調査会社の会長ブログ【松谷廣信】

調査会社の会長ブログ

デフォルト画像

廣太郎物語

会長日記2012/03/02

我が家の長女の友達に、カナダからイギリス留学を経て帰国し結婚。昨年出産し生後10ケ月の子供の抱える新妻が居る。

彼女が昨年の大晦日、突然子連れで娘を訪ね、我が家に来た。小生は一言二言しゃべっただけであったが、何を思ったのか、娘に、「お父さまと廣太郎(愛犬のポメ)の写真が一枚欲しい・・」との申し入れがあったらしい。

彼女は家事と子育てに追われる身ではあるが、作家に成りたいとの希望を持っており、その為の勉強なのか、写真を観て想像を膨らませ、それを物語りにする事を心がけているらしい。

その作家の卵から、小生と廣太郎の物語が昨日送られてきた。

以下、廣信と廣太郎の物語

松谷廣信は、きのこの写真を撮るのが趣味である。ある日、いつものように山に行こうとすると、妻が「家の掃除をしたいから、コウちゃんも連れてって」と言いだした。コウちゃんとは、白いポメラニアンで、本名は廣太郎という。廣信はたしかにコウちゃんを溺愛しているが、写真の撮影には邪魔である。しかし妻に押し切られ、連れてゆくことになった。

 予想通り、山でコウちゃんにふりまわされ、写真どころではなかった。「まあでも、いつもと違うルートをめぐることができたし、良しとしよう」そう思って帰ろうとすると、視界にとてもめずらしいキノコがとびこんできた。「キヌカサタケ」だ。かさの下から白いレースのような膜ががひろがっている。廣信は急いでカメラを取り出し、その優美な姿をとらえるべく、夢中でシャッターを切った。

 ふと気がつくと、コウちゃんがいない。廣信はあせった。昼とはいえ、森の中は鬱蒼としていて、薄暗い。遠くへ行ってしまっていたら、見つけようが無い。汗だくになりながら、周辺を走り回り、ようやくその白い姿を見つけたときは、ほっとした。のもつかの間、彼は悲鳴をあげた。コウちゃんが、真っ赤なきのこをかじっていたのである。「それは毒きのこだよ!」言葉が通じるはずのない相手に、廣信は思わず叫んだ。するとコウちゃんが答えた。

「シッテルヨ。デモ、イヌニハドクジャナインダヨ。イチジカンダケ、ハナセルヨウニナルンダヨ」

 廣信は、何度も頭を振り、「俺も間違って毒きのこを食べたのかもしれない」とつぶやいた。コウちゃんは「アハハ」と笑い、「セッカクダカラ、カタリアオウ」と言って尻尾をふり、近ずいてきた。

 廣信はコウちゃんを抱き上げ、じっとみつめた。何が何だかわからないが、ずっとコウちゃんと話しができたらなあ、と思っていた。このさい、幻影でもなんでもいいじゃないか。「よし、そうしよう」

 二人は語り合った。家族のこと、政治のこと、人生のこと。

 それからというもの、廣信とコウちゃんは、毎週末一緒に山に行く。山で何をしているかは、家族には秘密だ。

本当だよなー、毎週とは言わない、一回でいいから廣太郎と 心を割って話し合ってみたい・・・。

廣太郎物語 004_t

My eldest daughter’s friend came back from Canada after studying in England and got married. I have a new wife who gave birth last year and has a 10-month-old child.

She came to our house last New Year’s Eve, unexpectedly visiting our daughter with her child. I only said a word or two, but I heard that my daughter asked me to take a picture of your father and Kotaro (my dog Pome).

Although she is busy with housework and child-rearing, she wants to be a writer, and it seems that this is what she studies for, and she tries to develop her imagination by looking at photographs and making them into stories.

The writer’s egg sent me a story about me and Kotaro yesterday.

The following is the story of Hironobu and Kotaro

Hironobu Matsutani’s hobby is to take pictures of mushrooms. One day, as I was about to go to the mountains as usual, my wife said, “I want to clean the house, so take Ko-chan with you. Ko-chan is a white Pomeranian whose real name is Kotaro. Hironobu does indeed dote on Ko-chan, but she’s a hindrance to the photo shoot. But his wife pushes him away and takes him away.

As expected, I was played by Ko-chan on the mountain and couldn’t take any more pictures. As I was about to leave, I saw a very rare mushroom in my field of vision. It’s a Kinukasatake. A white lace-like film is spreading out from under the brow. Hironobu hurriedly took out his camera and shot the shutter, intent on capturing the graceful figure.

When I noticed, Ko-chan was gone. Hironobu fumed. Even though it was daytime, the forest was dense and gloomy. If they’re too far away, there’s no way to find them. I ran around, drenched in sweat, and was relieved when I finally found the white figure. He shrieked, as if for a moment. Ko-chan was nibbling on a bright red mushroom. It’s a poisonous mushroom! Hironobu shouted thoughtlessly at the person who should not be able to understand his words. Then Ko-chan replied.

Sittelayo. Demonstration, Inu Nihadokujanindayo. I’m not going to say it again.

Hironobu shook his head several times and muttered, “I might have eaten the poisonous mushroom by mistake, too. Ko-chan laughed, “Ahaha,” he said, “Sekkaku dakara, kataliao,” wagging his tail, and approached him.

Hironobu picked Ko-chan up and stared at him. I don’t know what’s going on, but I’ve always wished I could talk to Kou. I don’t care if it’s an illusion or not. Okay, let’s do that.

The two of them talked. It’s about family, it’s about politics, it’s about life.

Since then, Hironobu and Ko-chan have been going to the mountains together every weekend. What he does in the mountains is a secret to his family.

It’s true, I’d like to have a heart-to-heart talk with him, not every week, but just once…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お気軽にお問合せください

私たちは如何なる場合に於いても、人権に配慮した調査を実施しております。部落差別に関する調査は一切お受けすることが出来ません。また、ストーカー等犯罪に絡む恐れのある調査もお受け出来ません。

  • フォームからのお問合せ
  • 見積依頼

調査項目

  • 調査会社の会長ブログ
  • 調査会社の社長ブログ
  • 調査員の採用情報
  • 暴力団排除宣言
  • 法令遵守宣言
  • グローバルサイン認証サイト SSL secured クリックして確認 GlobalSign byGMO