so hard that I was worried about the chain…  I was acutely aware of the harshness of the San’in region.

Still, we arrived at Matsue safely. I’ve been wanting to take a ride on a houseboat that goes around the edge of the moat of Matsue Castle for a long time. There was a kotatsu in the ship, and we could enjoy the sightseeing tour in an extremely relaxed mood.

The old mansion.

Lafcadio Hearn, the former residence of Yakumo Koizumi…

The water level in the moat is almost the same (to adjust it), but it was still a bit of a surprise. Maybe not 50 centimeters.

It is a very famous hospital in Oki, Japan. A number of people were taken by ambulance helicopter and saved their lives here….

The Bank of Japan in Matsue, probably built in the Meiji era.

This is a flowering plant at the edge of the moat. It suits Matsue well.

A decaying pine tree is reborn…go for it…go for it…Tamatsukuri 019_t

Matsue Castle seen from the ship. The shachi in the keep is the biggest in Japan…

Matsue Castle, seen on land

Matsue City seen from Shiroyama

Arrive at Tamatsukuri Onsen. Finally, the beginning of the celebration of a good night’s sleep has begun…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お気軽にお問合せください

東京03-6661-9138大阪06-6313-0110

私たちは如何なる場合に於いても、人権に配慮した調査を実施しております。部落差別に関する調査は一切お受けすることが出来ません。また、ストーカー等犯罪に絡む恐れのある調査もお受け出来ません。

  • フォームからのお問合せ
  • 見積依頼

調査項目

  • 調査会社の会長ブログ
  • 調査会社の社長ブログ
  • 調査員の採用情報
  • 暴力団排除宣言
  • 法令遵守宣言
  • グローバルサイン認証サイト SSL secured クリックして確認 GlobalSign byGMO

トップへ戻る